元塾講師による本のご紹介ブログ。大学入試参考書がメインです。

2019/051234567891011121314151617181920212223242526272829302019/07

タグ:高校化学.無機 の記事一覧

| |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆高校化学は、分野として、理論・無機・有機にわかれます。
このうちで暗記色が特に濃いのが無機。
難問じゃないかぎり、覚えているかどうかでほとんど決まります。
一度覚えたら点数も安定する。

◆だが、これが結構曲者。
けっこう量があるし、どうしても後回しになってしまう。
◆ぼく記憶力が悪いので、高2のときはテストを適当にやりぬける程度でした。

◆高3になり、予備校に行き、良い方法を教えてもらいました。
以下は僕がそれをアレンジしたものです(二次対策用。センターはもっと簡単な問題集を使えばよいでしょう)。
ちなみに、夏休みの間この方法を実践することで、入試まで安定して無機ができるようになりました。


STEP1

◆まず用意するのは、予備校(または高校)の授業で習ったことをまとめてあるノート。出来合いの参考書より、自分でまとめたものの方が使いやすいです。
◆浪人の人は予備校で夏前後にやると思う。
ノート半冊分くらいでしょう。
「これを全部覚えたら勝ち」だと思って、自分を鼓舞しよう。世界史なんかに比べれば軽い軽い。一カ月真剣にやれば片付くよ!

◆コツとしては、
(1)ノートにまとめる時、十分余白をとること。あとで情報を書き加えていくためです。
(2)見開きで完結するようにまとめていくこと。「STEP2」のコピー作戦に使いやすくするため。余白の分量で調節するといいでしょう。

※もし高校の授業が不十分な現役生の場合、『Do series』の無機をやるといいと思う。非常によくまとまってます。



STEP2
◆そして、そのノートを全部拡大コピーします。そんで、机の近くの目に付くところにポスターみたいに貼っておく。朝起きたら眺める。勉強に疲れたら眺める。とにかく目に触れるようにします。
◆ノートを開くのもめんどくさい。そんな人でもこれは実践できる!
◆数日おきに貼り替えて、ローテーションさせます。
※クリアファイルに入れるのもいいね。これなら常に携帯できるし。1日10分でいいから毎日毎日見る、というのが大事。



STEP3
◆それと並行して、問題集を解く。初めはノートを見ながらでいいよ!
「ノートを全部覚えてから」なんて思ってたら、結局後回しになり、受験が終わるまでやらないことになってしまう。
だから、とにかく問題を解く。問題を解くことで、どこをどう覚えたらよいかも分かるよ。
◆使うのは『実戦化学1・2重要問題集』

がよいでしょう。(毎年改訂されてる)
◆解説はさほどでもないが、基本的に自分のノートを見て進めていけばできるでしょう。暗記メインだし、知ってるかどうかだから。
問題を解いててノートにのっていないことがあったら、書き加えよう。
信頼できる参考書で調べ、情報を書き加えるのだ。関連事項も読んでおこう(何から何までノートに書くとキリがないので、とりあえず問題を解くのに必要な情報をノートに書く)。

◆調べ用には、『総合的研究化学』や『チャート式新化学』


がよい(『総合的研究化学』の方が発展的なことが載っている)。

重要問題集無機のところだけ最低3回は繰り返す。徐々にノートを見ないでもできるようになる。

◆あ、問題を解くときには、
「実際の入試ではどのように出題されているのか」
に気をつけてやるといいでしょう。
当然ながら、ノートに書いてあるまんまの形で出るわけではないですね。
自分が持っている知識(=ノートの情報)をどう活用するか、に気をつけて。



STEP4
◆そうしたら、ノートだけを最初から最後まで通して何度か読もう。穴をなくし定着させるため。


STEP5
◆仕上げに、『入試問題集』

をやる。(毎年新しいものが出ている)
◆この問題集は解説は詳しくないが、その年の入試問題を集めてあり、しかも選定が良い。
上記勉強法だと、解説不足はほとんど気になりません。
◆これを、極力ノートを見ないでやる。知らなかった知識はやはりノートに書き加える。よどみなくできるまで繰り返す。
ぼくは入試問題集を2年度分買い、やりました(無機分野だけね)。
高校には数年分置いてあると思うので、借りてくるのもいい。



◆こうして、計2~3冊やれば、無機はほぼ万全だよ!
そんなに買うお金が無いという人は、重要問題集だけ買おう。これは理論・有機も使えます(ただ、解説が簡潔なので、他の解説が詳しい問題集で下地を固めたほうがよい)。
◆入試問題集は、友達と共同購入か、高校で貸してもらうかする。
要は自分のノートを充実させれば(そして暗記すれば)いいわけ。
問題集は、自分のノートを完璧なものにする消耗品と割り切ろう。
「このノートさえあれば、どの問題も解ける!」そういうものを作っておくと、精神的にも楽になるよ!

よかったら参考にしてください。
スポンサーサイト

タグ : 高校化学.無機

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。