元塾講師による本のご紹介ブログ。大学入試参考書がメインです。

2019/031234567891011121314151617181920212223242526272829302019/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
知ったばかりのR言語を試してみる

高校の教科書にもある、2つの円形波の干渉の図です。(クリックで拡大されます)
斜め上から見るとこんな感じになります

干渉2
干渉1

僕の頃の物理の教科書では真上から見た図しかなく(したがって立体的ではない)、
独学初見時には何のことかさっぱりわからんかった

だったら自分で描くかと思って、高校生のころパソコンでプログラムを組もうとしました。

当時のマイPCは父のお下がりで、超古い骨董品です。
なにせ8色しか出ません(笑
音はビープ音しかならない

当時はBASICというもので描いたのだが(今のセンター試験にもあるんだろうか、BASICの問題)
上のような図を作成するのでも、BASICでは結構苦労しました。(独学で試行錯誤だったし…)
苦労した分、感動もひとしおでした。




こちらはMaximaで描いたもの。
高低が色つきで表示されてます。
高さ0のところ(水色部分)が双曲線になってるのがよくわかる!
干渉3
干渉4


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://faceman29.blog62.fc2.com/tb.php/174-70a26d7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。