元塾講師による本のご紹介ブログ。大学入試参考書がメインです。

2018/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/01

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京出版の増刊書籍、数学3Cスタンダード演習の紹介です。

◆他の網羅的な本(東京出版の『1対1対応の演習』や旺文社の『本質の解法』など)を一通りやり、
さらに演習を積みたいという人へのお薦め本。
ぼくの推奨する使い方だと、9章・10章中心になるので、それが嫌だという人は『基礎の極意』を使ってください

『基礎の極意』については、こちらの記事を見てね。これも非常に良い本です。

●『基礎の極意』は知識の整理に良いし、問題もテーマごとになっていてやはり「分類・整理」という感じが強い。
●『数学3Cスタンダード演習』9章・10章は、ボリュームある融合問題で、実戦的という意味では『基礎の極意』以上です。



この本は9章、10章の「実戦演習」を中心にやるといいよ。9章24題、10章22題、計46題。夏休みで反復してできる量だ。
◆なぜここを薦めるかというと、融合問題が多いから。
大問1問の中に、複数のポイントが入ってきて、万遍なく力がついてないと完答できない。

◆入試頻出の良問を選んであり、難易度もよく考えられている。
同出版社の『1対1対応の演習』(の演習題)からつなげるとちょうどいいだろう。
『1対1対応』では融合問題がやや手薄だから、それを補う意味でもいいね。

◆9章、10章の「実戦演習」は、早稲田・国立後期・医学部・旧帝大の問題が多いです。
レベルとしては、B問題:C問題=3:1くらいの割合で入ってます。(ただB問題も、C寄りのBという感じ)
微積はパターン的なところがあるから、いくら国立後期・医学部といえどこのレベルが中心なんだ。
30分くらいかかるボリュームある問題が多いです。

このあたりがミス無くしっかりできるかどうかで、医学部や難関大では差がついてくるだろう



◆1~8章は難しくはありません。「1対1対応」の例題くらい。
(行列・一次変換はやや易、「いろいろな曲線」のところはやや難しい)
◆『1対1対応』をやっていれば、本書『3Cスタ演』の1~8章はやらなくてもいいんだけど、
(特に)現役生はどうしても数3Cの演習量が足りなくなるから、問題慣れとして補助的に使用するのもいい。
『1対1対応』ができていればその復習なんで、サクサク進むよ。



◆東京出版の数3を扱った本のレベルは、大体次のとおり。

1対1対応の演習(例題)=3Cスタンダード演習(1~8章)
<1対1対応の演習(演習題)
≦3Cスタンダード演習(9・10章)=基礎の極意
≦解法の探求・微積分


◆3Cスタンダード演習は問題演習中心、
基礎の極意は、背景知識の整理&上位大の典型問題中心
解法の探求・微積分は発想法中心
となってます。
●基礎の極意はこの記事
●解法の探求・微積分はこの記事を参考にしてね。

◆ぼくとしては、
1対1対応の演習+基礎の極意
または
1対1対応の演習+3Cスタンダード演習(9・10章)
のコースがお薦め。
これで難関大の問題にも対応できると思う。

◆これ以上を望むなら、旺文社の「ハイレベル精選問題演習数学3+C」だね。

でも、まずは3Cスタンダード演習・基礎の極意までを繰り返ししっかりやることが大事!
微積の問題は反復、反復なのです。
コメント
この記事へのコメント
新数学スタンダード演習1A2Bについての評価といつまでに終わらせれば良いかを教えてください
2012/06/05(火) 20:45 | URL | yuuki #-[ 編集]
難関私立・国立高校入試の英単語レベルは、大学入試レベルが必要ですよね?「英単語ターゲット1400」でいいですか?
2012/06/06(水) 17:57 | URL | #-[ 編集]
Re: タイトルなし
> 新数学スタンダード演習1A2Bについての評価といつまでに終わらせれば良いかを教えてください
1対1対応からつなげる本とされていますが、
レベル的には1対1対応とかぶってくる部分もあり(特に平面ベクトル・確率)、
240題と問題数が多いので、なかなか使い道が難しいですね。
1対1対応の演習題までやり、それでも時間に余裕がある人用かと。終わらせるのは秋~冬くらいですか。
2012/06/06(水) 22:05 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
> 難関私立・国立高校入試の英単語レベルは、大学入試レベルが必要ですよね?「英単語ターゲット1400」でいいですか?
レベル的にはそれでよいですが、ターゲットよりシステム英単語BASICなどのほうが覚えやすいかと思います。
2012/06/06(水) 22:06 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
こんにちわ~
1A2Bに関して質問させてください
今基礎問題精巧と標準問題精巧まで終わりました
次に何をやるかおすすめはありますか?地方の医学部志望です
一対一はレベル的に標問と重なると聞いたのですが・・・
2012/07/02(月) 12:38 | URL | aa #-[ 編集]
Re: タイトルなし
・Z会の「理系数学 入試の核心 標準編」が標問1A2Bと同等以上のレベル
・駿台の「理系標準問題集」がそれよりさらに上のレベル
なので、このどちらかに進むとよいと思います。
「理系標準問題集」ができれば合格点に達するでしょう。あとは3Cの強化とセンター対策ですね。
2012/07/03(火) 00:42 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
返信遅くなりましたがありがとう
早速買ってきてやってますよ~

ところで確立と整数に関してはお勧めの問題集はありますか?
確立の探求とマスター整数の評判はよいみたいなのですが
2012/07/28(土) 10:39 | URL | #-[ 編集]
Re: タイトルなし
確率探求は、これ一冊やれば確率に関しては怖くない。
ただ<演習編>の解説は簡潔なのでC~Dレベルになると詰まるところがでるかもしれません。
質問できる人がいればいいんですが。
僕のおすすめは「ハッとめざめる確率」ですね。確率探求よりはレベルが落ちるが、確率が根本からわかるようになる。この二冊のどちらかですね。

マスター整数は、これをやるには相当の労力・時間がかかる。ここまで整数問題に時間かけるのなら、数3の微積とかを強化した方がいい気が・・・
僕は「マスター整数」より「月刊大学への数学」の整数問題の号の方がいいと思います。
今まで整数問題をやってないなら「佐々木隆宏の 整数問題が面白いほどとける本」が、分かりやすくいいかもしれません。
(レベル表示されているので、簡単な問題は飛ばしてよい)
2012/07/29(日) 22:54 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
「数学3cスタンダード演習」をやれば、「微積分/基礎の極意」は、やらなくてもいいのですか?
2013/03/19(火) 20:24 | URL | #-[ 編集]
Re: タイトルなし
到達点は同じ位なのでどちらか一つでいいです。
2013/03/21(木) 19:14 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/04/28(月) 22:20 | | #[ 編集]
Re: タイトルなし
御返事遅れてすみません。

よくわかる数学は、見やすく、レベルが揃っていてなかなか良いと思います。
レベルは教科書~教科書傍用問題集くらいで、センター導入まででしょう。
ただ計算過程がすごく丁寧というわけではないので、苦手な人にはこれでもきついかもしれません。

1対1につなぐのは厳しいです。
チョイスは1A、2分野はつなげます。数Bと数3はギャップがあるという感じです。
2014/05/04(日) 20:48 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/05/17(土) 21:49 | | #[ 編集]
Re: タイトルなし
数学の完全マスターは、頻出・定型問題が多く、全体的に私立向けといった感じですね(出題校も私立のが多い)。
私立だと早慶レベルじゃなければこれでほぼ行けます。
シグマトライからは十分つなげられます。
1A2B範囲は解説が詳しく、よいですね。
しかし、数3範囲は今年初めて出されたせいか、解説・補足説明が不十分な感じ。
シグマトライが終わっているのならそんなに不都合がないと思いますが。

問題数が多く、取捨選択して解く必要があります。
志望校によりますが、パターン問題中心の大学なら良い本ではないでしょうか。
2014/05/21(水) 13:05 | URL | 橘 薫 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/07/06(日) 00:09 | | #[ 編集]
Re: タイトルなし
東工大数学にはテク修得の意味も込めて、基礎の極意がよいと思います。
2014/07/06(日) 20:27 | URL | 橘 薫 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/07/07(月) 12:32 | | #[ 編集]
Re: タイトルなし
スタ演Ⅲ.Cはやらなくていいです。
新スタ演1A2Bは分野によって難易度に差があり、確率は簡単です(入試標準レベル)。
特に演習量を増やすのでなければやらなくていいでしょう。
2014/07/09(水) 06:52 | URL | 橘 薫 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://faceman29.blog62.fc2.com/tb.php/263-cbe63009
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
東京出版の増刊書籍、数学3Cスタンダード演習の紹介です。◆他の網羅的な本(東京出版の『1対1対応の演習』や旺文社の『本質の解法』など)を一通りやり、さらに演習を積みたいという人へのお薦め本。◆ぼくの推奨する使い方だと、9章・10章中心になるので、それが...
2012/05/31(木) 05:18:25 | まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。