元塾講師による本のご紹介ブログ。大学入試参考書がメインです。

2018/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/01

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東大理系用の数学参考書プラン、夏休み(7月半ば~8月いっぱい)についてです。
※東大理系用の数学参考書プランは以下の記事に分けて書いてあります。
東大理系用の数学参考書プラン(1学期)
東大理系用の数学参考書プラン(夏休み)
東大理系用の数学参考書プラン(2学期~直前)



夏休み

【使う本】
<1A2B>

・1学期に使っていた本(本質の解法や1対1対応の演習など)
数学1+A+2+B極選43 発展編(43題)
ハイレベル精選問題演習数学1+A+2+B(102題)(※途中まで。続きは2学期に)

<数3>
微積分/基礎の極意
または
大学への数学増刊 数学3Cスタンダード演習の「実戦演習」部分(9章、10章)

<過去問>
センター過去問…入試の軌跡(東京出版)など。どこの出版社のものでもいい。
東大過去問…青本(駿台)と入試の軌跡(東京出版)




【学習法】
<1A2B>

◆1学期に「本質の解法」など網羅系を使っていた人は、遅くとも夏中に終わらせておきたい(律儀に全ての例題をやる必要はないが、網羅系の例題を楽々こなせる位の学力を身につけておくということ)。できなかった問題の復習も完了すること。
◆1学期に「1対1対応の演習」を使っていた人も、夏が終わるまでに演習題までやりたい。

◆「数学1+A+2+B極選43 発展編」は、整数問題・図形問題も入っていて、東大志望者に有益だろう
問題数は少ない。未知の問題に出会ったときに、どういう風に考えたら良いか、どう発想したら良いかをこれで鍛えよう。
過去問・難問演習へのつなぎになる本

◆「ハイレベル精選問題演習」の1A2B分野。
これを夏から秋にかけて取り組みたい。これも問題数としては少なめなので、焦らず急がず、1問1問しっかり理解しよう。

<3C>
◆「基礎の極意」の第3部はテーマ別になっている。微積の典型問題をおさえるために。また、私立対策のためにも。
「大学への数学増刊 数学3Cスタンダード演習」をやるのなら、「実戦演習」(9章、10章)中心にやろう(約50題)。ここは総合問題で、入試やや難の問題が集められている。難関大や医学部の入試ではこのあたりがしっかりできるかどうかで差がつくよ。
※「数学3Cスタンダード演習」の1~8章は、大体「1対1対応の演習」と同レベル。9章・10章をやって、自分が不得意な分野・演習を積みたい分野に絞って1~8章で演習するというのがいいだろう。

特に現役生は、高校の授業の進度や演習量の関係上、数3C部分が弱くなりがちだ。数3は反復演習が大事なので、新しい本に手を出す前に、1学期に手をつけた本(1対1対応の演習など)をしっかりこなすことを心がけよう。

<過去問>
夏のうちにセンター、東大、いずれも2~3年分は必ずやっておきたい。(余裕があるのなら滑り止めの大学のも)
志望大の過去問を夏にやっておかないと、これからの学習の見通しが立たなくなる。この時点で自分の弱点を把握しておくことが非常に大事である。
できれば夏休みの初期に1年でいいから解きたいところだ。
各予備校で第1回の東大模試があるだろうから、模試の復習をして、その後に過去問をやると時期的によいだろうか。
◆東大過去問は青本(駿台から出てるもの。厳密)と入試の軌跡(東京出版から出てるもの。略解気味。)を買い、自分の答案はその中間くらいの詳しさになるように書くといい。
なお、昔、Z会から「緑本」という過去問集が出てた。これは使いやすいので、高校や予備校に置いてあれば利用してもいい。
◆センター過去問はどこの出版社のものでもいいが、僕は入試の軌跡を使ってました。


※以下追記で、記事中の本を紹介しておきます。
・数学1+A+2+B極選43 発展編


・ハイレベル精選問題演習数学1+A+2+B


・微積分/基礎の極意


・大学への数学増刊 数学3Cスタンダード演習


・入試の軌跡/東大


タグ : 高校数学.東大対策 東大対策.数学

コメント
この記事へのコメント
数3Cスタンダード演習について
はじめまして。数3Cスタンダード演習の部分で質問なのですが、夏休みにこなす数3Cの問題集で、スタンダード演習と基礎の極意以外で代わりになるものはありますか?よろしくお願いします。
2012/04/30(月) 16:38 | URL | shin #-[ 編集]
Re: 数3Cスタンダード演習について
Z会の「短期集中 インテンシブ10 微分・積分[発展]」が、40題、標準~やや難レベルでいいと思います。
著者は「基礎問題精講」と同じ人で、解説もわかりやすいです。

他には、河合出版の「新こだわって!2 微分積分 標準・発展編」。
76題で、標準~難レベルです。
2012/05/01(火) 16:30 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
高3で1対1をあやってるのですが、いつまでに終わらせればいいですか?
これが終わったらやさ理と基礎の極意やろうとおもうのですが、いつまでに終わらせればいいですが?
2013/05/16(木) 00:21 | URL | #-[ 編集]
Re: タイトルなし
そのプランであればおよそ夏くらいを目安にするとよいかと思います。
2013/05/18(土) 02:44 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://faceman29.blog62.fc2.com/tb.php/178-1d4b31e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。