元塾講師による本のご紹介ブログ。大学入試参考書がメインです。

2018/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/01

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【高2のうちから数3やろう!シリーズ】
高2のうちから数3やろう!教科書編
高2のうちから数3やろう!おすすめ参考書(本質の解法)
高2のうちから数3やろう!教科書+本質の解法or研究ルート
高2のうちから数3やろう!おすすめ参考書(計算演習書)
高2のうちから数3やろう!おすすめ参考書(1対1対応の演習)

理系数学の入試では、数3の微分積分が最重要です。
理系の難関校では、微積が問題の半分以上を占めることも

数3の微積はパターンをいかに多く習得しているかが一つの鍵。「問題慣れ」とも言う。

ごくおおざっぱに言うと、
数学1A2B=思考力必要、数3=パターン&計算力重視
という感じ。(ただ、本当に難しい問題は、数3でも思考力が必要)
微積はただ解くだけじゃなく、速く・正確に解くことが要求される。
かなりの時間をかけて勉強しないと、点数に結びつかない。
しかし、逆に言えば、時間をかけた分だけ確実に得点になります

浪人は数3が強いといわれる。
浪人生は問題数をこなしており、パターン慣れしている。
時間をかけている分、計算力も高い。

一方、現役生は、下手すると数3終わるのが高3の秋~冬だったりする。
(僕の田舎公立高校でもそうでした。)
これでは数3を入試レベルまで引き上げるのはほぼ不可能!!
この罠を知らない現役生は多い。
しっかり戦略を立て、自分から積極的に学習しないと、難関大は受からないぞ!

僕は高2の夏から数3を独学でやり始めました。
このブログを見てる高2生の方、もしも難関理系を目指すのなら、今のうちに数3に手をつけよう!
※勉強の進め方、わからないことなど、何か聞きたいことがあったらコメント欄やメールでお願いしまっす。


<学習計画のめやす>
学習の仕方としては、まず数2Bを一通りやることになる。ひとまずは教科書を抑える程度でよい。
高2だと授業でも数2Bを習うから、1ヶ月を目安に学校でやってない範囲を終わらせよう。
・数Bは数列をやっておく。※ベクトルは重要な分野だが、数3との関連は薄い。
数2は三角関数の計算をしっかりできるように。数2の微積は、細かいテクニックもあるが、とりあえずは気にしなくて良い(いったん数3をやってから戻ってきたほうがわかりやすかったりする)。微分積分とはどういうものか、増減表の書き方などはしっかり頭にいれておこう。

そして、数3を。
目安としては、
2週間で極限の範囲を。
2週間で微分の計算。
1ヶ月で微分の応用。
1ヶ月で積分の計算を。

といったところか。「積分の応用」はやり出すとキリがないし難しいので、いちがいに時間は言えません。まあ「積分応用」は高3にさしかかって構いません。
個人差が大きいだろうから、あくまで目安に。
計算練習は十分に行おう(上記計画も計算練習を考慮に入れたものです)。でないと、上っ面をなぞるだけで定着しません。
特に積分の計算はとにかく量をこなして、速く・正確にできるように!

定期テストの勉強などが入るだろうが、冬休み・春休みを利用して、なるべく高3から数学全範囲の実戦演習にとりくめるようにしたい。



教科書はやっぱり重要(定理・公式の証明など大事)なので、おろそかにせず参照したい。

教科書は、数研出版のものがお薦め。タイトルに「新編」とついているものは易しめらしい。
入試を意識するなら「新編~」じゃない方がよいだろう。

幸いなことに、数研出版のグループ会社から教科書ガイド(教科書の問題の解答解説)が出ている。ちょい高いけどね…

テクニックは載っていないが、微積の「基礎~標準」はちゃんとおさえられるよ。



教科書の入手法だが、普通の書店には売ってない。
東京・神保町の三省堂には置いてあるけど…(数研のはあったかな~?)

僕の場合は先生にもらいました。
「数3の先取りをしたいんですけど…」と言ったら、
(先生)「じゃあ、余ってる教科書あげるよ!」と、あっさり(笑)

他には、
・仲の良い卒業生にもらう。
という手がある。教科書だし、譲ってもらえるでしょう。

どうしても教科書が入手できないという人はこれを。
「聞いてしまえばとっても簡単!本質の講義 数学3」

この本は、もともと検定教科書であったものに、音声講義と解答(pdfファイル。パソコンで見られる)を加えたもの。
レベルは数研より低めだが、取り組みやすいと思うぞ。これなら教科書ガイド不要です
※音声はパソコン上じゃないと再生できないらしいです。


なお、いきなりチャートで解法暗記、とかは薦められない。
数3は、教科書に書いてある「定理の証明」が重要なのだ。
だから、教科書を読むときにも、練習問題解くだけじゃなくて、証明法によーく注意してね。
コメント
この記事へのコメント
数Ⅲ先取り(予習?)
こんにちは。
僕は今高2で進学校に通っています。
難関大志望です。

さっそく本題ですが、
僕の学校の数学の授業では今、微分の応用があと少しで終わるくらいのところですが、
模試があるたびに授業中に過去問を配って解かせて全然進みません。

ですからこれから積分のとこを先取り(予習?)をしようと思っているのですが、
今予習してて、授業が再開された時、授業中に何をすればいいんでしょうか?
予習してて内容はだいたい分かってるから、授業無視して問題演習やるか、
とりあえず授業聞いて、みんなが教科書の問題解いてる時間に違う問題演習やるのか悩んでいます。
どちらがいいでしょうか?

もしくは他に授業時間のいい使い方があったら教えていただきたいです。

よろしくお願いします。
2013/01/21(月) 21:55 | URL | まっしゅ #BM3pBE0s[ 編集]
Re: 数Ⅲ先取り(予習?)
進学校でそれくらいの進度なら、学校のペースに合わせても大丈夫かと思いますが、
積分の教科書+アルファレベルを予習してもいいでしょう。
授業についてですが、一応基礎事項の説明は聞いたほうがいいです。
みんなが教科書の問題解いてる時間に問題集などやりましょう。
パターン練習的なものや、計算問題集(「合格る計算」、「カルキュール」など。学校の傍用問題集でもいい)
が適しているでしょう。

高3になり、入試演習になったらどうするかはまたその時ですけどね。
問題レベルが高く先生の説明が良かったら授業中心でいいし、
あまりにひどかったら完全に自習で進めることも考えるべきです。
2013/01/22(火) 09:16 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/05/03(土) 23:40 | | #[ 編集]
Re: タイトルなし
この記事の、「高2から数3をやった方がいい」というのは、理系難関大志望の人がそうしておくと有利という趣旨です。

学校の2Bがきついようなら、1A・2B分野をしっかり固めるのが大事です。
いまは学校の授業を理解することを優先しましょう。
2014/05/04(日) 20:56 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
高2で難関大学を志望してます
学校では数2の積分が終わり2学期からおそらくベクトルに入ります
自分は独学で数列を終わらせたので数3に入りたいのですが問題ないでしょうか?
2014/07/30(水) 19:58 | URL | #-[ 編集]
Re: タイトルなし
だいじょうぶですので、夏休みの間にどんどん学習を進めましょう。
2014/08/01(金) 23:42 | URL | 橘 薫 #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2018/06/14(木) 10:22 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://faceman29.blog62.fc2.com/tb.php/101-b6c31fcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。