元塾講師による本のご紹介ブログ。大学入試参考書がメインです。

2018/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/01

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※英語の長文問題集のオススメ一覧
英語長文問題集(高1~高2・入試基礎レベル)
英語長文問題集(入試やや易レベル)
英語長文問題集(入試標準レベル)
英語長文問題集(入試やや難レベル)
英語長文問題集(入試難レベル)


◆入試やや難レベルの英語長文問題集の紹介。
レベルとしては、MARCH(=明治・青山・立教・中央・法政)・早慶上智といった、上位・難関私大。
国立だと旧帝大より易しいくらいです。
◆ここで紹介した本は私大向けが多くなってしまったけど、
「新こだわって!英語長文読解標準」(河合出版)は、国立の記述対策に特化した本。本文の解説が弱いので、冬~直前の仕上げに使うといいかな。
また、「長文読解アドバンテージ」には記述中心の問題が5題含まれてます。

良い本があったら追加します。

★が多いほどおすすめ(最大5つ)


マーク式英語長文(内容一致|選択問題)解法ゼミ
★★☆☆☆

◆マーク式で、内容一致・選択問題中心。20問。全問オリジナル問題です。
◆レベルとしては、私大標準~やや難中心。到達点はMARCHや早慶といったくらいです。
◆知識問題は無く、本文の内容がわかっているかどうかを問う問題ばかりなので、そういう出題がされるところの対策に向く。
◆解説は、設問の解き方が中心で、そこそこ詳しいです。中級者以上ならあまり不満を感じないと思う。
語句解説もそこそこ充実。構文解説は弱い。
◆一応速読を目指した本だが、どうすれば速く読めるかという方法論は書いてない。時間を計り、問題演習をして慣れてね、という感じだ。
◆私大受ける人の、冬~直前期の演習用かな。

基礎英文問題精講
★☆☆☆☆~★★★☆☆(使い方、使用時期による)

◆「長文」というよりは、「中文」と言ったほうがいいだろうか。短めの文章を集めた本。英文の質が高いのが売り
「基礎」と書いてあるが、現在の入試では明らかに「標準以上」です。
延々と和訳問題が続く。本全体の構成もメリハリがあまりなく、進めるのが辛い。
◆小ぶりな本だが、全部やろうとすると相当ボリュームがある。注意!!
復習を3度くらい行うことを想定し、じっくり取り組む必要がある。使うのなら高2秋・冬からの使用が望ましい
和訳が出される大学を受ける人は、「構文編」「文脈編」の例題に絞ってやるといいかな。
和訳は紙に書いて正答と見比べよう。
「応用問題編」や「練習問題」などは解説が乏しいのでやる必要はない。
こういう本は、解説が詳しいところだけ使うのが賢い使い方
「構文編」「文脈編」の例題部分を、「速読英単語」風に多読用として使うというのも有り(語句がまとまっていて、見開きで見やすいから)。
この場合はいちいち日本語訳を書かなくていいだろう。
◆説明は、重要な熟語・文法・構文を、トピックとして取り上げてる感じ。
このため、英文の難易度に対して、妙に簡単な項目を説明してる部分がある。本の作りが古く感じてしまう。
◆仕上げることが出来れば相当の英語力がつくが、挫折率も高い。現在の入試傾向にはあまり合っていないので、その辺は注意を


新こだわって!英語長文読解標準(河合出版)
★★★☆☆

◆下線部和訳、内容説明といった記述問題が中心の本
難易度は国立の標準~難しめ、となっています。
◆解説はそこそこ。ほぼ設問解説オンリーと思って下さい。
もろに入試問題集なので、力がついてから取り組みたい。
国立大志望なら、受験期の秋~直前に、演習を積むために使うとよい。
小説問題が5問入っているのが嬉しい。(他の本では手薄なため)
◆このレベルで記述問題が多い本はなかなか無いので有用だろう。

速読のプラチカ―英語長文
★★★☆☆

◆「難関私大~国公立二次対策」ということで、MARCH・早慶上智の問題が多い。私大と国立が7:3の割合で、私大色が濃い。
◆設問の説明はそこそこ。
分担して執筆してるせいか、問題によってはちょっと手抜きかなと思えることもある…
本文解説は不足気味に感じる。まあ標準的な作りの問題集と言えます。
◆「速読」となっているが、「習うより慣れろ」式の本かなー。これで速読できるようになるかは疑問だが、普通の問題集と思えばまあそれなり。
◆上位~難関私大を受ける人が、過去問に進む前の一冊としてやってもいいでしょう。

長文読解アドバンテージ
★★★★★

◆中堅私大~早慶・国立二次レベル。第3章に、記述中心の問題が5題ほど収録されているよ。
本文解説・設問解説ともに非常に詳しいです。情報量が多く、基礎知識の確認ができる。
上級者は設問解説だけ読んで、普通の問題集として使うこともできる。自分の必要なとこを読もう。
この記事に詳しいレビューを書きました。

英語総合問題演習 上級篇
★★★★☆

◆様々な設問形式への対処法が学べる。記述問題も混じるので、国立志望の人がやってもよい(このシリーズの中では一番国立色が強いものとなっている)。
◆本文解説、設問解説ともに詳しい。
◆ただ、難関私大用としては、問題文の長さが短めかなー
◆上級篇といってもすごい難問、というほどではありません。駿台模試のような感じです。
※問題文を(拡大)コピーすると使いやすい。

英語長文問題集―文を超えて,文章を読む
★★★★★

◆現在の英語入試の長文化にどう対処するかを説いた本。駿台の本だが、会話口調で読みやすい。
関関同立、早慶、その他私大などで10問。これプラス東大後期となっている(東大のは難しいので、参考程度に思っておけばいい)。
◆最初にこの本の使い方が書いてあるが、僕はこの本は全訳する必要無いと思います。
「文のおおまかな流れ・展開」に着目することで、長文全体の構成が把握できるようになる。
変なテクニックは使っておらず、しごく正当な方法だ。「英文速読のナビゲーター」と似ているが、それより難しい。私大受ける人は、「英語長文問題集」「英文速読のナビゲーター」のどちらかをやっておくといい。(もちろん国立志望がやってもいいが)
複雑な文は構文をとってあるし、設問の解法も丁寧。
「対応・対句表現を活用する」といった、難関大入試には必須の考えも書いてあり、予備校に行ってない人には大変参考になるだろう
◆問題数が11問と少ないので、これを終えたら他の本でさらに演習しよう。
◆問題レベルにバラつきがある、最後の東大後期の代わりに「慶応文学部+国立大」などにしてほしい、とやや不満点はあるものの、それをカバーするだけの長所がある、とても良い本です。


コメント
この記事へのコメント
基礎英文問題精講はセンターで130点の実力でも使えるでしょうか?
初見ではほとんど訳せませんが、解説を読めば納得できます・・・。
2012/01/18(水) 00:18 | URL | 高2です #-[ 編集]
Re: タイトルなし
> 基礎英文問題精講はセンターで130点の実力でも使えるでしょうか?
> 初見ではほとんど訳せませんが、解説を読めば納得できます・・・。
基礎英文問題精講はセンターとは違って、難しめの短い文章を読むという本だから、センターの点数では判定できませんが…
基礎英文問題精講は、かなり英語ができる人が多読用教材(英文慣れのための本)として使うことが多いです。
初見でほとんど訳せないくらいだと、使いこなせないかもしれないですね。
もし読めないのが「単語がわからないから」だとしたら辞書引けば済む話だけど、「構文が取れないから読めない」のだと、他の本をやったほうがいいです。
桐原の「基礎英文解釈の技術100」や、さらに易しい「入門英文解釈の技術70」とか。
2012/01/18(水) 13:22 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
早速のお返事ありがとうございます。入門から始めることに決めました。基礎英文のほうは文章自体はとても面白いので単語学習だと割りきって使いたいと思います。貴重なご意見ありがとうございました。
2012/01/18(水) 22:51 | URL | 高2です #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://faceman29.blog62.fc2.com/tb.php/221-aa8f1e6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。