元塾講師による本のご紹介ブログ。大学入試参考書がメインです。

2019/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/09

タグ:高校国語.現代文_新高1 の記事一覧

| |

<現代文参考書>
現代文は、量をやみくもにこなしても伸びないぞ。
ゆるがない読解力(本文をしっかり理解する力)をつけるのが最優先。
その次には設問を解く力だ。
まちがったら、「自分の考えのどこがいけなかったのか」を徹底的に考えるのが大事。
模試を受けた後の復習もしっかり行おう。
現代文に、安易なテクニックなど存在しない。
「間違う→矯正」
この繰り返しで力をつけるしかない。
が、一旦力がつけば、成績が安定するのもこの科目である。
「3年用の現代文」とか、「1年用の現代文」という区別はない。1年のうちから、入試を意識してどんどん勉強しよう!

以下、推薦参考書。
★が多いほどおすすめ(最大5つ)。


現代文解釈の基礎(中央図書)
★★★★★

◆内容的には教科書レベルなんだけど、本文についての解説が非常に濃い。
じっくりと解説を読むのが辛いという人には向いてないかもしれない。
でも、この本はわかりやすく、しかも厳密であるという良書だ。

高校の教科書をベースとした、例題の説明が非常によい。例題は教科書レベルなので、高校入学後から無理なくとりくめる。【設問】は難しいかもしれないが、自分なりに考えてから、解説を読むこと
模範解答のようにすばらしい答が思いつかなくても、努力すること。現代文が苦手な人は、【設問】を意識しながら本文をしっかり読む、というくらいでもよい。
解説は明晰に書かれているので、自分が理解できるまで頑張って読もう。

◆現代文の本文の緻密な読解法が身に付く。変なテクニックは一切なし。
「文学的な文章」(前半)と「論理的な文章」(後半)とにわかれているので、ある程度進むごとに、かわるがわるやる。中学生の教科書に載ってる『走れメロス』など、とりくみやすいところからやるのも良し。

◆現代文を根本から鍛えたい人、国語が好きな人におすすめだ。1年~2年1学期くらいでやるといいよ。
ただ、模試対策・入試対策としては、他の問題集も併用することを推奨する。

◆1冊全部やりとおさなくても、やった分だけ現代文の力はつくので、急がない、焦らない。
著者の説明を、どれだけ自分の血肉とできるかが大事なんだ。

高名な大学教授が書かれた本だが、高校生のことをよく考慮してある。入試に直結はしないが、1~2年生の国語力養成に。


新・田村の現代文講義1(代々木ライブラリー)
★★★★★

◆1~2年時にやるとよい。問題数が少ないが、解説が濃い。少々固いかもしれないが、理解できるまで読み込もう。
◆解説は、設問に関するものが中心。
筆者独自の記号を理解すれば、設問の解き方(特に客観問題)が正確になる。センターの準備としても。


入試現代文へのアクセス(河合出版)
★★★★☆

◆問題演習用に。入試に頻出の、キーワードの説明もついてるよ。問題は素直で、現代文の基礎固めによい。

スポンサーサイト



タグ : 高校国語.現代文_新高1