元塾講師による本のご紹介ブログ。大学入試参考書がメインです。

2018/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/02

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何回かに渡って、数学の参考書の紹介をします。
おおむね易しいもの→難しいものと挙げていきます。
今回は高1・高2生向きの基礎固め用参考書です。



これでわかる数学(文英堂)

<レベル>
標準的な教科書と同じ。

<おすすめ度>(最大で★5つ)
高1・高2★★★☆☆~★★★★☆
受験時★☆☆☆☆

<コメント>
高校に入って教科書でつまづいた人、この本をやってみよう。

<良い点>
◆数学の参考書ではわかりやすい。基本がしっかりと身につけられる。
◆さくっと終わらせられるわけではないので、高校の授業の予習・復習用に、日常的に使うといいよ。

<悪い点>
類題、定期テスト対策問題の解説は良くない。例題だけやればしっかりやればいいよ。理解できるようなら類題もやるといいんだけどね。定期テスト対策問題はやる必要ない。
網羅性に期待してはいけないし、難易度的にも入試対策にはならない。これだけだとセンター試験も危ういよ。使うなら高1・高2で授業の補助として。それをふまえて使えば良い本です。



数学の基本演習(駿台文庫)

<レベル>
例題&類題は教科書傍用問題集レベル~入試標準の少し下辺り。

<おすすめ度>(最大で★5つ。)
高1・高2
★★★★☆
受験時
★★★☆☆

<コメント>
◆数1A、数2Bはなかなか良い。網羅系にしては量が少ないのだが、問題の選定が良い感じである。
数3Cの分野はあまりよくないかなー(1A2Bとは著者が違うし、問題も解説もあっさりしすぎてる感じ)。だから文系の人向きだと思います。
◆解説はあっさり気味。苦手な人にはきついと思う(計算過程がわからないとか)。
高1・高2で、教科書がわかるという人が、模試対策の復習などに使うのがよいだろう。高校で傍用問題集の解答・解説が配られない人はこの本を使うのもよい。

<良い点>
◆問題数が絞ってあり、教科書から入試レベルまでつなげられる。
軽めの網羅的参考書として使える。

<悪い点>
類書に比べ、解説がやや不足。苦手な人は途中計算でつまずくかもしれない。
◆類題が易しく、例題の練習にはあまりならない。
(例題を解いた直後だと、そのまま類題が解けてしまう)
だから日常的には例題だけを解いていき、区切りの良いところで、類題は確認として一気に解くのもよいでしょう。
◆演習問題がいきなり難しい(標準レベル以上の入試問題も含まれる)。これはやらずに飛ばすというのもアリ。誰か質問できる人がいればやってもいいでしょう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://faceman29.blog62.fc2.com/tb.php/149-cc62c8e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。