元塾講師による本のご紹介ブログ。大学入試参考書がメインです。

2019/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/09

各分野別に役立つ本や、必須ではないが要所要所で使うと便利な本を紹介します。

※過去記事の無機化学勉強法(←クリックでジャンプ)も参考にしてください。


らくらくマスター化学I・II

一問一答的な本。例題は複数の設問から成る。これは入試から、標準よりやや易しめの問題を選らんである。
あとはいわゆる「素振り」にあたる単問。入試の易~やや易にあたる。左ページに問題、右ページに答という構成で、基本の確認が手早くできます。
一問一問が軽いので、予備校の休み時間などを利用して進められます。

福間智人の化学無機化学(Doシリーズ)

この本はわかりやすく、かつ網羅的である。これだけやれば無機の知識面は十分だろう
頻出化学反応式のまとめもある。これは便利。直前期まで役立つぞ。
無機分野だけにこれだけの時間を割けるか、という問題はあるが…(無機は普通それほど配点が高くない)
時間のあるうちに、高2から使用するのもあり。
自分が化学に費やせる時間と相談しよう。

宇野の有機化学ゼミ

見やすく、使いやすく、非常に優れた本であった。東大受験生も多く使用していた。
今は絶版。
宇野先生は代ゼミで「有機の宇野」と言われた方。この本が出された当時は、首都圏で東大化学を受け持っておられた。

センター試験のツボ化学1(桐原書店)

内容は割りと高度なことまで載っているので、センターのみならず、二次対策の導入にも十分使える。
分量が多いので、自分の使えるところを取捨選択するのがよいかもしれない。
無機化学については著者独自のまとめ方で、体系的に身に付くようになっている。
新高1/高2生のための参考書(化学)でレビューしました。

新理系の化学問題100選

これはホントに難しい。市販の問題集でもトップクラスの難易度。
自分で問題が解けたとしても、周辺知識や補足事項が盛り込まれた解説を理解するのがきつい。(理解できれば力はつくが)
最難関大志望で、かつ、化学で差をつけたい人用。
それでも、このボリュームのものを100題やるのは相当に苦しい。
全部やろうと欲張ると自滅する恐れがある。
※内容は網羅的だが、難問対策など、ピンポイント用として(分野を絞って)使ったほうがいい。
志望校の過去問を見て判断しよう。
スポンサーサイト



タグ : 高校化学.レベル別問題集

全範囲を偏りなく扱ったものをあげます。
おおむね、易→難の順に並べて紹介してあります。

※「精選化学問題演習」、「重要問題集」、「理系標準問題集」の難易度は、
理系標準問題集Aランク<重要問題集A問題<精選化学問題演習≦理系標準問題集B問題≒重要問題集B問題
くらいです。

※なお、センターレベルは、セミナー化学などの教科書傍用問題集をやっていれば十分カバーできる(=9割安定)でしょう。
(センター特有の正誤問題は過去問や模試問で対策するといい)
大事なのは、不得意分野を無くすこと、そして基礎的な問題を繰り返すことです。

以下、★が多いほどおすすめ(最大5つ)。

※過去記事の無機化学勉強法(←クリックでジャンプ)も参考にしてください。



セミナー化学(第一学習社)

<おすすめ度>
高1・2
★★★☆☆~★★★★☆(高校の授業や指導法、解説が配られるか否かによる。)
受験生
★★☆☆☆~★★★☆☆(高1・高2時にしっかり進め、高3時には復習として使用したい)
<コメント>
一般書店では解説が売られていない。高校で採用していればこれを使い、そうでなければ他の本を。
教科書レベルの確認から載っている。
しっかりやれば入試の標準以上のレベルに達する。高校で配られたのなら、先生にも質問できることだし、分からないところがないように学習しよう。
◆基本的に、これは1・2年の内から定期テストと合わせて使用する本。
受験期に全部やるには量が多いし、的がしぼれていないのが難点。
受験生は、「基礎問題精講」なんかで改めて全体をつかんでから、これで穴を埋めていくのがいいと思う。
「基礎問題精講」をやった後なら、基本例題は解説を軽く読む程度にして、基本問題(+発展例題)中心でよいだろう。
◆高1・高2にやった時に、
 楽に解けたもの…○
 途中まで解けた、あるいは復習が必要なもの…△
 手がつかなかった、現時点でわからない…×
などのようにマークしておくと受験時の学習に便利だ。
新高1/高2生のための参考書(化学)でレビューしました。

化学I・II基礎問題精講

<おすすめ度>
高1・2
★★★☆☆~★★★★★(日常学習にはあまり向かない。入試準備用としては高評価)
受験生
★★★★☆
<コメント>
◆入試基礎~標準やや下レベル。「基礎問題」と言うものの、あまりに簡単な問題は載っていません。
◆あくまで「まとめ」的な本なので、定期テスト対策にはあまり向いてないかな。高1・2が使うのなら、長期休暇に総復習としてやるか、早期受験対策としてだろう。
解説が詳しく、基礎事項についてよくまとまっている。コンパクトなので、繰り返して復習できるのもよい。問題は易しいが、良質な解説をよく読むことで、かなりのレベルアップが可能だ。
受験化学の最初の一冊として適しているぞ。
無機化学の問題数が少なめなので、他書で補おう。あと化学平衡の部分も少し弱い。
新高1/高2生のための参考書(化学)でレビューしました。

化学I・IIの新標準演習

<おすすめ度>
高1・2
★★★★☆~★★★★★(学校の問題集とかぶる部分がある。高校に行ってない人、高校の問題集の解説が不満な人はこれを使おう)
受験生
★★☆☆☆~★★★★☆(高1・2時にどれだけ進めているか。受験時からやるのは厳しい)
<コメント>
◆センター~二次試験標準レベル。難問を排除し、頻出問題を集めた感じ。ほんとに簡単な教科書レベルの確認から始まります
セミナー化学とほぼ同レベルだが、セミナーの発展問題は解説が不十分だからそれを考慮するとこちらの方が到達点は高い。
問題数が多い。1題1題は重くはないものの、500題近くある。
これを良いと取るか、悪いと取るか。
何度も繰り返すことを考えると、これ1冊でも相当の時間がかかる。(下手すると他の問題集はできないくらい)
逆に、これをしっかりこなせば難問以外は対処できる。
ローラー作戦が好きな人、中堅~少し難しめのところ志望で、漏れを無くしたい人に向いているだろう。 ※その場合でも、高1・高2のうちから進めておこう。
◆だいたいセミナー化学と同じレベルで、しかもそれよりも解説は充実している。
セミナー化学を持っていない人、学校で配られた問題集の解説が良くない人はこれを使ってもいい。高1・高2のうちに頑張って進めておくと受験時にすごく楽になるぞ!
◆高1・高2にやった時に、
 楽に解けたもの…○
 途中まで解けた、あるいは復習が必要なもの…△
 手がつかなかった、現時点でわからない…×
などのようにマークしておくと受験時の学習に便利だ。
◆解説はややごちゃごちゃして見づらいものの、詳しくて癖がない(教科書的な説明)。
カラーでは無いので、そのせいで見にくいというのも少しある…
時々高度なことも載っているので、解けた問題でも、ひととおり目を通すとよい。

精選化学I・II問題演習

<おすすめ度>
高1・2
★★☆☆☆
受験生
★★★☆☆
<コメント>
難易度は入試の標準~やや難(やや難寄り)。京大・東工大・東大といった難関大学の問題もある。
問題文が長く、読解力が必要とされる問題が多い。
無理な問題は載せず、思考力・応用力をつける問題を選んだということだ。
解説は詳しいので、自力で解けずともしっかり理解しよう。
参考書+問題集という感じの本。解説が多い方がよいという人におすすめ。
解説を読むことで、設問で問われていること以外の知識も身に付く
重要事項をまとめてあるのもうれしい。
◆解説は骨太で教科書風。
日本語の説明が多いのだが、覚えるべきポイントは結局どこかわかりにくいところもある
太字や色刷りにするなど、工夫してほしいところ。
◆レベル的にはこれで国立上位校でもかなりの部分対処できると思う。
問題数がおさえめな分、内容は濃いので、一問一問じっくり取り組もう。
もっと簡単な問題を、数研出版の「重要問題集」のA問題くらいで補いたい。

理系標準問題集化学

<おすすめ度>
高1・2
★★★☆☆(Aランクのみ使用)
受験生
★★★☆☆
<コメント>
◆下で紹介する数研出版の「重要問題集」とほぼ同レベル、同趣旨の本。
入試化学の受験対策問題集ですね。
こちらの方が量が少なく、問題がより精選されているという感じ。
◆問題はAランクBランクに分かれていて、Aランクは教科書~入試標準。Bランクは入試やや難以上。
Aランクは重要問題集より基本的な問題も載っている。中堅大だったらAランクのみでもかなり対応できる。
Bランクは東大京大レベルのものも含まれる。
やや難~難の*印、非常に難しい**印に分かれており、*印まででも十分な力が付く。
問題数が少ないことも相まって、レベル幅が広く散漫な印象も受ける。
複数の執筆者による共著だが、あまり解説に統一性が無いのが難点。解説の詳しさも分野によって違う・・・
有機の部分は解説が薄い(というかやる気がない)ように感じられる。演習用と割り切るのならよいが。
理論化学の計算部分は石川先生が書かれたのかな。
少し癖があり、独特に感じるかもしれないが、このやり方に慣れれば武器となる。
「解法」をクローズアップして取り上げているわけではないのがやや不満。(問題集なので仕方無い面もあるが)
◆やっぱり「基礎問題精講」なんかをやってからの方がスムーズに取り組めるかなあと思う。

実戦 化学I・II重要問題集 2013年

<おすすめ度>
高1・2
★★☆☆☆(A問題のみ使用)
受験生
★★★★★(A問題) ★★★☆☆(B問題)
<コメント>
◆網羅度が高い、入試化学定番の受験対策問題集。長く売れているだけあり、問題の選定が良い。
◆A問題は入試やや易から標準。B問題はやや難~難問。
難関大じゃなければ、A問題に絞って何度も繰り返すのが良い。
◆難関大志望者でも、B問題に手をつけるのはA問題が完成してからだが…
う~ん、B問題は難しいのに解説がさほど充実してないから、詰まりやすい(特に質問できる人がいないと)。やや難以上の対策は他書で行うのも有りだなー。
毎年改訂されるので入試の最新情報をカバーし、網羅性が非常に高い東大などの難関大志望者も、夏くらいまではこれを中心にやる人が多い
◆ただ、解説が教科書的で頭に入りにくく、また、残りにくいかもしれない。基礎が身についてから、問題演習・問題慣れのために使用する本。知識・解法のインプットは他の本で済ませておこう


化学I・II標準問題精講

<おすすめ度>
高1・2
★☆☆☆☆
受験生
★★★★☆~★★★★★(他書と組み合わせて使う必要あり)
<コメント>
◆「標準問題精講」となっているが、完全に上位・難関大志望者向きである。やや難レベル以上が中心。難しいものも含むが、教育的に配慮された難易度となっている(無茶な問題はない)。
暗記系というより、思考力が試される問題が多いように思う。
◆基礎問題精講と同じ著者で、手堅くまとまっている。
◆化学は標準的な問題を確実に解けるのが大事である。この問題集には、標準レベルの問題集をマスターしてからとりくみたい。
無機については量が少ないので、他書(重要問題集など)で補おう。

タグ : 高校化学.レベル別問題集