元塾講師による本のご紹介ブログ。大学入試参考書がメインです。

2018/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/01

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
んーと、今回は苦手な人がはまりやすい落とし穴について書こうと思います。
別にそういう人を馬鹿にするわけじゃないよ。僕自身の体験も含むからね。
予備校でそういう人を結構見て、「勉強法変えてみたら?」とアドバイスすることが多く、
みなさんの参考になればと思うのです。

前回の記事の補足的なもんなので、気楽に読んでください。



英語が苦手な人にありがちなんですが、とにもかくにも単語をやろうとする。
そこでどうするかというと、市販の単語集に手をつける。

英語参考書で最も売れているのは単語集だと聞く。
「英語の勉強=英単語の勉強」と思っている人もいるほどだ。

しかし、苦手な人は単語集やると飽きる。まず間違いなく飽きる。
しかも、単語集が完璧になるまで(※これはひどく労力がかかる)他のことに手がつかないんだ。


昔はA、B、Cと、アルファベット順に配列された単語集がよく売れていた。
最初のページを開くと、abandonで始まるわけです。
そんで、初めのうちは意気揚々とやっているのだが、先に進むにつれて最初の方を忘れちゃうから、また振り出しに戻る。
結局「A」で始まる単語だけ強くなって…という笑い話がある。
実は僕もその一人なんよw
年上のいとこから単語集もらったからやったのだが、A、B、C、ときて、Dくらいでもう投げてしまったな。
しかもこのやり方だと、長文読んでる時に単語の意味が思い浮かばないんだ(僕だけかも知れんがw)
単語集に載ってる場所で覚えてるから、他で単語をみかけたときにとっさに意味が出てこない。


学校で「単語テスト」なるものを行っているところもあるだろう。
それで覚えられる人はそれで全くかまわない(そういう人は「英語の得意な人」だと思う)。
でも、僕が塾で見ていると、
「一夜漬けで単語テストを乗り切る→テストが終わるときれいさっぱり忘れている」
という人が多い。
これでは意味がない。点数ばかりを気にして何も身につかないという悪いパターンだ。


確かに単語力は重要だ。
でも、英語の大学入試問題は単語テストではありません。
私立でも、純粋な単語問題はほとんど出ません。

単語力が試されるのは、多くは長文読解においてです。
故伊藤和夫氏もおっしゃっていたが、文脈を考えて単語の意味を決定するのも大切な英語の力なんだ。
これは非常に強調したい。
・わからない単語があっても、文の前後関係から意味を推測できる力
・単語に複数の意味がある場合(いわゆる多義語)、どの意味で使われているかを判断する力
これらは単語集をやっているのでは身につかない。
だから僕は長文を読む上で単語を身につけてほしいわけ。

あ、僕は単語集を全否定するわけじゃないよ。
ある程度学習を進めた人が確認に使うのにはよい。
なかなか長文に出てこない単語もあるから、その抜けをチェックするにもよい。
でも、苦手な人はまず教科書に出てくる単語を8割はマスターしてください。
そうしないと単語集やっても効率が悪いのです。


それから大事なことを。
英語は総合力。
 単語・文法・読解・リスニング・英作文…
これらをバラバラに切り離して学習してはだめだ。
相互に関連させて勉強したほうが身につきやすいし、実戦的でもあるのだ。
前に記事に書いた教科書音読の学習法だと、
・単語(長文を読みながら単語を勉強できる)
・リスニング(CDを聴いて自分でも読むから)
・読解(言うまでもない)
・文法(英文を理解するのに必要な文法は、教科書にバランスよく含まれている)

の4つが同時に、しかも基礎から学習できる。

もっと上のレベルを目指す場合でも、
このように総合的に学習するということは常に意識してほしいです。
僕はそれが自然な英語の身に付け方だと思っているからです。

タグ : 英語勉強法

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://faceman29.blog62.fc2.com/tb.php/128-e5d30a5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。