元塾講師による本のご紹介ブログ。大学入試参考書がメインです。

2018/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/02

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
時期も時期だし、焦ってる受験生も多いと思うけど…
はじめにおおざっぱな学習の話を。

まず、当たり前のことなんだけど、入試では満点は取らなくていいよね。
合格点さえ取れればいい。
だから、この時期になって「あれもこれも、完璧にしなきゃ」っていうのは逆効果。
「できなければいけない問題(=合格者のほとんどが解けるであろう問題)」を見極め、一点でも多くとること
当たり前だけど、それが大事。
過去問を見て、優先度の高いものからおさえていこう。

苦手な分野は「基礎ができてない」って焦るかもしれないけど、
だからといって教科書の1ページ目からゆっくり読んでる余裕はないわけです。
とにかくこの時期は過去問。
基礎をおさえるにしても、過去問を見て、今の自分に必要最低限のことから学習しよう。




それから、精神的な面についてちょっと。
(僕はこういう話は下手なんだよね。僕の言いたいことがうまく伝わらないかもしれない)

僕が予備校で学習アドバイスしてたときも、この時期はメンタル的な相談が多かった。
「模試の判定が悪く、どうしようどうしようと1週間2週間も勉強に手がつきません」とか、
「最近は行ける大学探して、ずっと赤本とか偏差値ランキングとかを見てばかりです」とか、
「何でもっと早く勉強しなかったのかと後悔してます」って泣いた子もいる。


模試の判定悪いのは終わってしまったことで仕方無いじゃないか。
別に模試が悪くても、実際の入試で良い点をとればいい。
大学が模試の成績を参照するわけじゃない。
逆に考えれば、模試で出来が悪かったら、そこを重点的に勉強すれば点数上がるってこと。
弱点が見つかって良かったって考えよう。

それから、この時期「もっと早くやっておけば~」ってのは、受験生誰でも思うことなんだ。
でもそこで後悔してもしょうがない。
(塾でよく言うんだけど、後悔して成績上がるのなら後悔したほうがいい。でも、そうじゃなければ後悔なんてやめようよ)
タイムマシンなんて無いんだから、過去に戻ってやり直すわけにはいかない。
今そして今後、どうするかしかないわけです。



それでも気が焦って勉強が手につかないという人もいるだろう。
一度、人生という大きな視野で考えてみてはどうだろう。

別に受験に失敗したからといって死ぬわけじゃない。
志望校がダメだったからといって、人生が終わるわけでは決してありません。

(もしそういう風に思っている人がいたら、僕は寂しいことだと思う)

ぼくもそれほど長く生きてるわけじゃないから偉そうに言ってすまんけど、
人生、自分の希望どおりに行くとは限らないよ。(というか、100%のバラ色人生歩む人はいないでしょう)
僕自身、もうほんとに嫌になることだって、何度か経験してきたよ。
でも大事なのは、自分の思い通りにいかなくても、
これから先どう持ち直すかへこたれずに今からどう頑張っていくか、じゃないかなあ。


とにかく、あと少しだけど、精一杯やってみよう。
ダメだったらダメだった時に、どうすればいいか考えればいい。今くよくよしてもマイナスにしかならないから。
今できることを頑張ってやり、勉強して、受験するだけです。

今日から、また新しい気持ちでやってみようよ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://faceman29.blog62.fc2.com/tb.php/228-74826a7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。