元塾講師による本のご紹介ブログ。大学入試参考書がメインです。

2018/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/01

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
標準問題精講(旺文社)の紹介です。

旧旧旧課程(か、それ以前)では土師政雄さん(Z会の数学主任であられた)という方が書いてらして、
「標準」と銘打ちながらも難関大対策として使われていたこのシリーズ。
それから一旦、数学の「標準問題精講シリーズ」は姿を消した(と思う)。
その後、「解法のプロセス」というシリーズが旺文社から出て、これが新課程になって「標準問題精講」と名前を変えて発売された。

<レベル>
入試の易~難(範囲によって相当にレベルに違いがある。1A<2B<<3Cと難しくなる。1Aは教科書を終えたレベルから始まる。3Cは入試のやや難レベル寄りで、早慶・旧帝大レベルの難問も)
1Aは偏差値60弱、2Bは偏差値60~65、3Cは偏差値65以上の人が使うといいかな
分野につきバラツキがあるけど、全体としては「1対1対応の数学」(東京出版)と同じ位です。

<おすすめ度>(最大で★5つ)
高1・高2
★★★☆☆~★★★★★
受験時
★★★☆☆~★★★★★
※分野によって著者とレベルが違うので評価が難しい。<コメント>を参照してください。

<コメント>
このシリーズ…著者が分野によって違うんですよね。紙面の使い方も違うし…
それが痛い。統一してくれーと思う。
数1Aは相当良い。典型問題はこれで抑えられるし、<精講>、<解法のプロセス>によって、問題の着眼すべきところも鍛えられる。
薄いし、中堅大志望の受験生が最初に取り組む1冊としても適している。
数1Aに関しては「1対1対応の数学」(東京出版)より良いかもしれない。少なくともこちらの方が取り組みやすい。
ただ、数1Aの部分はレベルが低めで、本格的な入試対策としては不十分な面も。志望校のレベルに合わせて他の問題集(河合塾の「チョイス新標準問題集」(易しめ)や「理系数学の良問プラチカ」(難しめ)など)を追加しよう。
高1高2が使うのなら、日常学習用としてより、模試対策などの総復習用に使ったほうがいいだろう。

数2Bは1Aの部分よりは良くないかな。<精講>、<解法のプロセス>ともに1Aと比べると見劣りがする。解説も丁寧さに欠ける気がする。普通の人は数1A→2Bと進んでやるだろうから、解説のギャップに戸惑うかもしれない。

◆数3Cは難しいです(「1対1対応の演習」より難しい。だから厳しく感じたら「1対1対応の演習」の方を使うのもよい)。
難関大でもこのレベルが出来れば合格点取れるだろう。
ただ、問題数が少なく、演習量が不足する面もこの前に「基礎問題精講」や「チョイス新標準問題集」などをやって補いたい。

<良い点>
問題数が絞ってあり、入試の頻出問題を効率よく抑えられる。偏差値60代の人は、入試対策としてこの本をメインに使うのもよいだろう。
問題を解くときの筋道(プロセス)、思考の順序が<解法のプロセス>として簡潔にまとまっている。これはこのシリーズの特色。
「1対1対応の数学」よりも解説に癖がない。また、「1対1」より易しい問題も入っているのでとっつきやすい。

<悪い点>
分野によって難易度・解説の質にばらつきがある。1Aの範囲は、分量も少ないので、他の問題集も合わせて使うとよいかもしれない。
◆「標問」の解説は良いのだが、「演習」の解説が不十分で、あまりやる気がない
◆「単問的」な(=複合的でない)問題が多い。読解力が必要となったり、誘導に乗っていくような問題が少なめ。自分の志望校でそういう問題が出されるならば、このシリーズを終えた後に、他の問題集で補う必要がある。
コメント
この記事へのコメント
標問と1対1で迷っているのですが、どちらがいいでしょうか。
3C範囲のみなのですが、
到達レベル的には変わらないのでしょうか?
2011/06/15(水) 20:59 | URL | thee #-[ 編集]
Re: タイトルなし
到達レベルとしては、
1対1対応の例題と演習題やっても、標準問題精講と同じかそれより下かな。(3Cの範囲では)
標準問題精講には、「微積分/基礎の極意」とかぶる問題もあるので…
ただ、1対1対応の方が典型問題(国立中堅レベル)のカバーはしやすいと思います。
標準問題精講やるには、他に標準レベルの本(河合の「チョイス新標準問題集」など)をやっておく必要があるでしょう。
2011/06/17(金) 16:53 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/08/28(日) 20:06 | | #[ 編集]
Re: タイトルなし
・Z会の「短期集中インテンシブ」シリーズの[標準]または[発展]
もっとボリュームのあるものとしては、
・河合塾の「新こだわって」シリーズ
がよいでしょうか。東京出版の月刊大学への数学の該当号をやるのも有効と思われます。
2011/08/29(月) 18:36 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
標準問題精講の2bをやっています。この後ハイレベル精選やるつもりなんですが、演習問題もやらないとまずいですか?
2012/10/22(月) 14:45 | URL | #-[ 編集]
Re: タイトルなし
> 標準問題精講の2bをやっています。この後ハイレベル精選やるつもりなんですが、演習問題もやらないとまずいですか?
もうハイレベル精選に入ってしまっていいと思いますよ。
そして自分が弱いと感じたところを、標準問題精講の演習問題で復習していきましょう。
2012/10/23(火) 19:45 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
高2理系中堅国立志望です
基礎精講を終えたのですが、標問か1対1で迷っています。
そこで、出来が悪いとされている標問ⅡBを避け1対1のⅡだけ買ってみようと思うのですがどうでしょうか
やはり統一した方がいいですかね?
2012/11/12(月) 18:50 | URL | #KtOtvm9U[ 編集]
すいません、上記の者ですが標問で統一する事に落ち着きそうです
2012/11/13(火) 21:50 | URL | #KtOtvm9U[ 編集]
Re: タイトルなし
> すいません、上記の者ですが標問で統一する事に落ち着きそうです
お返事遅れてすみません。
1A2Bはとりあえず標問を進めてみてはどうでしょうか。
3Cは標問は難しすぎるので、チョイスか1対1対応の演習にするとよいかと思います。
2012/11/13(火) 22:56 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
3Cについては現在青チャを授業に合わせて進めてるのですがそれでも難しいでしょうか
見た所なんとかなるような気はしたのですが……
2012/11/14(水) 06:49 | URL | #KtOtvm9U[ 編集]
Re: タイトルなし
> 3Cについては現在青チャを授業に合わせて進めてるのですがそれでも難しいでしょうか
> 見た所なんとかなるような気はしたのですが……
あ、青チャートをやっていて、しかも高校で現在3Cをやっている進度なら大丈夫でしょう。
2012/11/14(水) 07:01 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
地方国公立医学部受験 本質の研究・解法の次 
再来年、地方国公立医学部受験を考えている社会人です。
受験する予定の大学は徳島大学や、島根大学辺りです。
現在、本質の研究を教科書代わりに、本質の解法を同時進行で解いています。
それが終わり次第、次の問題集に移りたいのですが、
数学の試験で確実に8割キープを目指すためには、
極選シリーズ、標準問題精講シリーズ、ハイレベル精選シリーズを、
どの様に組み合わせたらベストだと思われるでしょうか。
或いは、本質の解法まで完璧にすれば、8割を確実にキープできるでしょうか。
お手数ではあると思いますが、
宜しければ御返事お願致します。

因みに過去問は大学のホームページから確認出来ます。

徳島大学過去問

http://www.tokushima-u.ac.jp/admission/data/past_examination_question.html#kakomon24

島根大学過去問

http://www.shimane-u.ac.jp/nyushi/admission_data/past_questions/department/department24_1.html
2012/12/04(火) 22:45 | URL | K.F #WGv/JGO2[ 編集]
Re: 地方国公立医学部受験 本質の研究・解法の次 
島根大医
1A2Bは結構難しく、非典型的な問題が出ます(『ハイレベル精選』ほどではないが、『標問』だと傾向的に合わない感じ)。
本質の解法を、できれば章末問題までやり、
その後、大学への数学の「日々の演習」をやるといいです(難易度Dの問題は解けなくても良い)。
3Cは、難しくありません。ここで満点を取りたい。
3Cは本質の解法のみでよいでしょう。(3Cの章末問題はやらなくてもよい)

徳島大学
去年は難しかったようですが、例年は易しめです。以下、例年レベルの対策です。
1A2Bは難しくない(ミスは許されない)ので、本質の解法中心でよいでしょう。極選実践編をやるとなお良いです。
例年、数Cの行列が難しめで練習する必要がありますが、配点からすると、途中まで解けば十分8割超えると思われます。

どちらの大学もセンターで高得点が必要なので、そちらの対策も十分にこなすことが望まれます。
2012/12/07(金) 03:44 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
早速の御返事有難うございます<(_ _)>。
そうですか。やはり島根の1A2Bは難しいですか(^_^;)。
自分も過去問を確認したのですが、
何だか思っていたより難しいなぁと感じたものですから。
他の参考書のページも見させてもらっていますが、
非常に的確な御指摘で大変参考になります。
仰る通り、島根、徳島辺りはセンターが取れないと話になりませんから、
今からしっかり勉強して、満点を取る勢いで頑張りたいと思います。
2012/12/07(金) 19:35 | URL | K.F #WGv/JGO2[ 編集]
志望大のレベルを知りたい。
本当にいつも大変参考にさせてもらっています。

国公立医学部医学科再受験を考えている社会人です。

受験時代に、本質の解法の例題のみをやって、地方国立一般学部(文系)に受かりましたので、ボンヤリと記憶は頭に残っています。

志望大は第一志望徳島大学、第二志望信州大学です。

本質の解法は受験生時代にやりすぎてちょっと飽きてしまったので、今はフォーカスゴールドの1・Aから2・Bまでの例題で忘れている知識を補充し、1・Aは標準問題精講とチョイス、2・Bは一対一の例題を進めていて、Bは一対一は薄い印象があり、Bのみチョイスで補完しています。
3・Cはこれから入る予定です。

これから、どのような問題集を組み合わせていけばよいでしょうか?

徳島大の場合、K.Fさんへの質問の様に、本質の解法と極選をやるべきでしょうか?
本質の解法の場合、章末まででしょうか?章末は解説が薄いので出切れば他の本で代用したいのですが。

また、信州大学は他学部共通問題なので、基本的な問題が多いと思うのですが、どこら辺レベルの問題集を重点的に固めたら安定して8割(出切れば9割!)見込めそうでしょうか?

過去問を載せておきます。

徳島大学
http://www.tokushima-u.ac.jp/admission/data/past_examination_question.html#kakomon24

信州大学
http://www.shinshu-u.ac.jp/faculty/medicine/prospective/disclosure.html


以上、ご多忙かとは思いますが、アドバイス宜しくお願い致します。
2013/02/13(水) 15:07 | URL | ゲオルグ #-[ 編集]
Re: 志望大のレベルを知りたい。
徳島大は、本質の解法の例題ができれば良いくらいです。(例年の難易度だと章末はいらない)
数Cが少し難しいので、行列部分だけ、チョイスなどで補強すると良いと思います。
本質の解法が飽きているのなら、チョイスでどんどん演習していってもよいでしょう。
あんまり問題集の数を増やしても散漫になるので、(解法+)チョイスで行ってはどうでしょうか。
チョイスA問題はすらすら解ける、というくらいまで鍛えましょう。

信州大は、数学は標準レベルが多く、徳島より難しいです。
チョイスのB問題まで出来れば対応できます。
でも合格者でもなかなか9割はいかないのでは?計算が込み入っていたりして実際には点数が取りにくい感じです。
2013/02/13(水) 15:35 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
お返事ありがとうございます!

そうなんですか、「国立医学部=最低でも一対一を完璧に」と勝手に思い込んでいたんですが、そんなもんなんですか。

信州大は意外と難しいんですね。
それに、やはり9割は現実的な数字では無いですか。

これからはチョイスと本棚にしまっていた本質の解法メインで余力があれば、一対一で補強したいと思います。

ほんとうにありがとうございました。

あと、大変恐縮ですが、徳島の二次の英語についてのアドバイスも頂きたいので、いまから英語のコメント欄で質問させて頂きます。

2013/02/13(水) 16:53 | URL | ゲオルグ #-[ 編集]
大学への数学(研文書院)について。
以前、
島根大学と徳島大学の数学についてお伺いした者です。

一つ質問なのですが、

研文書院から、
大学への数学シリーズ
(いわゆる黒代数)が出版されているのは
御存じの事かと思いますが、
藤裏さんとしては、この参考書についてどうお考えなのか、
お伺いしたいと思いコメントさせていただきました。

現在の所、
思ったより数学の勉強は順調で、
本質の研究、本質の解法については、
4月中にはほぼ完ぺきに、
何を聞かれても返答出来る位にまで到達できそうです。

本当に理解したかどうかは、
5月から始まる河合等の模試を受けてからの評価となりますが、
たまたま書店で本質シリーズの同じ著者が書いた、
この本が目にとまり、立ち読みしてみたのですが、
思った以上に相性が良く、素直に頭の中に入って来ました(^_^;)。

中堅地方医学部レベルでは余り手を出さない本である事は、
重々承知なのですが、
如何せん、
このシリーズについて客観的な批評をしているサイトが意外と少なくて、
どう評価して、どう利用すればいいものか、
少々判断しかねています。

このシリーズの良い所、悪い所等、使い所等、
幾つか挙げてもらえると非常に助かります。

お忙しい所申し訳ありませんが、
宜しければコメントお願いします<(_ _)>。

2013/03/06(水) 22:48 | URL | K .F #WGv/JGO2[ 編集]
Re: 大学への数学(研文書院)について。
研文書院の大学への数学についてはいつか書きたいと思っていたのですが、
新課程も出ない感じがするし、懐古的な記事になってしまうでしょうか。
僕は研文書院の本、好きなんですけどね。

良いところは、
一流の数学者が書いたものであり、
厳密かつわかりやすくて教育的配慮が行き届いた解説でしょうね。
簡潔な中に必要なことがよく含まれていると思います。
高レベルの生徒じゃないとあまりありがたみが無いかもしれませんが。

悪いところは、
今の入試や模試の出題とやや傾向がずれていること。
頻出かどうかよりも、「数学的に興味深い事実を確かめさせる」というような問題が結構入っています。
もちろん傾向がずれていても数学の実力があれば問題ないのですが、
典型題→真似をして類題で練習、という勉強法(パターン学習)をしたい人には向かないと思います。

使うとしたら、
模試やテストの点数とは無関係に、数学的思考を鍛えたい高1・高2生でしょうか。
時間が取れる再受験の人にも良いかもしれません。
---------------------------
以上が一般論ですが、
「本質の研究」をやったのであれば、難易度・解説の仕方ともにかぶってくるし、どうかなと思います。
網羅系(に近い)本を追加するわけなので、バランスとしても良くないかなと。

本質の研究、本質の解法の章末問題がこなせるようなら、続けてそれを進めた方が良いでしょう。
島根大学の難易度を考えるのであれば、東京出版の「月刊大学への数学」の日日演なんかがよいけど、
解説の仕方に不満が出るかもしれません。
長岡氏の書き方が気に入っているのであれば極選シリーズでしょうか。

とりあえずは本質の研究、本質の解法をしっかりやることですね。
次やるものは、またメールかなんかで聞いてください。
2013/03/09(土) 04:56 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/08/28(水) 03:01 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/07/22(火) 08:56 | | #[ 編集]
Re: タイトルなし
標準問題精講は旧課程とほぼ同じ(数3範囲が変わったくらい)なので
これまでの使用法と全く同様と考えてよいです。
2014/07/27(日) 23:04 | URL | 橘 薫 #-[ 編集]
いつもブログ読ませていただいています、参考書選びについて少し悩みがありまして、質問させていただけたらと思います
私は医学部受験を考えている再受験生です
志望校としましては、旧官立大学、上位私立大学を考えています
標準問題精講の例題部分を全てマスターし終えたのですが、この後は

標問演習部分完璧に→ハイ選
というルートと
スタ演二冊完璧に→ハイ選
というルートではどちらのほうがよいのでしょうか?

今まで、標問は例題のみを使えばそれでいいと思って勉強してきたのですが、
他の参考書にむやみやたらに手を出さず、演習までしっかりとこなしたほうが、考え方の定着につながるのではないか
とも最近考え始めまして・・・

要はこういった参考書の演習題の価値というものについて、詳しくお伺いしたいのです

長々と申し訳ありません
ぜひ、よろしくお願いします
2014/09/01(月) 00:44 | URL | 再受験生 #65fpICiI[ 編集]
Re: タイトルなし
演習題までやるといいかどうかは、その人の学習進度や現在の状況によって違いますが・・・
受験生でなく、時間に余裕があれば演習題までやるのがもちろんよいですが、
受験生だと律儀に全てに取り組むのも効率的ではないでしょう。

あなたの場合だと、まず、スタ演に手を出すとやりきれず消化不良になってしまうと思います。
1A2Bはもうハイ選に進んでしまって、自分の弱いと感じた分野・ポイントについて、
標問の演習部分で定着させるとよいです。
数3も同様の進め方でもよいですが、
数3のハイ選は難しいので、標問の演習を完璧にし、そのまま志望校の過去問に行ってもかまわないでしょう。
2014/09/02(火) 19:56 | URL | 橘 薫 #-[ 編集]
ありがとうございます
スタンダード演習のことはいったん忘れ、ハイ選と標問をいかに効率的に使っていけるかを意識して勉強していきたいと思います

ちなみに、消化不良になる、というのは時間的な問題なのでしょうか?
もしくは、スタ演の難易度的に標問からでは無理があると言うことなのでしょうか?
2014/09/02(火) 20:26 | URL | 再受験生 #hSCFVYi.[ 編集]
Re: タイトルなし
単に時間的な問題ですね。
問題数多いですので。
難易度的には十分できます。
2014/09/02(火) 21:01 | URL | 橘 薫 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://faceman29.blog62.fc2.com/tb.php/151-752b0d62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。