元塾講師による本のご紹介ブログ。大学入試参考書がメインです。

2018/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/01

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
英語の入試対策としては、
<英文法>
<英文解釈>
が基礎の二大柱。前回は<英文法>の本を紹介したので、今回は<英文解釈>についてです。

◆「英文解釈」とは、文法の規則にしたがって英文の構造をとらえ、正確に読むということです。
文法から長文への橋渡しと思ってくれればいいよ。入試では「和訳問題」として聞かれるね。
「英文解釈」ができないと「単語を適当につなぎあわせて読む」=「勘をたよりに読む」だけになってしまう。
これでは英語の点数が安定しないんだな。
大学入試では「文法的に読む」という訓練が基礎中の基礎としてある。
高校では、「英文解釈」がおろそかにされることもある(ぼくの高校もそうだった)のだけど、入試では大事になってくるんだ。
「高校で習いませんでした」では言い訳にはならない。
一通り文法を終えた人は以下の参考書に取り組んでみよう。
◆基礎的なものから難しいものをあげてみたんで、参考にしてね。なお、この他にも「解釈」の本はあるけど、
春にはじめる入試対策の一歩としては以下のどれかからやるのがいいかな。
なお、以下の問題集で和訳問題があったら、必ず自分で訳をノートに書いてから答と照らし合わせよう。
★が多いほどおすすめ(最大5つ)。



次の2冊は高1レベルから始まる本。解説中心の、いわゆる「参考書」だな。
苦手な人はここくらいからやるといい。
もしこれらさえきついようなら、中学校の文法の復習からやろう。

★★★★★英文読解入門基本はここだ!

◆とてもよく売れている本。
文法をどう読解に生かすか、英語を読むときの頭の働かせ方を教えてくれるぞ。
文法が一通り終われば高1でも読める。
初心者用の本のようだが、よくよく読むと難関大受験生にとっても為になることが書いてある。英語力のある人は短期間で2~3回繰り返して読もう。
◆例題はついてるけど、問題演習が少ないので、
これ読み終わった後に高校のリーディングの教科書を復習してみるというのもいいね。
◆詳しい紹介はこの記事に書いたので参考にしてね。

★★★★☆大矢英語読み方講義の実況中継

◆文法を使って、どう英文を読むかを丁寧に教えてくれる。講義調なので読みやすいぞ。練習問題付き。
◆高1でも出来る。高2で偏差値50くらいあれば十分できるでしょう。
(もしこれが分からなかったら中学校の文法と、高校の基礎の文法を復習しよう。)
詳しい紹介はこの記事に書いたので参考にしてね。



次の本は「参考書兼問題集」。バランスよく、使い勝手がいい万能本。
高2冬の偏差値が60くらいならやれるだろう。
★★★★★英文解釈のトレーニング 必修編 ※Z会提携書店やZ会の通販で買えます

◆講義編と問題編にわかれている。講義編は文法的にどう英文を読むかの説明。基本的なことから書いてある。
ひととおり文法の学習が済んでいればわかるようになっている。
例文が出てくるので、全部自分で訳してみよう(頭の中で訳せばいい)。
これが良い訓練になる。わからない単語はもちろん辞書を引くこと。
◆問題編は、確認問題(易レベル)と、演習問題(入試やや易~標準が中心)から成る。これは訳を紙に書こう。
まずは確認問題だけやるというのもいい。
演習問題の星印のものは難しめ。
他の本で演習量を増やしてから難しい問題に取り組んでもいいぞ。
使いやすく、オススメの本だ!ボリュームがあるので、適宜復習しながらやろう。



以下はレベル別の、問題演習中心の本。いわゆる「問題集」。一長一短があるので、好みに応じて選択してください。

英文解釈の技術シリーズ
3レベルにわかれて3冊出ている。
★★☆☆☆~★★★★☆(合うかどうか人による)

<良いところ>
見開きページで構文が図示されていて、見やすい
CDがつき、音読復習に便利
<良くないところ>
「基礎英文解釈の技術」でも「テクニック」(英文を読むときのルール)が100項目と多い
単語が難しい。各単元で学習する内容に比べて単語が難しいです。このせいでかなり取り組みにくくなっている。
辞書引けば済む話ではあるが、英語が得意でない人にとっては負担になるので注意。

◆とりくみやすそうだが、単語が難しく進みづらい。ある程度時間がかかるものと思って計画を立てて進めないとダメ。
苦手な人には「入門英文解釈の技術」でも辛いだろう。
◆とりかかることができるレベルとしては大体、
「入門英文解釈の技術」…高2冬偏差値60弱・高3春偏差値55弱
「基礎英文解釈の技術」…高2冬偏差値60~65・高3春偏差値55~60、
「英文解釈の技術」…高3春偏差値70以上
くらいかなあ。(やり終えれば到達点はもっと高い)
文法的にはそれほどでもないんだけどね、やっぱ単語が・・・
※僕はそんなに好きではないのだけど、CD付きだし、使用している受験生も多い。選択肢の一つ、ということで。

英文和訳演習シリーズ
※入門・基礎・中級・上級と4レベル。↓のリンクは基礎・中級で、このあたりからやるといい。もちろん全部やる必要はないっす。
★★☆☆☆~★★★★☆(合うかどうか人による)

文法項目を網羅しているというわけではなく、テスト形式の本です。
<よいところ>
採点基準が詳しいので、自己採点できるのがいい(駿台の模試がベースになっている)。
正確かつ厳密な訳の仕方が身に付く。
なお、「答案例」は生徒の誤答。模範解答は後ろの「解答」なので間違えないように。
薄いので復習込めても1ヶ月でできる。
短い文から始まり、徐々に長くなるので長文対策に接続できる。
<よくないところ>
説明が文法的で、訳語の吟味まで細かくこだわっている。
このネチっこさが合わない人は合わない。文構造が図示されておらず、言葉での説明だから余計そう感じるかも。
立ち読みして無理そうだと思ったら避けてください。
採点基準は細かく、やや複雑なので、はしがきをよく読んでください。
※ちなみに本書のthat-Clauseは「that節」のことです。

◆レベルとしては、
初級…高1後半~高2の模試くらい
中級…中堅国立以上
上級…難関国立
中級までは、単語レベルはそんなに高くない。
だが、「単語は易しくても、文法的に読む訓練をしてないと読めない」という問題が多い。

この本は実力を計るにはすごくいいので、僕は家庭教師や個別指導ではまずこれで力を見ていたよ。
昔は非常によく使われてたけど、今の子にはこちらで説明補うことも必要かなあと思うけどね。問題文をコピーすると使いやすいと思う。
英検準2級くらい取る生徒に「初級篇」をやらせてみても、ボロボロだったりするんだ。
そういう子は「文法的に文を読む」という意識が欠如している。それだと大学入試の和訳問題は解けないんだ。
独学でやっている人はなかなかそういうところに気がつかないからね。この一冊やると英語に対する取り組み方が変わるかもしれない。
※「英文和訳演習」シリーズが気に入った人は、同著者の「英語総合問題演習」シリーズもやるといいぞ。
「英語総合問題演習」は長文問題集で、4レベルに分かれて刊行されている。本文の解説も設問解法も詳しい。
コメント
この記事へのコメント
難関私立国立高校は 最高水準問題集シリーズ(文英堂)で 対応できますか?
2012/03/17(土) 19:27 | URL | #-[ 編集]
物理教室の例題は、 ・物理のエッセンス ・良問の風
・名問の森
のどれとレベルが同じぐらいですか?
2012/03/18(日) 21:03 | URL | #-[ 編集]
情報構造についてコメントをください
2012/03/19(月) 00:35 | URL | #-[ 編集]
Re: タイトルなし
> 難関私立国立高校は 最高水準問題集シリーズ(文英堂)で 対応できますか?
最高水準問題集は、テクニック的なところは手薄なものの、難関校対策の軸にはなります。
数学は「高校への数学 Highスタンダード演習」あたりもやったほうがいいですね。
英語は、他に熟語集をやり、長文問題集で演習する必要があります。
2012/03/19(月) 18:35 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
> 物理教室の例題は、 ・物理のエッセンス ・良問の風
> ・名問の森
> のどれとレベルが同じぐらいですか?
良問の風と名問の森の中間です。だいたい国立二次試験の標準問題です。
2012/03/19(月) 18:37 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
「高校への数学」シリーズも良さそうですけど、「高校受験入試によく出る数学」シリーズもいいですよね?
2012/03/23(金) 15:40 | URL | #-[ 編集]
構文はやらなくていいのですか?
2012/03/24(土) 22:49 | URL | #-[ 編集]
テクニックは塾でないと学べないのでは?
2012/03/24(土) 23:10 | URL | #-[ 編集]
Re: タイトルなし
> 「高校への数学」シリーズも良さそうですけど、「高校受験入試によく出る数学」シリーズもいいですよね?
解説があっさり気味ですが、典型問題を集めていてよいのではないでしょうか。
2012/03/26(月) 18:15 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
> 構文はやらなくていいのですか?
文法問題集・熟語集・高校のリーディングの教科書をやっていれば構文も身につきます。
その上で構文の本を何か一冊やってもかまいません。
2012/03/26(月) 18:16 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/03/28(水) 17:19 | | #[ 編集]
Re: タイトルなし
センターは解釈の本はあまりいらなくて、速読力が大事になってきます(それでも基礎固めに解釈をやる必要はありますが)。
解釈は「大矢+1冊」で十分です。入門解釈70でいいでしょう。
代わりに解釈トレ必修でもいいです。この場合は難問はやる必要ありません。
文法はアップグレードでいいです。
目安として以下の順番で進めてはどうでしょうか。

(1)大矢、解釈トレ必修or入門解釈70(6月くらいまで)
(2)簡単な長文問題、
駿台の短期攻略センター英語シリーズ、
河合のマーク式基礎問題集シリーズ(もちろん全冊やる必要はない。夏休み過ぎくらいまで)
(3)上記の復習、長文、過去問、模試問題集

センター模試は定期的に受けたほうがいいです。5月くらいに初回があると思う。
単語は、高校の授業や、長文問題集をやっていて知らないものをノートにまとめること。時々復習を。
2012/03/28(水) 21:35 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
返事ありがどうございました。

因みに、解釈は大矢から解釈トレをしようと思います。

あと、長文は、やっておきたい300か、英語長文ハイパートレーニング2か必修英語長文問題精講はどれがいいですか?

解釈の全訳は高校の英語の先生に添削等してもらったほうがよろしいでしょうか?
2012/03/29(木) 13:42 | URL | ココ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
長文で取り組みやすいものなら「集中マスター 英語長文問題集 レベル1」(旺文社)あたりからやるといいでしょう。
センターは長文の出題傾向に偏りがあるので、
駿台の短期攻略センター英語シリーズ、河合のマーク式基礎問題集シリーズ
の長文問題の本をやったほうが得点が上がると思います。
傾向を気にしなければ「やっておきたい300」でもいいです。

解釈トレは、自信が無い問題は和訳を先生に見てもらってもいいです。星印の難問はやる必要ありません。
2012/03/29(木) 18:22 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
てことは、
大矢→解釈トレ必修→集中マスターレベル1→河合のマーク基礎の長文→それまでの復習でいいですか?
2012/03/29(木) 20:23 | URL | ココ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
うん、それでいいです。
わからないところは高校の先生に聞いたりして、理解しながら進めていってください。
2012/03/29(木) 20:26 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
高1です。夏にビジュアル英文解釈part1をやったのですが、今になって英文が読めてないことに気づき、本の解説がわかったつもりになっていたことが判明しました。原因は解説を読み飛ばしていたことにあったと思います。
もう一度やり直してみると、訳を読み込んでしまったせいか英文を読むと即座に訳文が想起されます。しかし、解説を一文一文ゆっくりと理解しながら読み進めると、新しい発見がたくさんあり、非常に腑に落ちるのです。

これで学力はついているのでしょうか。あるいは別の解釈本に取り組んだほうがよいのでしょうか。
2012/12/03(月) 13:03 | URL | ぱ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
とりあえず、そのままビジュアルのPart1の解説を読み込みましょう。
1講終わるごとに数回音読して、音読と同時に意味がとれるように持っていくといいです。
あなたには伊藤先生の解説が合っているようなので、上で紹介した『英文和訳演習』の初級篇をやるといいでしょう。これはビジュアルの良い確認になります。
文法用語が少し難しいものも出てくるかもしれませんが、内容的にはビジュアルが読めていればできるはずです。
2012/12/07(金) 03:35 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
教えていただきたいのですが 英文解釈のトレーニング必修編は英文解釈の技術シリーズと比較すると3冊の内どれのレベルに相応しますか?
2012/12/30(日) 05:41 | URL | 名無し #-[ 編集]
Re: タイトルなし
英文解釈のトレーニング必修編は、基礎事項の解説から始まっていて、演習的な「技術」シリーズとは性格が違いますが、だいたいは「基礎英文解釈の技術」と同じくらいでしょう。
2012/12/30(日) 18:21 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
質問です。
現在、高2で単語はデータベース3000をしてDuO3.0の最中まだ半分程度

文法は、今井の英文法教室をして英文解釈に移ろうと思っています。

今のところ、大矢→基礎英文技術100または英文和訳演習シリーズの初級と中級をしようと考えています

ちなみに、志望校は北海道大学の総合理系を志望しています
2013/07/30(火) 13:12 | URL | クラン #-[ 編集]
Re: タイトルなし
おおむねその計画でよいと思いますが、英文法の演習量が足りないので「upgrade英文法・語法問題」あたりで強化するとベターです。
2013/08/05(月) 01:26 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://faceman29.blog62.fc2.com/tb.php/250-061a87da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。