元塾講師による本のご紹介ブログ。大学入試参考書がメインです。

2019/051234567891011121314151617181920212223242526272829302019/07

タグ:高校英語.新高1 の記事一覧

| |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新高1生へ、春休みのおすすめ英語勉強法です。
英語をやり直したい高2生も参考になるかな。

とりあえず、学校から「総合英語」という本(または文法書)が渡されると思うんで、それを読もう。
一応、売れているものは
総合英語フォレスト


高校総合英語Harvest(ハーベスト)(桐原書店)

あたり。
フォレストは合わせて使える問題集(解いてトレーニング)も出ている。
この問題集は、レベル別になっているのでかなり良い。


フォレストはカラフル過ぎて、あんまり僕の好みじゃないんだけど…内容はわかりやすいと思うよ。
総合英語は、高校で採用したものならどれでもいいです。
(不安ならコメントやメールで聞いてください)

高校に入るまでに、最低限、
文の成り立ち
文の種類
動詞と文型

を読んでおこう。できれば関係詞も。
(これはForestの目次だけど、他の本も大体同じです)
英語が得意な人は、どんどん読み進めよう。春休み中に半分読んでしまうくらいでもいいぞ。
どうしてもわからないところが出てきたら、とりあえず飛ばそう。(わからない箇所をチェックしておくこと)
そして、高校入学後に英語の先生に聞こう。
高校で渡された本なら、先生は説明する義務があるからね。遠慮せず、どんどん質問しよう!

必ず例文に目を通すこと!わからない単語は辞書を引こう。できればノートにまとめるといいよ。
2~3日後に、復習として、自分で例文を訳してみるのがおすすめだ。
また、途中にある練習問題も必ずやろう。文法は問題を解いてみないと定着しないからね。

中学生のころは、英語の勉強と言ってもろくに辞書を引かなかった人が多いのではないかな。
(ぼくもそうだったんだけど(笑))
でも、高校からは辞書をばんばん引いていかないとだめ。
覚える単語量が中学までと比べものにならないからね。
僕が高校生のころどれくらい辞書を引いていたかは、この記事を見てね。



学校で総合英語がどの本を使うかわからない人、または高校の英文法をざっと見渡したい人
英文法・語法のトレーニング 基礎講義編(Z会出版)
英文法
がお薦め。
※Z会の本は、Z会の通販や提携書店で購入できます。
対話形式で読みやすいし、まとまっている。
ただ、例文が少ないから、この本だけだと不十分。
この本を中心に使って、総合英語の例文・練習問題で補強するというのも良い方法だ。



それから長文問題集を。
ビジュアル英文解釈 (Part1)

これは春休み中に終わらなくてもいい。自分のペースでじっくり進めよう。
高校入試レベルから始まるので、中学卒業程度でも読めるよ。
でも段々と難しくなるので、しっかり復習しながら進めよう。
あせらず、こつこつと読み進めていける人に向いてます。
ただ、解説が濃密で、「長々した解説を読むのは辛い」という人にはきついかな。

そういう人は、
日栄社の
集中2週間完成 英語長文[高校初級用]

あたりを。
安いし、薄い。難易度は公立高校入試程度です。2週間と言わず、1週間くらいでぱっぱと終わらせよう。
スポンサーサイト

タグ : 高校英語.新高1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。