元塾講師による本のご紹介ブログ。大学入試参考書がメインです。

2018/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/02

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は高校の教科書レベルをクリアした人の勉強法についてです。


英語の初中級者によくある危険なパターンは、
「文法のことを考えず、単語の意味を適当につなぎながら読んでいる(=単語のつぎはぎ読み)」ということだ。
英語の長文を読む時に、わかる単語を拾って「大体こんな感じかなー」と、勘でストーリーを作っていく
これだと、あらすじの理解が「(たまたま)当たった」「はずれた」と不安定になる。

こういう人は初中級者には相当多いんだ。
僕が見るところでは、英検準2級くらいの生徒でも「単語のつぎはぎ読み」で済ましている人が結構いる。英検準2級には和訳が無いし、選択式だから、単語さえ知っていれば雑な読みでもごまかせるんだ。

だが、こういう読み方は大変危険だ。
大学入試のちょっとしたひっかけ(センターレベルでも)にはまるし、中級以上の和訳問題に対処できない。
このような勉強法では英語力の上昇は望めないぞ。

特に、高校の授業が「先生がただ日本語に訳しているだけ」という人は注意!
それは先生が、「正しい結果」を「日本語訳」として生徒に与えているだけだ。
それだと、生徒は予習の段階で読み間違いをしていても、「なぜその読み方がダメなのか」に気づかないままになってしまう。
「文法的にこうだから、これが正しい読みで、これが間違った読み」
と納得すること。それが無いと英語の力は全く伸びないぞ。

先生の言ったことをひたすら暗記してるから、定期テストでは良い点をとれる、
だが模試ではイマイチ…という人は要注意だ。



目指すのは「文法的に読む」ということだ。
英文の構造(形)を考えて読むということでもある。
英語は、ただ単語がだらーっと並んでいるわけではありません。
単語の並び方は文法というルールに従っているんだ。
細かいことは、次回にあげる参考書を見てほしいのですが…

僕からのアドバイスとして、以下の三つをあげておこう。
当たり前のことなんだけど、これらを意識するだけでだいぶ楽になるはずだぞ。



1)「かたまり」を意識する
これは「英単語のつぎはぎ読み」を脱出するために必要だ。単語をバラバラにではなく、まとまりとして考えるということだ。

いくつかの英単語が集まると「かたまり」として働くようになる。
これは文法用語だと、と呼ばれる(知らなかったら文法書で確認してください。必ず載っている)。
例えば、
「名詞節」というのは「名詞と同じ働きをする節」のことだ。だから、主語や目的語になれる。
「形容詞節」というのは「形容詞と同じ働きをする節」のこと。関係詞節がこれだね。これは名詞を修飾することができる。
複雑な文では、「ここからここまでが一かたまりだ」と思ったら、カッコ( )でくくると見やすくなるぞ。

2)文の骨格をつかむ
英文の骨組みは主語(S)、動詞(V)、目的語(O)、補語(C)からできています。
そしてこれらの並び方は「文型」という5つのパターン(=5文型)に従っています。
5文型は高校英語の文法では最初に習う。あやふやな人は早急に復習すること!!
これは長くて複雑な文を文法的に解剖するための手段となる。
上手に読解に生かしていこう。特に、主語(S)の発見が出来ないと文は読めません。
複雑な文は英文の下にSとかVとか書こう。

あ、言っておくけど、一読して意味がすぐにわかる文は、いちいちそんなことする必要はないぞ
あくまでも複雑な文を解剖するための補助手段です。

3)andに注目
andは言うまでもなく語句と語句を結ぶ言葉です。
でも、難しい文になると、andがどことどことを結ぶかがわかりにくくなる。
和訳問題ではこれをしっかり捉えてないと大きく減点されます。
[   ]and[  ]
のように、andがつなぐものを[ ]でくくってみるといい。

記号はなんでもいいですよ。自分の好みで工夫してください。

次回は「文法的に読解ができるようになる」参考書の紹介です。

タグ : 英語勉強法

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://faceman29.blog62.fc2.com/tb.php/131-263d4112
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。