元塾講師による本のご紹介ブログ。大学入試参考書がメインです。

2018/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/01

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※英語の長文問題集のオススメ一覧
英語長文問題集(高1~高2・入試基礎レベル)
英語長文問題集(入試やや易レベル)
英語長文問題集(入試標準レベル)
英語長文問題集(入試やや難レベル)
英語長文問題集(入試難レベル)


◆入試標準レベルの英語長文問題集の紹介。
◆レベルとしては、地方国立大やや易~標準レベル私大では中堅私大。MARCH(=明治・青山・立教・中央・法政)レベルより易しいくらい、といったところでしょうか。
◆なお、国立大の本格的な記述問題は「やや難レベル」の記事を見て下さい。

「"毎年出る"頻出 やさしめ英語長文」は、問題文の内容がしっかりしていて読みごたえがあり、読解力育成にはもってこいだ。僕おすすめの本。
力のある人なら高2でも出来るだろう。
設問形式は古いのが混じってるのであまり気にせずに。本文そのものが読めていれば良しとしよう。
「"毎年出る"頻出英語長文(日栄社)」は売れ筋で、本文の解説が丁寧なため受験生からの評判もいい。
「長文問題のトレーニング 必修編」(Z会)もバランス良く、英語の実力が着実に付く良書だ。

★が多いほどおすすめ(最大3つ)。☆は星半個分です。


"毎年出る"頻出 やさしめ英語長文
★★★☆☆~★★★★★(設問形式が古いため、直接の受験対策としては評価が下がる。また、人によって合う合わないがある。ただ、個人的にはとても好きな本。)

◆短大からの出題も含まれるが、長文本文の内容が濃く、適当には読めないものが選ばれている。しっかり理解しようとすると意外と骨が折れる。
文法的にも複雑な文を含む。
これをやると、長文問題の難しさは量(長さ)ではなく、質にあるということが分かるだろう。
◆ヘレンケラーの文章など、含蓄のある名文がおさめられている。
内容のある文章を読みたいという人におすすめだ。
◆本文の解説は、構文把握を中心として非常に詳しく、解釈一般・文法にまで話が及ぶ。
長文問題集としてはトップクラスの詳しさ。同シリーズの「"毎年出る"頻出英語長文」をしのぐ。
説明の仕方も硬派で、人によっては詳しすぎると感じるだろう。)
文法面で相当突っ込んでいる感じがあり、文法が好きな人は気に入ると思う。
設問形式は、現在の入試傾向とやや外れる部分がある。 「~を~に書き換えよ」という書き換え問題は解かずに、解答見てしまっていい。文法問題も、今の入試ではこういう形では出ないかな…
この本は、本文がしっかり理解できればいいです。
設問の対処法を学びたいのなら『英語総合問題演習』なんかをやろう。


長文問題のトレーニング 必修編(Z会出版)
★★★★☆

入試のやや易~やや難レベル。問題にはレベルも表示されています。
◆出題校は、明星大2問、中部大、秋田大、関西学院大2問、神戸大、九州大、甲南大、福井大、金沢大、千葉大。
このほか、オリジナル問題が8問で、計20問。
問題の難易度にちょっとバラつきがあるのが気になるかもしれないが、バランスがいいし、無難に出来ている本だ。
◆問題は私立・国立両方含まれる。実際の入試の問題(Step1)に加え、内容把握・単語チェック(Step2)も出来るようになっている。
だから意外と時間がかかります。Step2は復習時にやるのでもいいです。
夏あたりに実力養成用としてやるのに向いてるかな。
※あまり長文慣れしてない人は単語が少し難しく感じるかもしれない。問題を解き終えてから知らない単語は辞書で必ず調べよう。
◆英文の内容は現在の入試に好んで出題されそうなもので、科学・環境といった理系のテーマもおさえてあるのが良いね。
※なお、この発展編も出ているが、これは難関大の入試問題。2学期からでよいだろう。

"毎年出る"頻出英語長文(日栄社)
★★★★★

入試の標準レベル中心、やや難も含む。最初は易しめで、徐々に問題レベルが上がっていく。
国立・私立両方に対応。本文解説はとても丁寧。一文一文説明されてます。
設問解説はあっさりです。本文が読めれば解ける問題が多いのでそんなに困らないが。
解法を求める人は他の本を使おう。
◆良問をそろえてある。穏やかで力を試すのに適した問題、と言える。
◆「"毎年出る"頻出 やさしめ英語長文」と同シリーズ(著者は違う)だが、そちらよりももっと現在の入試を意識した作りになっている。
非常に有名な本であり、予備校講師で薦める人も多い
分量が結構ある。夏くらいにやる1冊としておすすめ。難関大を受ける人も、標準レベルを固めるためにやるといいでしょう。

コメント
この記事へのコメント
こんにちは。私はもう受験を終わった人間なのですが家庭教師をしてまして、ここのサイトの参考書の紹介が非常に丁寧なのでたまに参考にさせてもらってます。
毎年でるシリーズを紹介されるとは僕自身受験生のとき使っていたので懐かしい思いでいっぱいです。
僕が生徒に使わせている問題集でマイナーなものなんですが長文読解アドバンテージという参考書はいかがでしょうか?
最低限度の構文がとれる~ある程度の構文がとれるレベル向けに重要な構文の解説、文章展開のアウトライン、問題解説も自習向けに的している量、問題数も21題とそれなりにあり徐々に英文を長くしていく仕様。入試標準レベル以上の英文の「数」をこなしていくレベルに達している受験生には毎年でるがいいと思いますが難しい構文はまだとれないというレベルのかたが長文と並行してやるにはいいと思います。
本屋に寄った折、お時間がありましたらぜひ手にとってみてみてください。
長々と長文失礼しました。
2011/11/24(木) 11:16 | URL | #-[ 編集]
Re: タイトルなし
ブログ見て下さってありがとうございます。
長文読解アドバンテージは気になっているのですが、近所の書店になく、
アマゾンの中古品で安く出てたら買おうかなーと思っていたのです。
なので、出来ればレビューには載せたいのですが、僕の金銭事情とアマゾンの値下がり次第、ということですね(笑

懐かしい参考書も色々持ってるのですが、絶版になってるもの紹介すると今の受験生に悪いかなーと思って控え気味にしています。
徐々に大学生・社会人向きの本も紹介したいと思っているのですが、受験参考書紹介の整理が先ですね。
2011/11/24(木) 19:01 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
なるほど
アマゾンには受験時代すごくお世話んなりました。マケプラはいまだに重宝してます笑

懐かしい参考書ですか…
英作文の勉強法・参考書 簡易版と同じことを受験生のときに考えていたので整序英作文英語国生の直前講習(絶版)→センター過去問→語法・構文完璧演習 入試英語(絶版)の条件英作文の章をやって英作文の演習に移ったことを思い出しました。懐かしい参考書の紹介楽しみにしてます!
2011/11/24(木) 23:10 | URL | #-[ 編集]
はじめまして、参考書について質問させてください。現在やっておきたい英語長文300をやっているのですがこの参考書の位置づけはみかん箱Blogさんのなかではどのレベルになるのでしょうか?千葉大は超長文もでることはあるが基本的に文章自体は標準的だと教師にいわれ上記の参考書をとりあえずはじめたのです。が、次につなげる問題集をどうしようかと考えていましてこのBlogでいうやや難に手を出すのかそれとも入試標準レベルをやるべきなのか…方向性を知りたいのでコメントいただけると助かります。
2012/06/28(木) 01:02 | URL | 千葉大志望 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
確かに千葉大は例年だと標準的な問題です。(当ブログの入試標準レベルくらい)
ただ、和訳と内容説明が多いので、英語の実力がはっきり点数になって現れる。
レベルとしては、
・新こだわって!英語長文読解標準(河合出版)
くらいでしょう。だから最終的にここを目指してやればいいです。

やっておきたい300は当ブログだと、やや易くらい。
だから、その後に
・長文問題のトレーニング 必修編(Z会出版)
をやれば良いと思います。(これには千葉大の問題も1問はいっているし)
これらと高校の問題集や、センター対策を合わせてやっていれば、ちょうど良い分量になるでしょう。
2012/06/28(木) 09:20 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
今、基礎英文解釈の技術100をやっているのですが、これが終わってからは頻出やさしめ英語長文を予定しているんですが、上手く繋げれますか?今までは単語・文法・解釈だけをやっていて、長文は解いてません。
2012/12/12(水) 19:33 | URL | naoki #-[ 編集]
Re: タイトルなし
無理なく進めることができるでしょう。頻出やさしめ英語長文は、本文の読解を中心にやっていけばいいです。
2012/12/13(木) 03:10 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
アドバイスありがとうございます。もう一つ聞きたいんですが、志望大が神戸大なんですが、長文はどのレベルまでやれば良いでしょうか?
2012/12/13(木) 15:11 | URL | naoki #-[ 編集]
Re: タイトルなし
やや難レベルの『長文読解アドバンテージ』までやっておけば安心でしょう。
これは高3夏以降でよいです。
2012/12/13(木) 23:00 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
本だけでなく時期のアドバイスもしていただきありがとうございます。これからも何か質問することがあると思うので、その時もよろしくお願いします!!
2012/12/14(金) 00:39 | URL | naoki #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://faceman29.blog62.fc2.com/tb.php/220-cd5b134b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。