元塾講師による本のご紹介ブログ。大学入試参考書がメインです。

2018/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/01

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※本質の解法については、ここにも記事を書いたので参考にしてください。

【高2のうちから数3やろう!シリーズ】
高2のうちから数3やろう!教科書編
高2のうちから数3やろう!おすすめ参考書(本質の解法)
高2のうちから数3やろう!教科書+本質の解法or研究ルート
高2のうちから数3やろう!おすすめ参考書(計算演習書)
高2のうちから数3やろう!おすすめ参考書(1対1対応の演習)



前回の「高2のうちから数3やろう!教科書編」では数3の先取り学習の重要性について述べました。
そこで言ったように、(特に数3の)先取り学習には教科書を軸にしてやるのがいい。
教科書とセットで使うのに向いている本は以下の4つがあります。
※参考書を選ぶ際の選択肢としてあげてるだけで、もちろん全部やる必要はありません。

本質の解法3C[旺文社](教科書レベルから始まり、難関レベルまで。網羅度が高い。以下で紹介。)
1対1対応の演習3[東京出版](入試の標準レベルが中心。入試対策という意味では非常に高いカバー率。有用なテクニックも身につく。しかし、教科書の確認レベルの問題は無いので、初学者にはきつい面も。)
カルキュール数学3C[駿台文庫](計算力の強化に)
4STEPなどの教科書傍用問題集(これも計算力の強化に。計算演習だけと割り切り、応用問題は解かない。上3つの参考書で解き方を学んだ後に使おう。4STEPじゃなくても学校で配布されるものでいいです。)

今回は、本質の解法について詳しく紹介します。


本質の解法 数学3C

◆僕の一番のお薦め。
網羅系問題集としては出色の出来。
開成高校の先生と長岡亮介先生とのタッグ。
(僕は放送大学の長岡先生の授業見てたけど、本当に分かりやすいんですよ!)
◆教科書レベルから難関大レベルまでと、少しずつ難易度が上がっていくので取り組みやすい。
だから、難関大志望者が先取り学習するのにも向いている。もちろん受験にまで長く使えるぞ。

◆問題の配置に注意がなされ、参照すべき問題が右欄に細かく示されている。
自分が解けなかった問題について、それと関連の深い問題をやり直すことが容易になっている。

解答の前に、「Map」という、ヒント・ポイント・公式のまとめがついている。
これが非常に良い。公式・定理については、ただ挙げるだけではなく、かなり踏み込んだ説明がされていることも多い。
また、考えてみて、方針が立たない問題は、「Map」をヒントとして利用することができるのだ。
問題の発想や公式の根本を知るのにも役立つぞ。ここはじっくり読もう!

◆問題は、例題+練習、章末問題で構成されている。
「練習」は例題と似た問題。例題とほぼ同じように解ける。例題をある程度進めた後、「練習」を復習としてやるのもいい。まあ、「練習」は時間が無い人は省いてもかまわない。
◆とりあえずは例題のマスターを目指してやるといいだろう。

◆例題は、
「CoreEx」(教科書の例題・練習レベルの基本問題)
「BlockEx」(入試でよく出る標準問題)
「SpecialEx」(上位校を狙うには欠かせない難問)

の三つに大きく分かれている。

◆CoreExは教科書+αレベルなので、初めて数3をやる場合には、教科書と併行させながら(=同時進行で)やるといいだろう。
◆BlockExの解き方なのだが、2つの利用法が考えられる。
(1)BlockExも教科書と同時進行で解く
BlockExは入試レベルなので、教科書と同時に進めるのはきついかもしれない。そういう時には、解答の前のポイント・ヒント(Map)を読んでから解くのでもいい。また、例題はあまり考えこまず解答を見てしまって、練習を自分で解くのでもよい。
(2)ある程度区切りのいいところまで教科書とCoreExだけで進め、その後、応用問題としてBlockExをやる。
数3を大ざっぱに区切ると、
  極限、微分の計算、微分応用、積分計算、積分応用
の5つくらいになる。各範囲の基礎を終えてから、BlockExをやっていくということ。
個人的にはこちらの方がお薦めかな。大体の見通しがわかってから難しい問題を解いたほうが定着しやすいだろう。

◆この問題集は、問題レベルが細かく分かれているので、自分の学力・志望校に応じて取捨選択できるのも強み。
使用を検討してみてはいかがでしょうか。

※関連参考書については追記に。
なお、同じく網羅系問題集としては青チャート

が有名だが、僕はあまりおすすめしない。
問題・解説が教科書的でつまらない(それが良いという人もいようが)。
解法も言ってしまえば凡庸である(特に『1対1対応の演習』などと比べて)。
また、量が多い。3Cは別冊解答含めて940ページ
これを一から初めて隅々までやるのは効率が悪い。
かといって、独学だと問題の取捨選択も難しいだろう。
チャートは、現行課程になって、例題はかなり易しくなった。そのしわ寄せが演習問題、章末問題に来ている。
例題だけだと到達点は低い。だから演習問題(少なくともAは)をやるのが必要なのだが、この解答があまり良くないのだ。


高校で採用されている人も多いかと思う(僕のとこもそうでした。しかもただ渡されただけ)が、無理に高校に合わせることはないぞ。
自分に合った参考書を見つけよう!
「本質の解法」は、かかる労力は青チャートの6割くらいだと思う。
僕は本質の解法を薦めますね。

本質の解法と同シリーズで
本質の研究

というのも出ている。
これは教科書的な説明(内容は教科書より踏み込んである)+問題。
教科書を持っていない人はこれでも代用できる。が、問題数が少ないために、基礎的な問題の演習が手薄になる。
使うのなら、易しめの問題集を併用するといいだろう。

タグ : 高校数学.入試準備 入試準備.数学 高校数学.数3勉強法

コメント
この記事へのコメント
本質の解法は素晴らしいですよね!僕も高校のとき使いました。例題・練習題をやったらスムーズに一対一につなげることができました
2010/10/26(火) 21:15 | URL | 伽羅 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
> 本質の解法は素晴らしいですよね!僕も高校のとき使いました。例題・練習題をやったらスムーズに一対一につなげることができました
解説が親切で理解が深まりますよね。意欲的な学習者に強くおすすめできる本です。
2010/10/27(水) 22:47 | URL | みかん #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/08/19(金) 23:55 | | #[ 編集]
Re: 数学
上記コメントを送ってくださった方、
文字化けを起こしていて読めないので、申し訳ないですが再度コメントお願いします。
2011/08/20(土) 00:10 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
高2の1月なんですけど、今から本質の解法3を始めて夏前までには
1対1を終わらせたいのですが可能でしょうか?
それならば、1日どのくらいのペースがお勧めですか?ご教授下さい。
2012/01/06(金) 00:46 | URL | #-[ 編集]
Re: タイトルなし
復習や数1A2Bの軽いおさらいも見込んだペースだと、
 2週間で「極限」、2週間で「微分の計算」、1ヶ月で「微分の応用」、1ヶ月で「積分の計算」 (「積分の応用」は高3になってから)
くらいです。
これだと5月くらいには数3全範囲終わり、6・7月で1対1対応をやれる。(演習題までは終わらないかもしれない)
本質の解法だけではなく、一応教科書を持っておいたほうがいいです。(持ってないなら「本質の講義」が教科書代わりになる)
頑張ってやればできないことは無いと思います。
やっても損にはならないので、とりあえず「極限」と「微分の計算」までやってみて、どのくらい時間がかかるか見てみてはどうでしょうか。
2012/01/06(金) 01:34 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
ありがとうございました
頑張って夏前までにやりたいと思います。 あと、友人から 合格る計算
というものを勧められたのですが並行してやった方がいいですか? もしご存知なら教えて下さい
2012/01/06(金) 18:08 | URL | #-[ 編集]
Re: タイトルなし
> ありがとうございました
> 頑張って夏前までにやりたいと思います。 あと、友人から 合格る計算
> というものを勧められたのですが並行してやった方がいいですか? もしご存知なら教えて下さい
合格る計算はちょっとゴチャゴチャしてる感じがあるけど、それが気にならないならわかりやすく良い本だと思います。
数3は計算も大事なので、ある程度学習が進んでから補助的に使用するとよいでしょう。
それから、前回のちょっと訂正ですが、
数3は極限の前に分数関数・無理関数など入るので、それ含めて「関数と極限」(微分の前まで)で3週間強かかるかもしれません。
まあ最初は焦らずきちんと理解することを目指せばいいと思います。
2012/01/07(土) 23:41 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
くだらない質問なんですが、学芸大学は受験を知ってる方たちには二次試験で簡単な方の問題ばかりなんでしょうか?
2013/05/13(月) 17:51 | URL | アドプト #-[ 編集]
Re: タイトルなし
> くだらない質問なんですが、学芸大学は受験を知ってる方たちには二次試験で簡単な方の問題ばかりなんでしょうか?
旺文社の大学入試問題正解によると、やや易~標準くらいです。
二次の受験科目数が少ないので、ミスなく点を取る必要があるでしょう。
2013/05/18(土) 02:43 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://faceman29.blog62.fc2.com/tb.php/102-eeae015b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。