元塾講師による本のご紹介ブログ。大学入試参考書がメインです。

2019/081234567891011121314151617181920212223242526272829302019/10

今回の記事はそろそろ入試のことが気になってきた人の物理の参考書、問題集についてです。電磁気もあるよ。
物理が苦手な(だけど入試科目にはいっている)人のことも考えて書きました。

難関大志望者は
(難関大を目指す)高2生のための化学・物理の参考書・問題集
の記事も参考にしてね。

物理の勉強は、精選された問題を、着実に理解していくことが大事だ
物理は、定理・公式は少ないけど、それをうまく使用するのが難しい。
◆ときには定義に立ち戻り、根本まで納得しながら勉強を進めるといいよ。



まず、苦手な人向きの参考書を。
物理が苦手でたまらないという人は↓をやるといいよ。
大学入試 漆原晃の物理1・2 面白いほどわかる本シリーズ

◆上は力学編。全三冊です。
初学者にもわかるよう、基礎から丁寧に、たとえや標語を利用して説明してある参考書。
これで物理が救われたという人もいます。
◆パターン解法的だから、人によっては合う合わないあるけど、苦手な人は一度読んでみるといいよ。



入試問題もそろそろやっていこうという人は下の2冊のどちらかがおすすめだ。量も少なめだぞ。
「入門問題精講」の方が易しいです。(高校の授業がだいたい理解できていれば取り組める)

物理I・II 入門問題精講

◆入試の易しいレベルを精選したもの。易しいけど、飽きずに興味を持って取り組めると思う。
良問ぞろいで、解説も適度である
物理の教科書から入試問題への橋渡しとしてちょうどいい。標準レベルへの接続もうまく考えられている。

理系標準問題集物理の【基本問題】

◆この本の【基本問題】は易しめ(入試の易~やや易レベル)だが、公式の使い方をよく学ぶことができる。
物理の標準~難問を解く上での基礎を固められる。
◆【実戦問題】は難しいので、後でやればいい。
◆難関大志望者の基礎固めとしてもおすすめの本だ。
※問題数はさほどでもないけど、一問一問きちんと理解しながらやると結構時間がかかるかもしれない。
高2のうちに最低限力学の箇所は終わらせるとして、
「力学+電磁気」もしくは「力学+波動」のように二つの範囲を終わらせるとよいだろう。




◆電磁気について。
「力学はできるけど、電磁気は無理!」という人、結構いるんじゃないかな。
電磁気は物理の入試では必ず出されるし、一度わかってしまえば得点源になるんだ。
高3になるまでに苦手意識をとりはらえるといいね。
◆電磁気に関しては下の本がおすすめだ。


大学入試 漆原晃の 物理I・II[電磁気編]が面白いほどわかる本

◆上で紹介したシリーズ。電磁気もわかりやすい。
厚いが、語り口調なのでさくさく読めると思う。
◆問題は最初は自力で解けなくてもいい。数日後に復習して、著者のやり方を真似できるように。
その後、教科書傍用問題集なんかで類題を見つけてやるのもいいね。

高橋和浩の物理 電磁気必出問題の解法

◆問題+くわしい解説という本。
問題を通して学んでいきたいという人におすすめだ。高校でいちおう習っていれば(苦手意識があっても)十分理解できるぞ。
◆例題にあたる「必出問題」は、教科書くらいのレベル。
章末問題までやれば入試標準レベルに到達する。
◆解説はとても詳しく、解法が頭に残るようによくまとまっている。電磁気専門の本としておすすめだ
↑の「面白いほどわかる本」がくどく感じる人はこちらをやるといいね。
なお、本書の最後にある「入試演習」は難しいのでやらなくてもよいと思う。

合格へ導く解法の発想とルール(力学・電磁気)

上位・難関大を目指している人はこれを。参考書+問題集的な本。
余計なテクニックは使わず、定義に立ち戻って問題を解こうね、というスタンス。
これは非常に好感を受ける。このシンプルさが強力な武器と成るのです。
◆説明部分は基礎から書かれており、教科書の代わりとして読める。
フルカラーでみやすいです。
なお、問題が全体的に難しいので、問題演習は他書を合わせて使ったほうがいいだろう。
でも最終的な到達点は非常に高いので、難関大志望者におすすめの本だ。
スポンサーサイト



タグ : 高校物理.入試準備 入試準備.物理

高2生の入試勉強のとっかかりとして、化学・物理の勉強法・参考書についてです。
※タイトルで「難関大」としたのは、難関大では理科二科目必要のところが多いし、理科の対策も高2から必要だから。
難関大志望じゃないが早めに理科の準備をしたい人も参考にしてください。

難関大では理科二科目課されることが多いが、理科二科目ってのは、想像以上にきついよ
高2のうちは英語数学を固めるのが鉄則だけど、難関大受験生は理科もある程度は進めておくべきです。
※特に非進学校の人(僕みたいなの)は、教科書の範囲が終わるのが遅いし、高校での入試対策も弱い。
今から自分でしっかり計画を立てて勉強しないとね!

高2中にこれくらいやっておくといいね!ってのを書いたんで、参考にしてみてください。


<化学・高3までにやりたいこと>
■理論…理論を先にやらないと無機・有機の理解もおぼつかないから最優先です。
特に「酸化還元」のあたり、苦手な人も多いだろうが、無機につながるところなんだ。よーく復習しておこう。
化学平衡」は化学2だけど、難関大では頻出。大学に行ってからもとても重要。問題としてはパターン性が強いところなので、慣れれば得点源になる。できれば今のうちに固めておこう。
結晶格子のあたりは高校の定期テストは楽だったと思うが、難関大では難しい問題が出る。こういう風に入試化学と高校の授業内容とで難易度に差がでる分野もあることは知っておこう。
■無機…まだ本格的にはやらなくていいが、とかく後回しになりがちだ。最低限、「どんなことを覚えればいいか」という全体像はつかもう。
■有機…有機では、多くの反応が出てきて嫌になるが、基礎的なものは覚えたい。
有機化合物名の暗記はまだ完全でなくてもいい。特に慣用名は徐々に覚えればいい。合成高分子化合物はまだやらなくてもいいです。
難関大では構造決定が重要。
可能なら、異性体を数え上げる問題を重点的にやっておこう。早く正確に数え上げるには慣れが必要だから、十分に演習しよう。

<化学・使用参考書>
■高2のうちは解説が十分にあり、基礎事項の確認もできる本を使ったほうがいいよ。
ぼくとしては、
化学I・II基礎問題精講

がオススメだな。
解説が詳しく、基礎事項についてよくまとまっている。適度な分量なので高2中に終わらせられるよ。
入試基礎から標準レベルまで。今まで教科書傍用問題集をやっていて、高校のテストでそこそこの点数がとれていれば取り組めるよ。

■余裕がある人は、「重要問題集」(数研出版)のA問題か「理系標準問題集化学」(駿台文庫)のA問題に進むといい。これらは問題集なんで、わからないところは「総合的研究 化学」を使って調べるといいよ。
でも他教科とのバランスもあるんで、無理しなくていいよ。これは高2中では終わらないだろうから、やる範囲をしぼったほうがいいね。
※網羅度は「重要問題集」が上。「理系標準問題集」の方が易しいレベルから始まります。

実戦化学1・2重要問題集


理系標準問題集化学


総合的研究 化学




<物理・高3までにやりたいこと>
とりあえず力学が大事。最重要。入試やや難レベル(上位大レベル)にも手を出し始める。まだたくさん問題を解く必要はない。難しめなのを一問一問着実に理解していく。いきなり解説を見るのではなく、自分で考えられるところまで一生懸命考える。
力学では、図を描き、力の矢印を書き入れ、問題の設定を把握しよう。
■力学・電磁気が物理の二本柱だが、電磁気は苦手な人も多い。でも、高校でやってない人も出来るだけ今のうちに自分でやっておいた方が良いよ。
あ、電磁気の「交流」は高3になってからでいいです。
■波動は既に習ってる人が多いだろうから、「理系標準問題集物理」の【基本問題】レベルはやっておこう。
■熱力学・原子分野(原子は不要な人もいるが)は高3からでもいいです。

<物理・使用参考書の一例> ※これはあくまで一例なんで、自分の学習進度や実力に応じて工夫してみてね。
物理の参考書については、以下の記事も参考にしてね。
物理 おすすめ参考書・問題集総まとめ
おすすめ物理参考書・問題集(やや難~難)
おすすめ物理参考書・問題集(基礎~標準)

■力学は「理系標準問題集物理」の【基本問題】をやった後、「合格へ導く解法の発想とルール」の【入試問題に挑戦】(標準~やや難)。その後に「理系標準問題集物理」の【実戦問題】(結構難しい)をやってもいい。
■電磁気は「合格へ導く解法の発想とルール」の講義部分を読み、【基礎例題】をやり、「理系標準問題集物理」の【基本問題】。
■波動は「理系標準問題集物理」の【基本問題】。
※「大学受験精選物理I・II問題演習」が、「理系標準問題集物理」の【基礎例題】より難しめで国立標準くらいなので、そちらを利用してもいいです。

理系標準問題集物理


合格へ導く解法の発想とルール(力学・電磁気)


大学受験精選物理I・II問題演習

タグ : 高校化学.入試準備 入試準備.化学 高校物理.入試準備 入試準備.物理