元塾講師による本のご紹介ブログ。大学入試参考書がメインです。

2018/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/02

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高校入試数学の、主に難関私立・国立対策となる問題集のレビューです。また情報追加するかもしれません。
※公立・都立入試対策については、高校入試 都立・公立対策の数学問題集&勉強法の記事をご覧下さい。

◆「1対1の数式演習」「1対1の図形演習」が必要になるのは、トップクラスの難関私立・国立受験生でしょう。
「highスタンダード演習」→「1対1の数式演習」「1対1の図形演習」とつなぐとよい。
ただ、最難関校といえど、まずは「highスタンダード演習」のレベルをしっかりできるようになるのが目標です。
すらすらと解けるようになるまで繰り返そう!



・高校入試 最高水準問題集 数学(シグマベスト)

◆昔から難関校受験生に使われてきた有名な本。このシリーズは各教科出ています。
(各学年ごとに分かれたバージョンもあり。)
◆公立の問題も入るので、難しい公立&私立受ける人におすすめ。
◆標準的な問題から始まるが、最終的な到達点としては、↓の「highスタンダード演習」と同じくらいです。
◆解答・解説は、もうちょっと紙面にゆとりを持たせた方が見やすいと思うが、おおむね丁寧でよいでしょう。
発想力・テクニックが身につくという点では「highスタンダード演習」のほうが良いのだが、
公立高校の新傾向問題・長文問題の対策としては「最高水準問題集」のほうがよい
そのあたり考慮して本を選んでください。


・高校への数学増刊 highスタンダード演習(東京出版)
※Amazonでは品切れになっていることもあるけど、書店で新品を購入できます。また、東京出版のHPからも注文可能です。

難関私立の良問を集めた本。いわゆる早慶レベルまで対応できる。
問題を解くときの着眼点・発想法についての解説が優れている
また、計算のテクニックが身につく。
これらの点から、塾に行かず独学でやっている生徒に特におすすめの本だ
◆難関校の過去問だが、その中では比較的解きやすい問題を選んであり、
公立高校の問題が一通り解けるくらい(目安としては都立の過去問で9割)なら取りかかれるだろう。
ただ、一部計算手法(たすきがけ)や、確率の解法(順列・組み合わせについての公式)について、
中学校の教科書には載っていない知識が必要。

高校だと教科書にも載っている基礎中の基礎なんだけどね。
そのあたりでつまずくようなら、中学の先生に聞くか、高校生用の基礎的な参考書でカバーするかしよう。
◆なお、「二次関数」のところが他分野より難しめとなっている。他の問題集で十分演習してから、この本で仕上げる、というように考えるといいだろう。


・高校入試1対1の数式演習(東京出版)
・高校入試1対1の図形演習(東京出版)

◆highスタンダード演習より難しい。最難関校でも、これと過去問演習で対処できると思う
「例題」と「演習題」がセットになっているのが特徴。重要手法がしっかり身につく構成。
「演習題」は、「例題」の類題だが、単にマネするだけではなく思考力を要する問題となっている。
◆「highスタンダード演習」をこなしてからこの本に進む、というのが推奨される。
コメント
この記事へのコメント
「日日のハイレベル演習」「新作問題ベスト演習」は、オーバーワークなのですか?
2012/04/22(日) 18:59 | URL | #-[ 編集]
Re: タイトルなし
> 「日日のハイレベル演習」「新作問題ベスト演習」は、オーバーワークなのですか?
数学が好きで他教科にも余裕があるのならやってもいいかもしれませんが、
まずはここで挙げた本をしっかりやることが大事でしょう。
2012/04/23(月) 12:13 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
大学受験の化学についての質問
京都大学 工学部志望の浪人生です。

化学について質問ですが、前の記事で重要問題集のB問題は問題のレベルの割に解説が丁寧ではないので、やや難以降は別の問題集でやるのも有り と書かれていたのですが、具体的に重要問題集のA問題のあとは何をやれば、よろしいでしょうか。

返答よろしくお願いします。
2012/04/27(金) 14:51 | URL | 太郎 #-[ 編集]
Re: 大学受験の化学についての質問
重要問題集Aからつなげられるものとしては、
・精選化学問題演習
・標準問題精講
がいいですね。解説がしっかりしています。難関大志望者には標準問題精講がよく使われているでしょうか。

それから、量が多くて難易度が重要問題集とかぶり気味なのですが、
実力をつける化学 理論編/無機有機編(Z会出版)
も解説は詳しめなので、演習量をこれで増やしてもいいでしょう。
2012/04/27(金) 15:00 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
トップ公立(浦和高校)には「レベルアップ演習」で十分でしょうか?
それとも「highスタンダード演習」まで必要でしょうか?
2014/08/04(月) 22:13 | URL | #-[ 編集]
Re: タイトルなし
レベルアップ演習だとやや演習不足かもしれません。
「highスタンダード演習」は私立の問題が多いので、
「最高水準問題集」のほうが難関公立にはいいですね。
関数、図形問題中心に演習しましょう。

2014/08/10(日) 07:27 | URL | 橘 薫 #-[ 編集]
日日のハイレベル演習について
日日のハイレベル演習って知っていらっしゃいますか。たしかこれはhighスタンダード演習よりも難しいらしいです。まだ日日ハイについての情報を知っていたら教えてください。
2014/09/21(日) 19:40 | URL | 悠遊 #-[ 編集]
Re: 日日のハイレベル演習について
日日のハイレベル演習は、highスタより難しく、レベルもあまりかぶっていないですね。
なので、highスタが完全に解けるようになってから取り組むべきです。
レベルとしては最難関校志望者で、さらに数学で差をつけたい人用。
前半の方が後半より易しめです。
やるときは消化不良にならないよう、計画を立てて進める必要があります。

highスタと日日のハイレベル演習の中間のレベルが
「高校入試1対1の数式演習」「高校入試1対1の図形演習」になり、
ぼくとしては1対1の方が取り組みやすくおすすめです。
2014/09/28(日) 19:22 | URL | 橘 薫 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://faceman29.blog62.fc2.com/tb.php/257-7092b8b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。