元塾講師による本のご紹介ブログ。大学入試参考書がメインです。

2019/051234567891011121314151617181920212223242526272829302019/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうも、藤裏です。
新年早々、忙しくてたまらんのよ。
あ、生まれて初めて初詣というものに行って来ました。
日記ブログの方にそのうち写真あげときます。(大したもんではない。見る価値ナシ)

◆受験生へですが、過去の記事の
センター試験の心構え
をちょっと手直ししたので、参考になるようだったら見てみてください。
センター直前・当日の過ごし方のようなものです。

◆夜遅くまで勉強している受験生は、今日から「朝型」の生活(=朝6~7時に起きて早めに寝る)に変えよう
睡眠は最低6時間とるようにしよう。
夜型生活だと、胃の働き方、眠気など、体のリズムが狂ってしまうんだ。
センターは日中・長時間の試験だから、体調もベストの状態にもっていかないと、良い結果を出すことはできない。

◆それから、センター当日の会場への交通手段はよく確認しておいてね。

◆あと、今年受験生用の記事としては、センター後に簡単な自由英作文対策を載せるかもしれません。
(暇がなかったら載せないかもしれません。)
何か質問がありましたら、個別にコメントかメールで聞いてください。
スポンサーサイト

タグ : センター対策.アドバイス

センター試験が近くなってきたので、センター前日・本番での心構えについてです。
役に立つようだったら参考にしてください。

<前日の心構え>
・本番一日前の勉強について。
Z会・駿台などから出てる予想問題パック、あれは一日前に解くのは避ける。たいてい本番より難しいです。
自信無くして気持ちの切り替えができないと困る。
◆去年の過去問を本番直前まで取っておく人もいるが、これも止めよう。
傾向がつかみたかったらもっと早く解いておくべきだ。

試験前日には基本的に、今までの復習をするのがいいと思う。
特に暗記事項の軽い確認とか。
試験当日も、あれこれ参考書を詰め込んで出かけるのは良くない。待ち時間の間は、心を落ち着けるために今まで何度も読んだ参考書を再び読み返しているのがよいだろう。
◆数学の新しい問題が解きかったら、大問1問相当をやるとかだと時間も食わず良いだろう。
◆英語の長文は、センターのものでなくても良いから、新しいものを一問解こう。長文を読む感覚をにぶらせないためにね。

・前日には睡眠を多くとる。
◆興奮して眠れない人がいるかもしれないが、とにかく早めに床につくことだ。
起床時間が予定より早くなる分にはかまわないからね。
眠れなくても布団に入って体休めてるだけでも違うよ。そのうち眠れるよ。



<当日の心構え>
・試験後に友人と答合わせをしない
よく休憩時間に終わった試験についてあーだこーだ議論してる(答合わせしてる)人がいるけど、これはやめる。
これは僕が塾で働いてたとき、高校入試を受ける中学生にもきつく言っておいたことだ。
(大学入試だけじゃなく、高校入試でも絶対いるんだ、こういうのは)

◆大抵こういうのは難しい問題が出されたときに起きる。
だから友達どうしでも大抵答が割れる。
間違えた方はそれが気になって次のテストに手がつかなくなるかもしれない。そうなると悲惨だ。
たとえ友人と答が一致していても、正式な答が発表されていないのにどうこう言っても気休めにしかならない。
というかテスト終了後にそんなことをしても点数が上がるわけでもなんでもない。
だったら次の科目の勉強でもしていたほうがいい。

前もって、友達と「試験後に答について言い合うのは止めよう」と言っておくといい。お互いのためにならないからね。
(ぼくが受験生の頃はそうしました)

◆・・・とは言っても、教室または控え室の中で大声で答合わせしてる奴らがいるんだな。
そういうのからは離れているか、奴らがどう騒ごうと自分の試験結果は変わらない、と言い聞かせよう。

◆これと関連して、解答速報を見るのは全部の科目が終わってからにしよう。
心を乱すことは避ける!
とにかく全部終わるまでは、残りの科目に集中するだけだ!

・難しくても焦らない!
自分が難しく感じたら他人も難しく感じてるはず。
これは肝に銘じておこう。

◆僕が受験したとき、数学1Aが非常に難しかった。試験中、僕も難しいと思いました。
それまで模試・過去問でも時間が足りないと思ったことはなかっただけに、ちょっとびびった。
で、そのときは、時間を食いそうな問題(大問の2番目だった)はとりあえず飛ばし、他から解いていった。
他を解き終わったあと一応その難しい問題にも戻れたが、やはり十分解ける時間はなかった。
◆そのときは不満だったが、終わったみたら、全体としての結果は良かったです。
(満点狙いだったが、平均点が例年に無く悪かったから相対的に良い結果だった)

センターで「難しい」は「時間が足りない」を意味することが多い。
時間が足りなくなってきたら、解けそうな問題だけ拾う。
とにかく一点でも取る。
焦りは禁物、ということです。
※かといって、難しそうなものを全部飛ばしていっても目移りがしてダメだ。
そのあたりは過去問を解いた経験を生かし、問題の難易度を冷静に見極めるように。


・会場によってはトイレが激混みする。
◆どうしようもないことだが、これは意外と困る。だから余裕をもって済ませておく。

・冬なので当然寒い
◆控え室では暖かい服装をして、体を冷やさないように。
かといって、パンパンに厚着をしていって試験中に汗だらだら・・・とかでも困る。
◆脱ぎ着できる格好を。

◆それから、風邪・インフルエンザがはやる時期なので、
控え室ではマスクをしているといいと思う。(自分がかかっていなくても、予防のために)



本番前に焦って詰め込み勉強をするよりは、体調・コンディションを整えることを優先!
悔いが残らないよう、ベストの状態を作ろう。

タグ : センター対策.アドバイス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。