元塾講師による本のご紹介ブログ。大学入試参考書がメインです。

2018/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/02

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回はみんな知ってる青チャートのレビュー。
かなり辛口なものとなっているので、ご注意を。

塾・予備校で教えてた時の生徒や、このブログに来てくれる方から、
しばしばチャートについての不平不満を聞いたことがあった。
今回の記事は、そういう感想も少し反映させてあります。
僕自身、チャートで全然伸びなかった。
解いてて楽しくなかったし、はっきり言って好きではありません。

売れてるから採用して、ただ生徒に渡すだけ」という高校も悪いんだけどね…

あ、自分にチャートがうまく合うようだったらこれを使えばいいよ。
でも、もし自分に合わないようだったら遠慮することはない。他の参考書を使うことを考えてみよう。



チャート式 基礎からの数学シリーズ
(青チャート)

<レベル>
教科書レベル~入試やや難レベル

<おすすめ度>(最大で★5つ)
高1・高2
★☆☆☆☆
受験時
★☆☆☆☆

<コメント>
◆通称「青チャート」。数学の参考書では最も有名だと思う。が、挫折率も高い。
◆学校で配られる人も多いだろうが、「ただ配られるだけで自習状態」という人も相当いるだろう。はっきり言って自分が使いづらければこの参考書にこだわる必要はない。
・青チャートも基本例題は説明がそれなりに詳しい。でも、基本例題レベルならもっと取り組みやすい本は他にある(基礎問題精講など)。
・同レベルの網羅系としては「本質の解法」(旺文社)の方をおすすめする。
・基礎をおさえた人の受験対策としては「1対1対応の演習」(東京出版)や「標準問題精講」(旺文社)の方が、数を絞ってあってよい。


◆青チャートは、改訂するたびに段々悪くなっている気がする。<指針>の箇所は良くなったが、問題の配列、選定が悪くなった。厚さも増して、もはや辞書同然に。

以前の青チャートは例題だけでもかなり網羅できたが、新版になってそうはいかなくなった。例題に易しい問題が増え、その分入試標準レベルの問題が減少。だから、入試対策としては<演習問題>をやる必要があるのだが、難易度がバラバラ(早慶・京大の問題も普通に出てくる)で、しかも解説が不足。使いにくくなった。
「全部やると問題数が多すぎるから、使うのなら選んで解く必要あり。だが難易度の統一がとれていないせいで問題の取捨選択が困難。」ということになっている。

「真面目」な受験生はこれを隅から隅までマスターしようとして、下手すると効率が悪い勉強をすることになる。これがまずい。自分に合うのならチャートを使えばいいのだが、合わなかったらためらわずに他の本に変えよう。

<良い点>
◆<指針>はそれなりに役立つ。まあ現在では他書もこういうところは充実しているが・・・
◆やり終えれば入試レベルまで引き上げることができる。
◆高校で採用されていれば先生に質問できる。

<悪い点>
基本例題と重要例題の区別がうまくいっていない
基本例題の多くは教科書の中でも易しい問題。なので受験生は飛ばしたいところだが、ちらほらと受験で重要になる問題も入る。しかも重要例題のみだと問題数が少なく、網羅度がかなり低い。重要例題を中心として、基本例題と演習問題から選んでやっていきたいところだが、配列が悪く問題数が多いために困難である。
基本例題(易しい)も重要例題(難しい)も同じように1ページで解説
だから基本例題の説明はくどくなり、重要例題の解説はスペースの都合で雑になってしまう。このせいで、ただでさえバラバラな難易度の差が、余計にきつく感じられる。
題にもなっている「チャート(CHART)」が役に立たない。これは問題を解くときの標語(ポイント)みたいなものなのだが、例えば…
 CHART ベクトルの垂直 内積=0が効く
 CHART 似た問題 方法をまねる

そんなの当たり前だろ!と言いたくなる。ヒントとして機能していないよ。
◆「1対1対応の演習」や「標準問題精講」などと比べると、解説がいかにも教科書風で淡々としている。これに加えて量が多いので飽きやすい。
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/02/02(日) 10:09 | | #[ 編集]
Re: 青チャート 新課程
新課程版は、ワイド版を元にしているらしく、
旧版よりは問題の選び方と構成が良くなっている感じです。
ただ、込み入った問題や計算量の多い問題(特に数3)では
ページ数の都合から解説がはしょってあるのが問題ですね。
理解しやすい数学の方が使いやすいとおもいます。

2014/02/15(土) 01:56 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/02/15(土) 21:47 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://faceman29.blog62.fc2.com/tb.php/150-52fb3eba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。