元塾講師による本のご紹介ブログ。大学入試参考書がメインです。

2018/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/01

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
古文の上級者向き問題集・参考書、記述対策問題集の紹介です。
おすすめ古文長文問題集(基礎~入試やや易レベル)
おすすめ古文長文問題集(入試標準~やや難レベル)
おすすめ古文長文問題集(入試難レベル)

★が多いほどおすすめ(最大5つ)。

入試精選問題集古文
★★★☆☆

◆入試のやや難中心。難レベルも含む。
中堅~難関私大と中堅国公立の、実際の入試問題を収録してある
国立大は大学レベルこそ中堅だが、ハードな記述問題を含み、大学名以上に難しい。
予備校に行ってない人は難しく感じるかもしれないが、このレベルが実際に出題されているんだ。
難関大志望の人は頑張ってやろう!
◆解説は単語・文法面が中心。
古文本文が相当難しいものを含むので、どう読み進んでいったらよいか、という内容面の解説がもっと充実してほしいところだ。
これは河合の他の古文参考書にも言えるが…まあ実戦問題集として使えばいいでしょう。
※古文本文の読み方については、「土屋の古文講義1」、「はじめの一歩古文読解問題集」などを利用しよう。
記述問題の解答には採点基準明記
◆このレベルが出来れば、他の受験生に遅れをとることはないはず。
23題だが、復習にも時間がかかるので、夏~2学期でじっくりと取り組みたい。
※駿台の『古文必修問題集』は内容面の解説が詳しく、
河合の『入試精選問題集』は文法・単語が詳しい感じです。


最強の古文
★☆☆☆☆
Z会のHPや提携書店で購入できます。
この本は使い所が難しい。近世の作品など、普通の問題集では手薄になりがちなところをカバーするための本だ。志望校が出題する作品の傾向(時代・ジャンル)がはっきりしている場合に、補助的に使うとよい。
◆なにしろ50問もあり、普通の人には不要な問題を含むので、やみくもに全部やるのは得策ではない。(この本は古事記・万葉集で始まるが、現在の入試ではこれらが単独で出題されることはまずありません。
さいわい、ジャンル別・時代別になってるので、志望校の出題傾向を見て、問題を絞って取り組むべきだ。
◆「最強」かどうかはともかく、歯ごたえのある問題が選んである。他の問題集を終えてからの使用になるだろう。
使うとすれば、冬~直前期に、過去問も終えて、もう他にすることがなくなった人か。
◆設問形式としては私大色が濃い。設問は著者の手が加えてあったり、追加されていたりするもよう。ときおり設問に古くささを感じるのが難点である
この本は初版が1993年だが、その元となった「古文セミナー」は今から30年以上前の本。全体的に古いのは仕方ないか。
繰り返すが、ジャンル・時代を絞って使うのが吉。

得点奪取古文
★★★★☆

記述対策で有名な本。国立大を受ける人に好んで使われている。
ものすごい難問は無いです。旧帝大レベルだと、過去問演習などでもう少し上乗せが必要か。
◆レベルとしては中堅にあたる国立大でも、難しめの記述問題が出たりする。
だから過去問を自分で見て、記述問題が多かったらこの本を使おう。実戦演習として冬~直前に使うのがいい。
この本は「仕上げ」に当たるので、単語・文法はしっかり学習していることが前提である。
本文の内容把握(主語の判定や本文をどう読み進めたらよいか)について弱いのが難点。
(難しい問題は、単語・文法ではなく内容が難しいから)
※古文本文の読み方については、「土屋の古文講義1」、「はじめの一歩古文読解問題集」などを利用しよう。
◆第1部で記述問題の対処法を学び、第2部のオリジナル問題で実践するという構成。
実例答案・採点基準付きで、一人で添削できるのがいいね。

ライジング古文
★★★★☆~★★★★★(基礎の固まった人に向く)

◆やはり記述対策として。難関国立大の問題中心。
◆テーマ別になっていて、導入問題で着実に力をつけることができる。
まずは導入問題だけ通してやり(冬までに)、冬期・直前期に入試問題に取り組むというのも一つのやり方だ。
◆東大はこの本のレベルができれば安心だが、京大はもうちょっと過去問で演習したほうがいい。
◆「得点奪取古文」は演習重視だけど、「ライジング古文」は実力養成用としても使える。
また、「得点奪取古文」はオリジナル問題、「ライジング古文」は実際の過去問中心というところも違っている。

この本については過去に記事を書いたので、参考にしてください。
コメント
この記事へのコメント
こんにちは
質問させてもらいます
現在二年で阪大志望なのですが
文法と単語が固まった後でなにか一冊はさんでから
ライジング古文に移りたいとおもっています
おすすめはどの本でしょうか?
2013/03/07(木) 01:02 | URL | #-[ 編集]
すみません↑の者ですが
質問の訂正をさせてもらいます

得点奪取古文か
ライジング古文を
毎年出る頻出古典の次にしようと思っています
どちらがおすすめでしょうか
2013/03/08(金) 21:36 | URL | #-[ 編集]
Re: タイトルなし
毎年出る頻出古典は難易度が高めなので、
単語・文法復習の意味を込めて、「中堅私大古文演習」でも良いかもしれません。
得点奪取古文かライジング古文かはもうほとんど各自の好みですが、
力を付ける意味ではライジング古文の方が適しているかなと思います。
2013/03/09(土) 05:00 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
本当に何度もすみません
学校でおそらく春ごろに中堅私大古文演習レベルの問題集をするので夏ごろに毎年出る頻出古典をしようと思ったのです
2013/03/09(土) 22:58 | URL | #-[ 編集]
Re: タイトルなし
> 本当に何度もすみません
> 学校でおそらく春ごろに中堅私大古文演習レベルの問題集をするので夏ごろに毎年出る頻出古典をしようと思ったのです
あ、そうでしたか。だったら毎年出る頻出古典で良いと思いますよ。
2013/03/10(日) 02:44 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
東大・早慶(理系)対策として、古文解釈は、
古文解釈はじめの一歩+はじめの一歩問題集→古文上達基礎編→入試精選問題集古文→得点奪取古文
でいいですか?
2016/04/23(土) 16:26 | URL | #-[ 編集]
Re: タイトルなし
> 東大・早慶(理系)対策として、古文解釈は、
> 古文解釈はじめの一歩+はじめの一歩問題集→古文上達基礎編→入試精選問題集古文→得点奪取古文
> でいいですか?

かける時間と労力的に、「入試精選問題集古文」は飛ばしても問題ないと思いますよ。
2016/04/23(土) 17:47 | URL | 橘 薫 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://faceman29.blog62.fc2.com/tb.php/186-2e479fe7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。