元塾講師による本のご紹介ブログ。大学入試参考書がメインです。

2018/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/01

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
数学の特におすすめするこの一冊を選びました。甲乙つけがたいものは2冊紹介してあります。
難易度がおおざっぱであるが、一つの目安としてみてください。詳細が知りたい人はブログ検索で書名を検索すると細かいレベルなど書いてあります。

△は人によって向き不向き(合う合わない)があるかもしれない本。
○はあまり人を選ばない(癖のない)特にオススメの本。

見にくくなるので、シリーズものは数1または数1Aのものだけ貼ってます。



<独学用>高校の授業がよくわからない人、自分でやるしかない人、先取り学習をしたい人のための本。ほんとに数学が苦手なら中学校の復習から始めよう。

[初級・初中級者独学用1]
聞いてしまえばとっても簡単!数学1―本質の講義
聞いてしまえばとっても簡単!数学1―本質の講義 
教科書(易しめ)に音声解説※をつけたもの。教科書を持っていない人はこれを使うと良い。理系の数3の先取り学習にも向く。
※音声はPC環境で再生できる。CDプレーヤーやDVDプレーヤー等で再生することはできない。

[初級・初中級者独学用2]
高校これでわかる数学I+A (基礎からのシグマベスト)
高校これでわかる数学I+A (基礎からのシグマベスト)
△ぼくはわかりやすくて良い本と思うが、教科書風で嫌という人も。でも教科書よりは絶対わかりやすいよ。授業の予習復習用に。

[中級・上級者独学用]
本質の研究数学I・A―Lectures on mathematics
本質の研究数学I・A―Lectures on mathematics
講義部分が素晴らしく教科書代わりに使える。演習は、教科書の問題や傍用問題集で補う必要あるか。


<網羅系>問題数が多めでカバーする範囲・難易度が広く、高1・高2の日常学習用に適するもの。解説が詳しく自分一人で進められるものをあげます。
[網羅系参考書]
本質の解法数学I・A―Core & block
本質の解法数学I・A―Core & block
○解説が丁寧で公式の確認もできる。教科書レベル~入試標準まではこれでOK。各自のレベルに応じて例題を選択できる。


<入試実力養成用>解説が詳しく、入試対策として実力をつけるのに良い本。問題数少なめで良問・入試頻出問題を選んであり、高2冬・高3からの使用に向くものを中心にあげました。
[実力養成基礎]
数学I・A基礎問題精講
数学I・A基礎問題精講
○公式やポイントが見やすく、問題数が少なめで復習しやすい。教科書レベルから入試数学へとつなげるのに適する。

[実力養成初中級~中級]
チョイス新標準問題集数学1・A (河合塾シリーズ)
チョイス新標準問題集数学1・A (河合塾シリーズ)
△問題Aは入試基礎、問題Bは標準以上。量が多いので出来れば高2から使用したい。メインは別の本を使い、こちらは問題慣れとして、補助的に取捨選択して使うのでもいい。

[実力養成中上級1]
1対1対応の演習/数学I―大学への数学 (1対1シリーズ)
1対1対応の演習/数学I―大学への数学 (1対1シリーズ)
△考えさせる問題多く飽きずに取り組める。テクニックも学べる。3Cが特に良い。解法や用語に多少癖がある。

[実力養成中上級2]
数学I・A標準問題精講
数学I・A標準問題精講
△「1対1対応の演習」より癖が無い。ただ、範囲によって難易度が異なる。1Aは易しく、3Cは難しい。

[実力養成上級]
ハイレベル精選問題演習数学1+A+2+B
ハイレベル精選問題演習数学1+A+2+B
○解答の書き方に著者の力量が存分に発揮されていて簡潔だがわかりやすい。良問多し。「1対1対応の演習」のレベルを終えてから。東大・京大・東工・一橋志望にとてもオススメ。


<入試実戦演習用>上位大・難関大受験の人が過去問前の一冊として、秋~直前期に使う本。融合問題も含んだ実戦演習的なもの。
[入試実戦演習理系用]
この問題が合否を決める! 2010~2012年入試―大学への数学
この問題が合否を決める! 2010~2012年入試―大学への数学
理系やや難72題。難関大・医学部といえどこのレベルで差がつく。冬・直前期にやるのによい。解説はとても詳しく情報充実。

大学への数学増刊 合否を分けたこの1題 2012年 08月号 [雑誌]
大学への数学増刊 合否を分けたこの1題 2012年 08月号 [雑誌]
という本も出ていて、これは最新年のもの40題を収録。どちらを買ってもよい。

[入試実戦演習文系用1]
文系数学入試の核心 2次・私大突破のための必修問題120
文系数学入試の核心 2次・私大突破のための必修問題120
文系の早慶・国立上位大まで対応可。120題。考え方、解答解説、別解、全て高評価で使いやすい。秋くらいから使いたい。

[入試実戦演習文系用2]
文系数学の良問プラチカ―数学I・A・II・B (河合塾SERIES―入試精選問題集)
文系数学の良問プラチカ―数学I・A・II・B (河合塾SERIES―入試精選問題集)
解法メモという問題のヒントと、詳しい解説が売り。ここまでやればどの大学でもOK。色刷りでなく少々見にくいかもしれないが。


<分野別>また少しずつ追加する予定。
[数3微積分]
微積分/基礎の極意―大学への数学
微積分/基礎の極意―大学への数学
○上位大での頻出問題がおさえられる良い本。レベルは高め。志望大(の傾向・難易度)によってはここまでいらないことも。


<大学別対策>
[センター対策]
岡本のセンター数学I・A (傾向と対策)
岡本のセンター数学I・A (傾向と対策)
センター対策として一冊選ぶならこれを。教科書レベルの確認から始まり、センター本試験の問題まで。バランス良く網羅度も高い。

[医学部難問対策]
医学部良問セレクト77 (受験の数学)
医学部良問セレクト77 (受験の数学)
○医学部で、難問が出る人はこれを。解法・解説が手堅くまとまっており、一生懸命考えた分だけ力がつく良問が多い。理工系難関大対策にも使える。

[東大対策]
東大数学で1点でも多く取る方法 理系編 増補版
東大数学で1点でも多く取る方法 理系編 増補版
東大数学で1点でも多く取る方法 文系編 増補版
東大数学で1点でも多く取る方法 文系編 増補版
○東大の過去13年分の問題を収録し、詳しい解説を付けたもの。予備校の生徒達に問題を解かせ、どこで間違えやすいか、どこまで解けるかを分析してある。
コメント
この記事へのコメント
こんにちは、いつも参考にさせてもらっています(^O^)

質問があるのですがよろしいですか?

広島大学志望理系の浪人生なのですが、数学は現在本質の解法をやっています。3Cは基礎がガタガタなのでいいのですが1Aと2Bの量が多くて挫折しそうです…汗

そこで1A2Bだけ1対1に変えようかと思っているのですが今の季節は本質の解法をしっかりこなしたほうがいいとおもいますか?
また他に代用できる本とかあったらぜひ教えてください(T_T)
2012/05/26(土) 06:57 | URL | ひかる #-[ 編集]
Re: タイトルなし
メールでお答えしましたので、ごらんください。
2012/05/27(日) 21:54 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
こんにちは。
数学について、教科書レベルから1対1につなげるというのは無謀でしょうか?
また、1対1と青チャートにはどのくらいレベルの差があるのでしょうか?

現在「聞いてしまえばとっても簡単」シリーズ(この質問での教科書レベル)を1a2b3c隅々まで終わらせました。学校の先生は青チャートをやれといっているのですが、ページが多すぎてもどかしいので、ならいっそ1対1に進んでしまおう、と考えています。

ご回答いただけるとうれしいです。
2013/03/04(月) 13:25 | URL | #-[ 編集]
Re: タイトルなし
> こんにちは。
> 数学について、教科書レベルから1対1につなげるというのは無謀でしょうか?
無謀とは言いませんが、通常は結構厳しいです。ただ頭の良い人の中には教科書からいきなりできる人もいます。

> また、1対1と青チャートにはどのくらいレベルの差があるのでしょうか?
1対1は、レベルとしては青チャートの演習問題くらいですが、
解法に巧妙なものがあるので、その分難しく感じるかもしれません。

大学への数学3月号増刊で、「入試数学基礎演習」というのが出されていて、
これは教科書と1対1をつなぐレベルのものなので、それをやってみてはどうでしょうか。
各分野2セットずつありますが、1セットだけやればよいです。これならかなり早く終わると思います。
2013/03/04(月) 19:46 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/03/04(月) 22:43 | | #[ 編集]
>大学への数学3月号増刊で、「入試数学基礎演習」というのが出されていて、
>これは教科書と1対1をつなぐレベルのものなので、それをやってみてはどうでしょうか。

回答ありがとうございます。
しらべて見たところ良さそうなので、本屋で見てこようと思います。
良い情報ありがとうございました。

2013/03/05(火) 08:55 | URL | #-[ 編集]
Re: タイトルなし
標問2周やったのならそちらを繰り返したほうがよいでしょう。
片方にしぼって細部まで理解することが大事です。
2013/03/06(水) 11:52 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/10/04(金) 16:56 | | #[ 編集]
Re: タイトルなし
本質の解法と1対1が終わったのなら、知識に抜けが出るということはありません。
これまでの岡山だと、本質の解法の章末問題までやれば十分で、
まずはそれをやることを推奨します。(あれこれ手を広げないためにも)
1A2Bは「国公立大学理系学部への数学」をやれば難化しても大丈夫でしょう。(これ以上は差がつかないかと)
3Cは、1対1の演習題までやり、基礎の極意をやればOKです。
2013/10/06(日) 00:21 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/10/06(日) 07:54 | | #[ 編集]
Re: タイトルなし
本質の解法の章末問題を、演習代わりにやってはどうでしょうか。本番に対応できる力がつくと思います。
あとオススメとしては、東京出版から毎年出ている「合否を分けたこの1題」でしょうか。
直前期の演習に良いです。
まああまり手を広げすぎず、他科目のバランスを考えながら着実にこなしていくのがよいですよ。
2013/10/09(水) 21:28 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/10/10(木) 06:29 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://faceman29.blog62.fc2.com/tb.php/236-3086c3b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。