元塾講師による本のご紹介ブログ。大学入試参考書がメインです。

2018/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/01

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※高校入試作文対策シリーズのリンク
都立高校入試作文対策1
都立高校入試作文対策2
都立高校入試作文対策3
都立高校入試作文対策4
都立高校入試作文対策5
入試小論文・作文について簡単なアドバイス



高校入試の作文で「やってはいけない」ことを集めてみました。
どれも基本的なことだが、意外とこれを守っていない答案が多い。
日頃から気をつけるとよいでしょう。

(1)同じ内容の文を繰り返してはいけない。
これがまずいのは、作文の内容にふくらみが無く、貧弱になるから。
また、採点者からすると、「字数かせぎ」と思ってしまうんですね。印象としても悪い。
書くことがないとどうしても繰り返しになる。書いている本人が字数かせぎかどうか分かるはずです。
文章の最初と最後に結論を繰り返す場合は仕方ないが、それでもできるだけ表現を変えたほうがいい。

(2)句読点をはっきり書く。
句読点とはテン「、」とマル「。」のことです。
これを適当に書く(テンだかマルだかわからないように書く)生徒が意外に多い。
また、「。」を「.」のように書く人を見かけるが、もちろんだめ。はっきりマルにしよう。

(3)文字数は9割以上は埋めよう
200字の作文だったら180字以上書くということ。
字数が少ないと減点されたり、最悪の場合は0点となったりします。

(4)書きはじめ、段落を変えたときは一マス下げる。
原稿用紙の使い方として、当たり前のことですが。
なお、作文ではない、普通の記述問題では一マス下げる必要はありません。

(5)漢字は正確に。
漢字間違いがあったら1点ずつ引かれます。
かといって、あまりに平仮名ばかりで書いていると印象が悪くなるし、点数が下がることがある。
あっているか自信のない漢字は、平仮名にするよりも別の表現(別の漢字)に変えたほうがいいでしょう。

(6)特殊記号は使わない方がいい。
「!」や「?」といった記号は、論理性が重視される作文や小論文では使わない方がよいです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://faceman29.blog62.fc2.com/tb.php/116-64e8773c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。