元塾講師による本のご紹介ブログ。大学入試参考書がメインです。

2009/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312009/08

* ご紹介 *
■新着エントリー
 ・05-17  ※合格る計算数学のレビューと使い方
 ・05-06  ※お詫び&どうでもいいお知らせ
 ・01-17  ※センター試験
 ・01-01  ※誰でも英語力が上がるシンプルな方法
 ・12-23  ※高2生冬休みの学習のアドバイス

まとめ記事(特におすすめする参考書・問題集のショート・レビュー)
 左欄「タグツリー」→ 参考書総まとめ
■おすすめ記事
 ※おすすめ英語長文問題集紹介
 ※おすすめ古文文法参考書・問題集
■当ブログ案内
左の「サイト内検索」や「タグツリー」から、ブログ内の本の検索ができます。
参考書評価では、★が多いほどおすすめ(最大5つ)。たとえば★★★☆☆なら評価3となります。
■勉強法の相談など質問したいことがありましたらコメント欄かメールで聞いて下さい。
メールアドレスはmikankaoruアトgmail.comとなります。(アトを@に変えてください)
参考になった記事がありましたら、ブログ拍手お願いしまする。
■日記ブログ
KSNKはじめました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は計算力を高める演習書の紹介です。
良い本で広くおすすめできるのだけど、
ぼくがここで本を紹介するたびに買っていては消化不良になるからね(笑)。
レビューを読んで、自分に必要な本だと思ったら買ってみてください。

合格る計算数学1・A・2・B

合格る計算数学3


<レベル>
教科書~入試の基礎固めレベル。
偏差値でいうと高2で50弱~65くらいの人がやると効果的。

<おすすめ度>(最大で★5つ)
★★★★★

<こういう人にオススメ>
計算力をつけたい受験生。特にセンターで時間が足りなくなる人、理系で基礎学力を固めたい人。

<コメント>
◆入試では「計算だけ」の問題は少ないが、計算力はどこの大学でも要求される。センターでも計算力は非常に大事です。
数学が苦手な人は計算力が弱いことが非常に多い。
高校になると、多量の「演習」をする機会が減ってくるからね・・・
その意味で、数学の土台をしっかり固めるための本と言ってよい。

純粋な計算だけではなく、基礎固めとなる事柄を割と網羅してあります。
(図形問題もよく載っている)

◆この本は、
「数学ができる人は普通に(自然に)このような計算法で解いてるんだよ。」
と、計算の仕方を手取り足取り教えてくれる。
(親切すぎて紙面がごちゃごちゃしているのが欠点だが、困るというほどではない)
つまり、「(時間をかけて)ただ解ける」から、「スムーズに速く解ける」へ導いてくれるんだな。
「いまいちな方法」「へたな方法」を「良い方法」と比較して教えてくれるているのが類書に無いところだね

◆高校ではよく「教科書傍用問題集」が配られるが、
解説が貧弱(解説編が配られない)、しかも高校で解説もされない・・・・ということもままある。
そうすると、「我流」で解くことになり、悪い癖がついたままになってしまう(しかもそれに気づくこともない)。
僕が実際に塾で教えてたときにも気になっていたことだ。
普通の本では計算の仕方まではクローズアップされないからね。
そういう意味でこの本は貴重だ。

◆著者によると、教科書が半分くらいわかっていれば取り組めるということだ。
教科書の例題がだいたいは分かる、という人がやるとよいでしょう。
この本の最初は「整数」がらみで結構難しいので、3章(整式)くらいからはじめてみるのがおすすめだ。
高2の今頃(5月くらい)~高3夏終わりくらいにやるのが効果的かな。
高1生が、長期休暇に、これまで習ったところの復習・練習として使うのもいいね。
理系の人は早めに始めよう。

◆問題数が多く、結構時間がかかる。(計算問題は復習も大事だ!!)
毎日毎日コツコツやろう。
3ヶ月くらい、ある程度の時間をかけてやりましょう。



◆やり方としては、とにかくこの著者の言うやり方をマネしてみること。
自己流でやるのならこの本を使う意味がありません。
よっぽどこの本のやり方が合わないならともかく、できるだけこの本の言う通りにやってみることです。
(変なやり方ではないから安心してね。普通のことを普通にやろうという話です)
◆問題数が多いので、最初は各章の半分または3分の1を解いてみたらどうかな
1~2日後に残りの問題を復習として解く。
ある程度進んだら、そこまでのところを復習して繰り返し解く。
一週間のサイクルとして、
「月曜~金曜に先に進めて、土・日でそれまでの復習をやる」
というのもいい方法だ。いろいろ工夫してみてね。
数学が苦手な人は反復が大事だ。毎日少しずつでいいから粘り強く進めよう。
答合わせをしたら、
 完全にわかった→○
 ミスが多い→△
 わかっていない→×
 解けたが解法があまり身についていない→☆
などの印をつけておくと、復習に役立つだろう。
(大問ごと、章ごとにおおざっぱに印をつければいいです)

まあ、気楽にはじめてみよう。
大切なのは実際に問題に当たって、学習を反復継続することです。



なお、この本とセットで「基礎問題精講」をやると入試問題へのつなぎがスムーズに行くと思います。
両方良い本なので検討してみてね。
数学1・A 基礎問題精講 四訂版


スポンサーサイト

タグ : 高校数学.参考書個別レビュー 高校数学.入試準備

ども、みなさま、私です。

ブログを大変放置しましてすみませんでした。

ほんとにどうでもいいことなのですが、私、この4月から大学で講師をやってます。
(あ、どこの大学とか、なんの科目とかは聞かないでね。ぼくにもプライバシーがあるんで笑)
その準備やらなにやらでブログの方はご無沙汰してました。
いや、今も時間が無いのですけどね・・・・GWなんてありませんわ。


まあ僕も長いこと塾講師・家庭教師などなどやってたわけで、
Yゼミでは高校生でしょ、それから2~3の塾で中学生・高校生でしょ、
家庭教師で浪人生・社会人、
ラストは小学生で、
さすがにもう網羅しきったところで終わりかな、と思っていたら大学生を教えることになりました(笑)。

で、この機に名前の方を「橘 薫(たちばな かおる)」に変えようと思います。
またよろしゅうお願いします。


新課程になって各科目の参考書情報も更新せねばならないのですが・・
このブログで紹介しているものは、新課程版も結構出ているので、
さしあたっては困らないかと。

英語長文、数学の参考書は徐々に新しい情報を加えるかもしれません。

単語・文法(解釈)が出来てきて
レベル別の長文問題集を探している人は、
Z会の「合格へ導く 英語長文 Rise 読解演習」シリーズやればよいと思います。
(2がセンターレベル。)




まあ何かありましたらコメント欄なんかでお願いします。

それでは、ぼちぼちやっていくんで、みなさま今後とも4649!
明日はセンター試験。

過去に
センター試験の心構え
http://faceman29.blog62.fc2.com/blog-entry-243.html
という記事を書いたので、(ちょっと遅いかもしれないけど)参考に見てみてください。

とにかく大事なのは体調を整えること!
会場によっては室内の温度が合わないかもしれないので、カーディガンなど重ね着できるものを持っていってね。

それから、センターは科目数が多いし、年によって急に難化することがある。
(特に前年簡単だった教科は)
本番で、自分が思っていたより難しく感じる科目もあることでしょう。

たとえ失敗したと思っても、絶対に次の時間(次の教科)に引きずらないこと!
難しいものはみんなにとって難しいからね。
ダメだったと思って、他教科までできなくなってしまうのがまずいのです。
結果については、試験が全て終わってから考えよう。
(その意味でも、解答速報を見るのは全部の科目が終わってからにしよう)
会場では自分が今できることをやるだけだ!

それでは受験生のみなさん、明日は頑張ってください。
えっと、今日は元旦ということで、気持ちを新たにできるような勉強法の記事です。
けっこう根性論のような感じだけど(ぼくは普段あまりそういう記事は書かないのだけど)、
参考になる人もいるかと思いまして。

あ、今後もたまーにこういう話を混ぜたいと思ってます。



◆予備校のフェローや塾講師なんかやってたときに、よく、「英語できるようになるにはどうしたらいいですか?」
って聞かれてたんですが、ぼくは
 「学校の授業関連以外の勉強を毎日1時間やってください」
といっていました。

学校の英語の予習復習以外に1時間やろう。(もちろんそれ以上やってもいい。最低1時間ということ)

どんな時にもこれを実行してください。
(例外は重病の時だけ。学校に行ける健康状態だったら一切言い訳無用)

1日休んだらもうおしまいだと思ってください。
1日休んで、次の日に2時間やるとか、そういうやり方はだめです。
毎日、決まった時間やるのがポイントなのです。

あと、コツは、嫌々やらないこと。
というか、自分は必ず英語ができるようになる!と信じてやることです。
やればやっただけ力になる。それが英語です。



◆「学校の授業関連以外の勉強」というのには意味があります。
学校の授業の勉強なんてみんなやることだからです。
英語ができるようになりたいと思ったら、他の人以上に勉強しなくちゃだめだ。
  高校生の話。中学生は「学校の予習復習を含めてもいいから」毎日1時間英語をやろう。

◆英語に苦手意識を持っている人は、高校の授業についていけてないでしょう。
現在の自分の英語力と、高校の授業レベルとを埋める勉強として、毎日1時間を割り当てよう。
◆たとえ中学レベルから初めてもいい。
中学校の教科書を持ってきて、単語の書き取りから始めればいいじゃないか。
恥ずかしいのは「今できないこと」ではない。「今やろうとしない」ことなのです。

毎日やればそれが積み重なって大きな力になります。



◆僕がこう言うと、「えーそんなの簡単だよー」という反応がかえってくるときがあります。
どんな秘密の方法があるかと思ったら拍子抜け、というところかな?

しかしこれは思った以上に難しい。
僕はこれを高校生の時に自らに課したが、結構しんどいです。


体育祭のときも、文化祭のときも、1時間勉強する
部活動で疲れていても1時間はやる。
デートがある日も、1時間勉強する。(さいわい、ぼくはそのような機会はありませんでした)
クリスマスも1時間やる。(さいわい、ぼくにとってはこれは簡単でした)
テスト期間中も、テスト勉強以外に、1時間英語の勉強をする。
(テスト期間中にテスト勉強やるなんて当たり前なんだ。それ以外の勉強をやることに意味がある)
旅行中もとにかく1時間英語をやる。(ぼくは修学旅行の時は、洋書を持って行って読みました)

「○○だから勉強できませんでした」と言い訳してはダメ。
一旦言い訳すると、理由をつけて勉強しなくなる。
そのうち、勉強を全くせずに、「勉強できなかった理由」を探して毎日過ごすようになります。



勉強は自分のためにやるもの。人のためにやるわけではない。
だから、上に書いたことは参考にして、自分でルールを決めよう。
一回決めたら絶対ぶれないこと。それが大事。

◆辛いかもしれない。
大変かもしれない。
でも、苦労して学んだことは、それだけの価値があります。
今は役に立たないと思っても、この先の人生で必ず意味を持ちます。

もしも頑張ってみようと思ったのなら、「明日から」ではなく、「今日から」始めよう!!

一年のはじめに。藤裏からでした。

タグ : 高校英語.勉強法

ども、こんにちは。藤裏です。
寒いですがみなさん体調は大丈夫でしょうか?

冬休みから入試準備を始めようと思う高2の人も多いことでしょう。

これまでにいくつか記事を書いてるんで、
ブログ左の「タグツリー」から、「入試準備」のところを見て下さい。
(記事は旧課程の本中心だが、新課程に対応したバージョンも大体出ているはずです。)


冬休みは短い。

とりあえず2週間で出来ることをピシッと区切ってしまって、それをこなすようにしよう。
参考書・問題集類は、これまでのまとめとなるような本で、薄い方がよいです。(特に苦手な人は)
厚い本をやる場合は、分野を区切って、集中的に取り組むように。
あれもこれもと手を出すと散漫になってしまって、頭に残らないからね。

◆国立志望で、基礎力が十分付いている人は、マーク式の基礎問題集(センター対策の簡単な本)をやるのもいい。
薄いし、実戦的だし、休み中にやるにはもってこいだ。入試対策と考えるとやる気もでるしね。
河合から「マーク式基礎問題集」駿台から「短期攻略センター~~」というシリーズで出ているよ。
教科ごと、分野別になって出ています。もちろん全部やる必要はない。鍛えたい分野に絞ればいい。
だいたい河合より駿台の方が難しいです。

河合の「マーク式基礎問題集 古文」


駿台の「短期攻略センター英語 長文読解」


◆冬休みを受験勉強の始まりと考えてしっかり勉強すれば、
1月以降の学習にうまくつなげられるはずだ。

◆「何やろうか・・・」と迷っているくらいなら、手近なものでもいいので
やることをぱぱっと決めて今日から取り組もう!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。