元塾講師による本のご紹介ブログ。大学入試参考書がメインです。

2019/051234567891011121314151617181920212223242526272829302019/07

タグ:高校国語.古文_解釈 の記事一覧

| |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
使用対象者:難関国立大、特殊な文法問題の出る早稲田大受験者。
使用時期:使うのなら早めに(高3春・1学期くらいから)
使用目的:古文の解釈力アップ、ハイレベル文法の学習

古文解釈の方法
オススメ度:★★☆☆☆~★★★★★(万人受けはしないが、時間をかけられれば非常によい本)

駿台の関谷氏が書かれた本。文法を中心とし、古文を厳密に読むという姿勢で、評判も高い。
他の文法書に載っていないようなハイレベルな文法事項まで扱っている。
駿台で関谷氏から直接習っている人は、良い復習になるという噂。

即効性はないので、早い時期から繰り返し使用したい。
設問は必ずとくこと。そうしないと知識の空回りになってしまいます。

良い本ですが、全部やるとかなり時間を食う。
全体的に難しいので、復習も大変である
そこで、ぼくが優先的にやっておいたほうがよいところをピックアップしました。
他の本には書いていないこと、ぜひ知っておいたほうがよいことを中心にあげました。
これなら短期間で繰り返しできるはずです。このようにやる範囲をしぼることで、印象にも残りやすい。
もちろん、余裕があったら他の箇所も読むとためになるんだけどね。


以下、追記がそのリスト(『古文解釈の方法』の目次を参照のこと)。
赤文字は特に重要な項目、青文字はハイレベルな項目です。
特に、付録講の「和歌の解釈」は、センターでも頻出の事項。ページ的には後ろの方にあるが、優先してやっておきたい。


[『古文解釈の方法』 レビューとその使い方]の続きを読む
スポンサーサイト

タグ : 高校国語.古文_解釈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。