元塾講師による本のご紹介ブログ。大学入試参考書がメインです。

2019/031234567891011121314151617181920212223242526272829302019/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1対1対応の演習(東京出版)のレビューです。
←1A
←2B
←3C

<レベル>
例題は入試の標準レベル(青チャートの演習問題Aくらい)
演習題は入試の標準~やや難
だいたい、高3初めの模試で偏差値60超の人が使うといいかな。
(高2の模試なら偏差値65以上)

<おすすめ度>(最大で★5つ)
高1・高2
★★★☆☆~★★★★★
受験時
★★★☆☆~★★★★★
(このシリーズがどうしても合わない人もいるので注意)
まずは一冊買い、自分の得意な分野のところをやってみて様子を見るといいよ。

<コメント>
◆分野によって難易度は違うが、例題は、だいたい入試の標準レベル中心。例題の大学名を見ると私立中堅くらいが多い。「標準」といっても、計算などの処理に工夫が必要なものを含むので、かなり歯ごたえがある。しかし、実際の入試には、私立の中堅大であっても、このくらいの問題が出されるのだ。そう思ってガッツで乗り越えよう。
演習題にはやや難レベルも含まれる。
応用が利くような解説スタイルなので、この本がすらすら解けるのなら入試のやや難レベルまで対処できると思うよ

旺文社の「標準問題精講」と、レベル(入試標準~やや難)・問題数(少なめ)・使用用途(高3からの入試対策)が似ている。
いきなり入試問題レベルなんで、入試基礎~標準レベルが出来て無い人は「1対1対応」はオススメしない
「大学への数学」シリーズの中では一二を争うほど有用な本。だが、「大学への数学」ならではのとっつきがたさもある。「最初の一冊」としては薦められない。他の本で基礎~標準を固めてからにしよう。

この本は「整数問題(数1)」「融合問題(数B)」にかなり紙面を割いているところに特色がある。特に融合問題は貴重。この分野は他の本ではあまり取り上げられていない。
数3の範囲は特に良く出来ているので、補助的というよりメインとして使用したい。難しめのところを受ける理系の人は早いうちから頑張ってやるといいよ。

「頭を使って考えるのが好き」という人にオススメだ。逆に「数学=解法暗記」と考えている人には向かないな。
数学が得意な人は高1・高2のうちから解いていこう!模試の前に、既習部分の腕試しとしてやるのもいい。相当力がつくぞ。見たことのある問題でも、深い解説によって得られるものがあるはずだ。

<良い点>
◆問題数が少ないので、高3からの入試対策本として使える。
思考力を要する問題が選んであり、ちょっとひねった問題にも対処できるようになる
◆解答の前に問題を解く際の方針が書かれている。これがこの本最大の長所と言って良い。自力で解きにくい場合のヒントとして使えるし、復習の時にも役に立つ。
面倒な計算を省けるテクニックがちりばめられている。使いこなせれば大きな武器になる。ただ、テクニックには振り回されないようにしよう。

<悪い点>
◆計算過程が略されている場合がある。
説明に癖があり、わかりにくく感じられるところがある。(ちょっと説明に舌足らずなところが。あと、もう少し図を入れたほうがわかりやすいと思う)
また、教科書とはちがった「大学への数学」独自の用語が出てきて、とまどうかもしれない。
どうしても合わないという人もいるだろう。そういう人は無理せず他の本(「標準問題精講」が大体同じレベル)に乗り換えよう。
◆これだけだと単純な計算問題の問題数が不足。教科書傍用問題集などで補おう。
コメント
この記事へのコメント
高2です

進研模試で偏差値67でも使いこなせるでしょうか?
2012/02/18(土) 10:59 | URL | 高2 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
ちょっときついかもしれないけど、
この本を使う際、偏差値よりも大事なのは「頭を使ってよく考えることができるか」だと思います。
まず数1あたりを1冊買って、例題だけやってみるといいですよ。
2012/02/19(日) 02:02 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
ありがとうございます。
1対1と並行して基礎レベルの参考書もやるべきでしょうか?それとも1対1だけでいいでしょうか?
2012/02/19(日) 20:18 | URL | 高2 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
> ありがとうございます。
> 1対1と並行して基礎レベルの参考書もやるべきでしょうか?それとも1対1だけでいいでしょうか?
1対1が全然できないようならチョイス新標準問題集などで補ったほうがいいでしょう。
でも基本的には1対1中心で進めればいいと思います。
2012/02/19(日) 21:38 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
ありがとうございます。1対1中心で進めていくことにします。
2012/02/19(日) 21:49 | URL | 高2 #-[ 編集]
本質の解法をしっかりやったあとで一対一に接続はできますか?
2012/03/28(水) 16:45 | URL | 浪人 #-[ 編集]
それともかぶる部分が多くて
無駄が多いでしょうか?
2012/03/28(水) 18:58 | URL | 浪人 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
レベル的にはかぶる部分もあるので、
・数1A2Bは伸ばしたい分野を1対1で補強(整数問題、融合問題、最大最小問題などは「本質の解法」は手薄)
・数3Cは1対1の演習題中心(演習題解けなかったら例題もやる)
という感じでやったらいかがでしょうか。
2012/03/28(水) 21:41 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
なるほど。要は本質の解法でできるようになった問題を飛ばしながらなら、一対一(例題のみ)をやる意味は十分ある、という解釈でよろしいでしょうか?
演習題はどうもやる気が起きませんで・・^^;
2012/03/28(水) 22:24 | URL | 浪人 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
いや、ほんとは演習題までやったほうがいいんですけどね。
まあ典型問題中心のとこ受けるんだったら例題まででも良いでしょう。
2012/03/28(水) 22:47 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
一対一ですか?!それは知りませんでした、よく「例外のみでいい」って聞いてたので;
志望は旧帝医です。他の科目はかなりできます。
2012/03/28(水) 23:09 | URL | 浪人 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
演習題は、パターン暗記では簡単に解けない問題を載せてあるし、せっかくの「1対1」の構成だし、やる意味は十分あると思いますけどね。
旧帝医志望なら、どのみち「医学部良問セレクト77」か「ハイレベル精選問題演習」をやる必要があります。
1対1はここへのつなぎ的参考書にあたるので、使える時間や自分の実力を考慮して、
取捨選択してやるといいでしょう。
2012/03/28(水) 23:32 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
>「医学部良問セレクト77」か「ハイレベル精選問題演習」をやる必要があります。
なるほど、書店で見てみますね。
自分としては一対一のあとは駿台の「理系標準問題集」をやりたいと思っていたのですが、この本の評価はいかがですか?自分としては「やさ理」の代用のつもりです。
こちらの方が問題の選定とか解説が好みだったので。
2012/03/29(木) 11:57 | URL | 浪人 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
駿台の「理系標準問題集」は、「医学部良問セレクト77」・「ハイレベル精選問題演習」よりやや易しいくらいでしょうか。
それでもかなりレベルが高い本だし、解答解説がしっかりしているので、気に入るようならそちらをやってもいいでしょう。
2012/03/29(木) 15:50 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
了解しました。非常に参考になりました。ご丁寧にどうもありがとうございました!
2012/03/29(木) 18:46 | URL | 浪人 #-[ 編集]
数学3の計算演習はどんな問題集がオススメですか?
2012/04/12(木) 00:22 | URL | #-[ 編集]
Re: タイトルなし
計算演習は、高校で配られた教科書傍用問題集(数研出版の4STEPなど)で十分ですが、途中計算や解説がついていないかもしれません。

計算用の問題集としては、
駿台の「カルキュール数学3C」
文英堂の「合格る計算数学3C」がいいでしょう。
2012/04/12(木) 15:47 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
今高2で、黄チャート→1対1とやってきてもうすぐ終わります。次にやるには何の問題集がいいんでしょうか。偏差値は全統で65程度です。
目標としている大学は東北大・工です。
2013/11/25(月) 18:23 | URL | n #-[ 編集]
Re: タイトルなし
> 今高2で、黄チャート→1対1とやってきてもうすぐ終わります。次にやるには何の問題集がいいんでしょうか。偏差値は全統で65程度です。
> 目標としている大学は東北大・工です。

まとめ的な本として、「ハイレベル数学1・A・2・Bの完全攻略」(駿台)がおすすめです。
1A2Bは、1対1(演習題も含める)とこの本で当分良いでしょう。
ここまでのペースは非常に良いので、あとは3Cをどれだけ頑張って進められるかが鍵になると思います。
2013/11/27(水) 08:37 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/05/12(月) 12:37 | | #[ 編集]
Re: 1対1対応の演習
数学の実力があり、1対1から過去問へ直接つなげられるようであればそれでもいいですね。
一般的にはそれは難しいので、旺文社の「ハイレベル精選問題演習」なんかを挟むとよいでしょう。
この本は旧課程なので、数3の複素数が入試に出るようなら月刊大学への数学で補ってください。
2014/05/14(水) 05:35 | URL | 橘 薫 #-[ 編集]
早速、買って解いてみましたが、名前の通りハイレベルですね。頑張ってこなしてみます。ご丁寧なアドバイスありがとうございました。
2014/05/14(水) 14:08 | URL | k.m #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://faceman29.blog62.fc2.com/tb.php/152-5118cec8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。