元塾講師による本のご紹介ブログ。大学入試参考書がメインです。

2019/051234567891011121314151617181920212223242526272829302019/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は英作文(和文英訳=与えられた日本語を英語に直す問題)の参考書についてです。

英作文の勉強法・参考書 簡易版
英作文の勉強法・参考書 簡易版プラス
の記事も参考にしてみてください。

◆自由英作文(=書く内容を自分で決めて作文する問題)については↓の記事を参考にしてください。
自由英作文は、和文英訳(=与えられた日本語を英語に直す問題)の力がついてから取り組むようにしよう。
自由英作文の書き方&コツ
入試直前期にはじめる自由英作文の勉強法
自由英作文の参考書・問題集


◆英作文は英語の勉強だと「応用」の部類に入ります。
文法の基礎(文の構成法)を学ぶことが英作文をやる前に必須。
文法の教科書や文法書の例文を音読し、頭に入れることも良いです。
◆そして
高校の教科書レベル(『毎年出る頻出英作文』の第1章レベル)の英文をすらすら言えるようになるまで反復練習する」のが「基礎」にあたる。
慣れるまでは、
「主語と動詞に何を選んでいるか」
「動詞の文型は何か」
「注意すべき文法事項」
(教科書や『毎年出る頻出英作文』第1章は文法項目ごとに英文が並んでいる)
を丁寧に確認しよう。
ここあたりの練習を怠っては土台がぐらぐらし、まともな英文が書けません。

◆この記事でおすすめする本は、主に「やや易」以上のレベル付けとなっていますが、
「易」レベルは、以上の勉強をこなすことだと思ってください。

なお、(後日この記事にさらに本を追加するかもしれませんが、)
英作文については、下記以外の参考書についてはお答えしかねますので、
Amazonレビューや他サイト様をご覧下さい。よろしくお願いします。




基礎からの英作文パーフェクト演習
★★★★★
やや易~標準

私大で英作文対策が必要という人にはこれをオススメしたい。全体的に私大寄りの作りだが、自然なライティングに必要な知識をたたき込みたいという国立大志望の人も使える。

・コロケーション(定型的な言い回し)や熟語のチェック問題
から始まり、
・構文、空所補充問題、条件英作文(指定された語を使い、制限語数の中で作文する問題)
・和文英訳問題(入試問題)
と、主に知識面を強化しながら、段階を踏んで英文の書き方を身につけることができる
◆暗記が苦手な人には少し大変かもしれないが、繰り返し繰り返し取り組もう。
熟語や構文は音読をして覚えること、条件英作文、和文英訳は紙に書くことが大切だ。
この一冊を反復してやりとおせば英文がスムーズに書けるようになっているはずだ
※この本の旧版↓のAmazonレビューも参考になるので見てみてください。



英語表現力養成 新・英作文ノート
★★★☆☆
やや易~標準

◆基礎知識を習得するという感じの本なので全体的に私大色が強いが、
国立志望の人がやっても得るものはある。
◆左ページに和訳の仕方、日本語から英語に直す発想のコツが例題形式で詳しく載っており、ここは特に良い。(問題数が絞ってあるので復習が容易なのもいい)
誤文訂正問題有り、整序問題有り。
また、頻出定型表現(コロケーション)を空欄補充形式で学ぶことができる。
付録として、基本動詞の文型一覧が載っており、これは非常に有用。
◆解答がやや見にくく、不親切と思える部分があるのが玉に瑕であるが、値段が安く良心的な作りの本だ。


毎年出る頻出英作文
★★★★☆~★★★★★(ややあっさりしているので好みが分かれるかもしれない)
易~やや難

◆英文の書き方をくどくどと述べるのではなく、
学習者がつまずきそうなところをヒントとして提示し、複数の解答例で「実際の書き方」を学んでもらおうという本。
だから演習的性格が濃いが、易レベルから徐々にレベルアップしていくので割とスムーズに進められるだろう。
英作文は「英借文」(模範的な例を覚え、借りるということ)と言われることもあり、
こういう訓練は大事であります。
◆第1章は暗唱文編で、150の例文が文法事項ごとにまとめられている。
高校の教科書レベル。これをすらすら訳せる(言える)ようになるまで繰り返すのが第一(であり、とても重要)。
◆第2章は基本問題編で、第1章の例文の文法項目と対応してるのが面白い。第1章をヒントとして使えるようになっている。
解答として3通りの訳例がついているのがいい。うち1つはアメリカ人の訳で、これも参考になる。
ここまでしっかりやるだけでも、入試標準レベルは十分できるようになります。
「頻出問題ダブルチェック」も重要なので必ずやろう。
◆第3章はテーマ別(話題別)和文英訳で、2~3行程度のが72題。2章同様、3通りの答案例がついている。
第3章のレベルになってくると誰かに添削してもらうのが望ましいでしょう。


大学入試 ガリレオの英作文
★★★★☆~★★★★★(2冊目の本として使用するのがいい。一部の章に限って使ってもOK)
標準~やや難

◆旧版は『コペルニクス英作文』という長年売れていた本。旧版は古めかしく受験生には取り組みにくい感じだったが、新版になって相当改善された。
◆出版社の紹介によると、この本の特徴は
1. むずかしい日本語(問題文)も、非常に簡単な英語の文法や語いを使って表現できることがわかる。
2. 100%の完ぺきな訳を求めて苦しむよりも、80~90%の訳が確実にできることをめざす。
3. 訳例がいろんなレベルで何通りも示してあるので「自己添削」も可能。
4. ネイティブスピーカーと日本人の完全な共著による英作文学参。

とある。
1と2は僕の英作文の取り組み方と同じ方針で、個人的にはこの点からオススメしたい。3、4ももちろん非常にありがたいポイントだ。
自然な英語を書くための発想法を学べるということだ。
◆この本をやる前に、作文のための基本的な文法は習得し、やさしめの英文をすらすら書けるようになっている必要があるだろう。
基本例と、チャレンジ問題(実際の大学入試問題)の解説は詳しい。
が、それらの中間の難易度の「応用例題」の解説が薄い。英文を見て自分で補ってくれという感じだ。ここは暗唱例文として活用してもいいし、いっそのこと、さらっと飛ばしても良いだろう。
チャレンジ問題は豊富な解答例が示され、60%程度の解答、もっと良い解答、模範解答の3種にランク分けされているのが良いね。最初は60%取れれば十分だ(はちゃめちゃな物を書いて0点より遙かに良い)。少しずつ良い英文が書けるよう心がけていこう。
1,4,6章が、英語的発想を鍛える、この本の肝なんで、ここを優先してやると良いだろう。
また、11章の会話問題の攻略法も大事(東大でもこういうのが結構出る)。
こういう本は網羅性を目指すものではないから、範囲を絞って取り組むのも一つの勉強法だ。




難問対策用(とりあえず評価だけ。レビューは後日書きます)
以下の本をやるには、標準~少し難しめの英文を書く練習を十分に積んでいることが前提です。

自分で添削できる自修和文英訳演習 完成編
★★☆☆☆~★★★★☆ (添削してくれる人がいると演習として良い本)
やや難~難


大学入試英作文実践講義(研究社出版)
★★★☆☆ 
やや難~難


実戦編 英作文のトレーニング(Z会出版)
★★★☆☆ 
やや難~難



スポンサーサイト

タグ : 高校英語.英作文

◆自由英作文の記事一覧
自由英作文の書き方&コツ
入試直前期にはじめる自由英作文の勉強法
自由英作文の参考書・問題集


◆今日は自由英作文の書き方、コツについてです。
まあ当たり前のことが多いんだけどね。書く時の参考にしてみてください。

◆ぼくが子供のころ(笑)は、自由英作文はそれほど本格化してなくて、
「文法・単語が間違ってなくて、語学的に正しければいいっすよね」
ってくらいの認識でした。
当然学校の授業で自由英作文の対策なんぞなされていませんでした。←それでいいのか

今の入試はかなり自由英作文重視ですね。
和文英訳の出題が減り、その分自由英作が増えている。
多種多様な出題がされているし、かなりの長文を書かねばならない場合(地方国立大でも相当長いものが要求されることも)もある。
◆それから、今は単語・文法の運用が正しいだけでなく、論理展開、論の運びに飛躍がないか、ということも意識して書く必要あると思います。

◆まあ受験生(というか合格者)がみんながみんな「素晴らしい英文」を書いているわけではないんでね。
とりあえず7~8割を目指していこう。

◆なお、「自由英作文」っていうくらいだから、自分が好きなことを自由に書けるんだけど、
「自由」以前に、簡単な和文英訳(日本語から英語に直す)の練習は終えている必要があります。
まあ高校のライティングの教科書くらいでよいです。



自由英作文を書くときのポイント

●易しい英語で書く。
自分の知っている単語を使う。単語力に自信のない人は、中3~高1の教科書レベルで十分です。スペルに自信のない単語は避ける。
文法的ミスはしない。文法的に間違えると少しずつ点数が削られますからね。
特に動詞の文型には注意!
※冠詞の使い方は、過度にビクビクする必要はないです。

●内容、発想はありきたりでいい。
日本語の小論文と違って、中身は平凡でかまわないです。(そのかわり、論理的に飛躍のないように書くこと)
むしろ、奇抜なことを書こうとして英文として意味不明になる方がまずい。

●I think~~.を使いすぎない。
I think~~.は、自分の主張だと強調したいときにだけ使うように。文章中にせいぜい一回、全く使わなくてももちろんかまわない。

●接続詞を多用しすぎない。
適切に接続詞を使うのはもちろんいいんだけど、「論理関係を明確にしようとして一文一文ごとにぜーんぶ接続詞つける人」がいるんだな。(←昔の僕)
接続詞を使いすぎるとかえって読みにくくなる。まあこのあたりは模範解答を読んで常識的に使えるようにしよう。

●ぼかさず、わかりやすく、明確に。
これは日本語の小論文にも言えることだが、自由英作文ではそれ以上に意識したほうがいいです。
自由英作文は、やっぱり人に見てもらった(添削してもらった)ほうが良いということです。

●英語の流れとしては、「おおざっぱなことから細部へ」と書き進めるようにする。
次項で述べるけど、
 全体の流れは「大きな結論→根拠・理由」
 根拠・理由を書くときも「抽象的な理由・おおざっぱな理由→具体的な理由・具体例」
のようにするといい。

●論理の「型」にはめて書く。
これはあらかじめ「論の運びの定形パターン」を用意しておいて、それに当てはめて書く練習をするということです。
これは非常に大切なことなので、以下で詳しく書いておきます。



<論の枠組み>
◆自由英作文で多い出題形式は
「○○という考えについてあなたは賛成か反対か」=賛否型
「○○というテーマについて、あなたの意見を述べよ」=意見論述型
というものです。

◆これらが出たら、次のような枠組みに当てはめて書こう。
(1)結論
(2)理由・根拠
(3)結論
 ※全体が短い語数(50wordsまで)の場合は不要

(1)の結論は、自分の主張です。賛否型の問題だったら、
I agree with this idea.または I agree with the idea that~~.(賛成の場合)
I disagree with this idea. またはI disagree with the idea that~~.(反対の場合)

などと書きはじめる。
意見論述型でも、最初に自分の結論を持ってくる。一文で明確に書こう。

(2)の理由・根拠が中心を占めます。
 理由・根拠は1~2つ。(短い語数だと1~2つ。長い語数だと2つ。3つ以上だと散漫でよくない)
 理由・根拠が1つの場合、Becauseなどの接続詞は使わなくてもいいです。(1)の結論のあとにそのまま書けば理由だとわかります。
 理由・根拠が2つの場合、
First, (第一の理由).
Second, (第二の理由).

とするといい。
長い語数を書かねばならないときはここを頑張って書く。
長い文章を書くときには、「具体例を交える」、「論が飛躍しないように、自分にとっては当たり前のことでも順序を追って書く」ことを意識するといい。

(3)結論
これは(1)の繰り返しなんだけど、短い語数の場合(50wordsまで)は無くていい。
(3)を書く場合、(1)と同じ内容の結論を、表現を変えて書くのが無難です。

◆以上の書き方をマスターしよう!
これに当てはめて書くようにすれば楽に書けるよ。
他にも論理展開の仕方はいくつかあるんだけど、上の書き方が一番書きやすいです。
(ライティングの本でも、上の書き方が基本的なものとしてあがっています)

◆あ、設問によって、上記の<結論&根拠型>が当てはまらない問題はもちろんあります。
例えば四コマ漫画を説明させる問題では上記の書き方とは違います。
(起承転結の各コマの順番に書く。特にオチが何か伝わるように書く)
そのあたりは過去問・問題集の模範解答を読み、「文章の構成法」を身に着け、柔軟に対処しよう。

タグ : 高校英語.英作文

◆自由英作文の記事一覧
自由英作文の書き方&コツ
入試直前期にはじめる自由英作文の勉強法
自由英作文の参考書・問題集



◆自由英作文の参考書を選ぶ基準としては以下を参考にするといいでしょう。
・複数の解答例を提示してくれるもの
・ネイティブが解答に参加しているもの。もしくはネイティブチェックを受けているもの
・自分が書けそうな(真似できそうな)解答のもの
・多様な出題形式を含むもの

◆以下、自由英作文のオススメ参考書・問題集をあげておきます。
★が多いほどおすすめ(最大5つ)。

自由英作文専用の対策としては、
「まよわず書ける自由英作文」

「[自由英作文編] 英作文のトレーニング」を使えば大丈夫でしょう。
(「自分で添削できる~」は個人的に好きなシリーズだからあげた)
今受験生の人は、もう時間がないから、模範解答中心に利用すればいいです。

まよわず書ける自由英作文
★★★★☆

◆「3日でできる」となっている通り、あっさりしていて無駄のない本。問題数は多め。(志望校の出題傾向と似た問題だけやればよい)
◆60語以内で書く場合/120語以内で書く場合/121語以上で書く場合と、語数によって分かれていて、
賛否型・意見論述型という基本的な出題の他、四コマ漫画の説明、ストーリー創作など、色々な出題形式を含む。
例題9問+演習問題18問+添削問題9問。
例題9問では生徒の解答例とその添削がなされている。
1題につき解答例が3~4用意されているのがよい
全体として解答サンプルが多く、このブログで紹介した勉強法にうまく合うはずだ。
模範解答の英文には若干日本人臭さを感じるが、あまり問題にはならないだろう。
◆別冊が問題&解答例なんで、時間の無い人はここを中心に利用すればOK。
郵送すれば添削してもらえる問題が9題ついている。これがこの本の最大の特徴ともいえる。
(郵送&添削にかかる時間も考慮せねばならないので、直前期の受験生は注意)

[自由英作文編] 英作文のトレーニング
★★★★☆

◆いろいろな出題形式を含むが、その分、典型的な賛否型・意見論述型の問題数は少なめかな。
過去問で練習すればいいけどね。
複数のネイティブによるチェックを受けているだけあり、模範解答の英文はこなれている
(受験生には真似しづらい表現が多少混じるかもしれないが)
◆模範解答だけ利用すれば短期間の学習にも使えるが、
しっかり対策を行いたい人が時間をかけて取り組むのもいい。
別冊には自由英作文に使える暗記例文150もついていて、これも利用価値が高い。

新こだわって!国公立二次対策問題集 英語表現(本格英作文・自由英作文)
★☆☆☆☆~★★★☆☆(志望校の出題による)

◆本格英作文(和文英訳の難しい問題)62、自由英作文35、計97題を収録。
テーマ論述、ビジュアル、課題文、会話、感想文、語句定義、自由創作、
と7つの形式に分かれており、各5題。どれも相当骨がある問題だ。
問題量の多さと設問形式の豊富さとは特筆すべきである。
◆自由英作文の解答は二種類です。
模範解答はネイティブチェックを通していない(であろう)ことがマイナス。
解説はほぼ無い。演習用だ。

自分で添削できる自修長文・自由英作文演習
★★☆☆☆

◆薄く安い本。
難しめの和文英訳20題、自由英作文6題。
だから自由英作文の他に普通の英作文も出される大学の対策に向く。
◆自由英作文の問題はあまり奇抜なものは含まず、国立の典型的なものが載っています。
◆とにかく簡潔。
「習うより慣れろ」式の本ですね。
◆解答例は1題につき3例(うちネイティブが書いたものが1例)。
ネイティブの作例が分かり、とても参考になります。
◆この著者の方が自由英作文オンリーで問題数の多い本を書いてくださるといいんだけどなー。

タグ : 高校英語.英作文

今日は、この時期(=入試直前期)に行う自由英作文の勉強法です。

◆自由英作文の記事一覧
自由英作文の書き方&コツ
入試直前期にはじめる自由英作文の勉強法
自由英作文の参考書・問題集



◆自由英作文は英作文の中でも「応用」に当たる。
多くの場合は、ある程度の長さの文章を自分で自由に書くことが求められる。
一文一文をただ連ねるだけではなく、それらのつながり(論理構成)にも気をつかわなくてはならない。
◆当然ながら、簡単な和文英訳(日本語から英語に直す)の練習は終えているのが前提です。
(市販の参考書でもそのあたりは前提となっている)
まあ高校のライティングの教科書くらいでよいです。

◆以下のやり方だと1~2週間でできると思います。
「模範解答を読む」→「真似して書く」の勉強法は、受験まで時間のある人にもオススメのやり方です。
(実際に、ぼくは中学生にもこうやって教えてた)

1.志望校の過去問を見る
◆この時点ではまだ解かなくていい。
どういう出題がされているかを見る。書かねばならない語数(=長さ)、出題形式に注意しよう。

2.問題集の「模範解答」を読む
◆志望校の過去問と同じ長さ、形式の問題(つまり類題)を問題集で探し、模範解答を読みます。
◆あのね、今まで自由英作文を書いた事ない人が自分でいきなり書こうって言っても無理な話や
だから解答を読み、「こういう風に書けばよい」ということをつかみます。
◆細かい表現というよりも、論理展開、文章全体の構成をどう組み立てるかを意識して読もう

3.「模範解答」を真似して書く
◆模範解答を読んだら、それを真似して自分で書いてみます。
模範解答をちらちら見ながらだと良くない。自分で答案を作る際には何も見ないで書こう。(細部は忘れてもいい。というか忘れてたほうがいい
◆細かい表現などはもちろん模範解答と違ってかまいません。
自分が書ける英文のレベルでよいよ。(特に単語は、易しくて自分が自信を持って使えるものを使おう。)
和英辞典は使っちゃだめ。本番で使えないから。とにかく自分の知っている単語でまかなうこと。

4.添削してもらう
◆できるだけ、「模範解答を真似して書いた英文」を添削してもらおう。
学校の先生、予備校の先生など、一度見てもらうだけでも全然違います。

◆ここまでを、5題ほどこなす。
◆同じ問題に対して、異なった内容の答案をつくること(つまり別解を書くこと)も有意義です。
自由英作文の問題集では解答が2~3用意されていると思うので、自分もそれに合わせて2~3の答案を書くといい。
こうすると発想の幅が広がる


5.過去問を解く。
◆以上でだいたいのコツはつかめていると思うんで、志望校の過去問を解いてください。
◆この段階では自分でまず答案をつくってみよう。そして添削してもらおう。
解答は、自分が書いた後で参考として見ればよいです。
◆最低5年分くらいはやろう。

6.さらに問題を解く。
◆これは時間があれば。
今の入試の自由英作文は様々な出題がされているよ。
四コマ漫画を説明させたり、グラフについて説明させたり・・・
◆過去問の傾向と外れた問題が出されたら他の人も解きにくいんだけど、
もしも余裕があれば色々な問題にあたっておくとなお良い。
「○○という考えについてあなたは賛成か反対か」=賛否型
「○○というテーマについて、あなたの意見を述べよ」=意見論述型
は基本的なんで、過去問で出ていなくても1~2題はやっておいたほうがいいね。




◆まあ、とにかく直前期には過去問が最重要なんで、大学の要求に合わせて勉強していこう。
自由英作文は、練習するとしないのとでは全然違う。
この時期からでも練習の意味があるので、がんばろう!


タグ : 高校英語.英作文

大学受験生にこの時期の英作文学習のアドバイスです。「簡易版プラス」なんで、まあその程度ですが・・・

英作文の勉強法・参考書 簡易版も参照してください。
(ほんとうは例文の覚え方など、もっとちゃんと書きたかったのだが、今論文執筆中であまり暇がないのですよ・・・
なお、自由英作文については、記事を書くかもしれないが、書いたとしても当分先です)



◆国立大受験生、また、私立で英作文が出るところを受ける人は、
この時期は(自分にとって)易しめの文を日本語から英語に瞬時に直す練習を繰り返してください。自由英作だろうとこれは必須。
秋頃にこれが出来てないというのでは手遅れなので・・・
◆いわゆる『基本例文の暗唱』にあたるけど、暗唱が辛かったら瞬時に(30秒以内で)英訳するのでかまわない。
簡単な文は口に出して言ってみるだけでもいい。スペルに自信が無い人は紙に書こう。

教科書レベルの簡単なものは、『毎年出る頻出英作文』第1章の暗唱文編だな。
英作文の勉強法・参考書 簡易版でやや詳しく紹介しました。)

◆英作文の基礎固めとしては、これを日本語から英語に瞬時に訳す訓練を積むといいよ。
◆各章ごと、じょじょにレベルアップしていく、スタンダードな良本だよ。
基礎固めとしてはこの本の1章の代わりに高校のライティングの教科書でもいいです。(ちゃんとした答があれば)

僕が好きな本(というか使っていたもの)は、和英標準問題精講。英語が得意な人が使うといいかな。

◆この本は各テーマごとに、例題+解説、それに復習用のOral Exciseがセットになっている。
このOral Exciseというのが、短文で、入試に役立つ表現が集められてるんだな。
Oral Exciseは受験生の5月時点で偏差値65あればできるだろう。(これが難しかったら『毎年出る頻出英作文』にしてください)
例題は難しめなので、きつかったらOral Excise中心にやっていくのがいいと思う。問題数も多いしね・・・取捨選択してやればいいよ。
なお、Oral Exciseの中でも、単語や表現が難しいときがある。入試に出ないような単語は、ヒントとして余白に書き込んじゃっていいぞ。
◆初期10日は例題も易しいので、例題もOral Exciseもいっしょに進めよう。
◆前期10日間までのOral Exciseが計286題。まずはここまでを反復するのが一区切りだ
◆中期10日間までやれば計425題。暗唱例文としてはこれで十分な量です
◆後期10日間・最終10日間のところはOral Exciseも「頻出」というわけではなくなる。ここは例題中心にやっていけばいいだろう。まあ現在の入試でここまで必要な人は限られてくるかもしれないが。



もちろん使うのはこれらの本でなくてもいいです
ぼく自身が使ってたのと、塾・予備校の生徒にオススメしてたのがこれらというだけっす。
例文集はたくさん出てて僕も全部目を通してるわけではないし、高校で渡されたものでも構いません。
書店で見て選ぶときには、難しすぎないものにするのがコツ。
半分以上は自分で訳せそうなものでないと嫌になってやめちゃうからね。
分量としては、300題(300例文)が標準的ですので、参考に。

タグ : 高校英語.英作文

今日は英作文の勉強の仕方・参考書について、簡単に。

まず、勉強の仕方ですが、だいたい次のステップを踏むのが普通です。この時期の受験生なら(1)(2)は済んでるかな。
(1)文法・構文の基礎固め
(2)例文暗記。分量としては、最低限で150文、多いもので600~700250~300が標準的
(3)整序作文 ※必須ではない
(4)簡単な単文(短い1文を訳す問題)を多量にこなす。100~300題くらい
(5)2~4行くらいの問題(主に国公立)をこなす。50題くらい。添削してもらうといい。 ※普通はここまででよい
(6)日本語から英語への置き換えが難しい問題をこなす ※京大など一部の大学

(1)~(4)までは高校の授業で対応できるはずです。
でも、ライティングは先生によって大きく教え方が違うし、今の教科書も作りが様々で、そう上手くはいかんのよね。
(高校の教科書はつまらなくてやる気が起きないまま…ていうのもあると思うし)

今回はとりあえず、上記(2)・(4)・(5)が一冊にまとまっている、僕推薦の参考書を紹介しましょう。


毎年出る頻出英作文

安いし、内容がしっかりしてるし、様々な使い方ができる、と三拍子そろった良書。
国立志望・私立志望どちらでも使えます。3章構成。

第1章の暗唱文編は、150の例文が文法事項ごとにまとめられている。解説は文法中心であっさりめです。
高校の教科書レベルで、覚えやすい。(これが難しいようだったら基礎力が足りないので、文法・単語を鍛えよう)
◆基礎固めとして、「日本語→英訳」と直していくのもいい(つまり暗唱ではなく、和文英訳の教材として使う)。面倒なら紙に書かなくても口に出して言ってみるだけでもいいです。
なお、これだけだと量が少なく、構文面がカバーできないので、できれば「構文」の参考書で補うと良いです(150文以上載ってるやつならなんでもいい)。

第2章は基本問題編。全150題で、1文を英語に直す問題です。
◆語句・考え方というヒントがついてる。
この本の特徴なのだが、第2章は第1章の例文の文法項目と対応してる。だから第1章をヒントとしても使えます。
このレベルは、あまりうんうん考え込まず、とりあえず自分で書いてみて、わからなかった部分は解答を覚えてしまうのがいいな。
(このくらいのレベルだと、自分で変に不自然な英語をひねり出すよりは、模範解答を覚えてしまったほうがいい)
解答として3通りの訳例がついているのがいいね。うち1つはアメリカ人の訳で、これも参考になる。
自習にも向いているし、自分の書いた答と違った表現を学ぶことは良い勉強になるよ。
◆何度も繰り返して、各例文がすらすら書けるように訓練するといいでしょう。
ここまでしっかりやるだけでも、入試標準レベルは十分できるようになります。
「頻出問題ダブルチェック」というのがあるけど、これは非常に重要!ちょっと日本語に直しにくい重要表現が集めてあります。

第3章はテーマ別(話題別)和文英訳で、2~3行程度のが72題。
レベルとしては阪大も入っていて、到達点は高いです。
入試本番を意識して、ヒントを見ずに、自力で考えて書いてみよう。なんとか部分点を取れるよう、自分の知っている単語を使って工夫すること。
レベルに対して解説があっさりめなので、できれば誰かに添削してもらうといいね
◆ここも3通りの答案例がついていて、それらを読むのも勉強になるよ。



英作文は時間をかけて対策すれば全然違ってくるよ!
大学に入っても英作文が必要となることは多い。高校生のうちから、文法的に正しい文を書けるようにしておこう。

タグ : 高校英語.英作文

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。