元塾講師による本のご紹介ブログ。大学入試参考書がメインです。

2019/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/09

タグ:東大対策.物理 の記事一覧

| |

難関大(東大・京大・東工大など)や医学部用の物理参考書プランです。

易しい参考書や、個々の参考書の情報については、
大学受験生のための物理参考書(初級から中級)
大学受験生のための物理参考書(中上級から上級)
も参考にしてください。

なお、センター物理は二次試験の問題とは相当に出題傾向が異なるので、以下の問題集だけでは十分な得点が望めないかもしれません。

難関大志望者であっても、センターを甘く見ず、センター物理用の問題集(過去問や予備校の模試問題集が手っ取り早い)で訓練しよう。



<難関大用プラン>
[1]基礎から応用まで幅広く
理系標準問題集物理(駿台文庫)


[2]大学入試・中堅~難関レベル
大学受験精選物理I・II問題演習(旺文社)

実戦物理1・2重要問題集(数研出版)

名問の森物理(河合出版)


[3]力学・電磁気の補強に(必須ではない)
為近の物理1・2 合格へ導く解法の発想とルール―力学・電磁気(学習研究社)



プランとしては、「[1]をやった後に、[2]のうち1~2冊」となります。
[3]は必須ではないが、基礎概念の説明がうまい(特に電磁気の箇所)。独学で勉強する人に役立つだろう。
また、「入試問題演習」までやれば到達度は難関大合格レベルだぞ。

◆[1]は基礎的な問題も含まれるが、おろそかにしないように。このレベルがしっかりできれば模試の成績も安定する。
◆[2]の参考書の難易度としては、おおむね
 精選物理=名問の森の易しい問題
<重要問題集A問題
<名問の森の難しい問題
≦重要問題集B問題

くらい。
「精選物理」が国立標準レベルにあたるかな。「名問の森」には簡単な問題も入る。重要問題集は全体的に難しめ。
「精選物理」だけだと難関大には足りないので、橋渡しと考えよう。
 これらがしっかり出来れば入試物理はおおむねOK。とはいえ、物理は難問を理解するのに時間がかかるもの。
難問対策は予備校に行くなり、高校の先生に質問するなりして、なんとか頑張ろう!
◆[3]は、「基礎例題」は簡単。さらっと流す程度で。「入試問題に挑戦」「入試問題演習」は難関レベルだ解説が詳しいので、独学にも向くと思う。必須というわけではないが、力学・電磁気という頻出分野の補強に役立つぞ。



<東大用プラン>
◆基本的には、<難関大レベル>と同じ進め方。「理系標準問題集物理→名問の森+東大過去問」のコースで東大合格者の平均に達するでしょう。ただ、名問の森は電磁気の解説に癖があるのが難点
そのあたりは、解法の発想とルールあたりで補いたい。
とにかく、物理は理解が大事!
「なぜそのような式を立てるのか」「自分は何がわからなくて解けなかったのか」
を、解説を見てごまかさずに丁寧に追っていこう。

◆物理で差をつけたい人は、新・物理入門問題演習をやるのがよいかと。

ところどころ、微分積分が必要、または説明に微積が使われているところがある(単振動など)。
駿台の本としては微積の使用を抑えてあるので、そんなに気にならないが…
自分に合わないようなら、無理に微積を使わないでもいい。
大学物理につながる問題も含まれている。骨太で良い参考書だ。
実戦演習37題はすべて入試問題なので、時間が無い場合はこれを中心に解くのがいいぞ。
記述演習では、記述答案の書き方を学べる。これは相当に難しいので、力試しにピックアップして解くというやり方でもよいだろう。
◆なお、東大物理では、「記述演習」の模範解答のように素晴らしい答案を書くことは、まず無理でしょう。
(一般受験生のレベルを超えているように思われるし、なにより本番では時間的にきつい)
これは記述答案の理想型として、参考に見ておく、というのがいいように思います。



東大物理は近年は易化傾向にある。物理・化学選択の人は、物理を少し早めに終わらせて、化学に時間を掛けるのがいいだろう。(東大では物理よりも化学の方が大変なので)
東大物理は相対運動が頻出であったり、読解力が必要な目新しい問題が出されたり、と、やはり特徴的なところがある。
なので、早め早めに(少なくとも夏には始めたい)過去問をやっておくのがいいだろう。
普通の人は電磁気の学習が遅れるので、夏休みに力学中心に演習する、ということになろうか。
この段階では週に1~2問やるだけでもだいぶ違う。物理は「量よりも質」だ。解説を読み、しっかり理解できるまで、ごまかさずに考えよう。
過去問をやる際、秋以降は必ず時間を計ってやること。東大理科は時間との戦いだからね。
◆過去問としては、教学社の「東大の物理25カ年」を使うのがよいでしょう。

※25年全部やるのはきついが、少なくとも10年分は入試本番までにやりたいところだ。

また、駿台の東大模試を収録した「東京大学への理科」も役立ちます。やるとしたら冬から直前かな。

毎年7月頃に新しいのが出ています。売り切れることもあうので、やろうと思っている人は、購入だけは早めにしておきたい。

代ゼミの「東大入試プレ問題集」もなかなか。

これは9月ころ発売。
代ゼミの東大入試プレは、他科目はあまり良くないと思うが、理科は結構良い。特に生物の評判が高い。
化学はちょっと易しいかな?

売り切れないうちに早めに買っておこう。
スポンサーサイト



タグ : 高校物理.勉強法 東大対策.物理