元塾講師による本のご紹介ブログ。大学入試参考書がメインです。

2018/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/01

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
えっと、時節柄、「大学の新入生に薦める本」を紹介したいと思います。
今んとこ3冊予定。
理系文系問わず興味深く読めるものを取り上げるよ。
内容的には、意欲的な高校生でも読めると思う。実際にぼくが高校生~大学生のときに読んで、感銘を受けた本です。

物理学はいかに創られたか(上)(下) (岩波新書)

◆かの有名なアインシュタインと、彼の高弟インフェルトによって書かれた物理学の本。
(実質的にはインフェルトの手によるらしい)
数式を使わず、しかも専門的予備知識も不要。
内容が内容だけにさらっと読める本ではないが、じわじわと読み進めれば理解できるように書かれている。
たとえ全部わからなくてもいいじゃない、物理学の広大な世界の一端を覗くだけでも素晴らしいことだと思う

◆特に特殊相対論・一般相対論のところ(上巻後半~下巻前半)が面白い。
ぐいぐいと読み手を引き込む力がある。「場の概念」、「エーテルは存在するのか?」というあたりが山場だね。
コンパクトながらも相対論のエッセンスはつかめるよ。

◆ぼくは高校生のときに、アインシュタインの名前にひかれて買ったんだけど、興奮して読んだ。
(当時のぼくは「慣性系」という概念に引っかかって、頭を悩ませていた。丁度この本の(下)にぼくの疑問と同じことが書いてあり、おお!と思った記憶がある)

◆大学の先生も新入生にこの本を薦めることが多いよ。
名高い物理学者によって心をこめて書かれたいい本です。

タグ : 新書

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://faceman29.blog62.fc2.com/tb.php/254-7235021d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。