元塾講師による本のご紹介ブログ。大学入試参考書がメインです。

2018/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/01

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
安田先生がホンネで東大数学を解説する!「東大数学で1点でも多く取る方法」の紹介。
受験生の目線に合わせて書かれていて、独学にも役立つよ。
「ぼくが受験生のころもこういう本が欲しかったよー」と思う、非常にオススメの本です。

増補版(青いのが理系、ピンクが文系)
オススメ度:★★★★★(星5つが最大)
 

いちおうこちらが旧版(グリーンのが理系、黄色のが文系)
 
※旧版と増補版との違いは過去問3年分なので、旧版を持っている人は買い換えるほどではないです。


この本の問題は基本的に東大の過去問から採られています。
旧版は'00~'09年の10年分の全ての問題、文系編40題、理系編60題。
増補版では'10~'12年が追加され、文系編は52題、理系編は78題となっている。
これら過去問が分野別に分類されています。参考問題として、もっと昔の問題や他大学の問題が少し入っている。



◆決して変なテクニック本ではないです。
中身はしごく真っ当。解説が非常に詳しい過去問集と思ってもらって結構です。
「問題文をどう読み解くか」、「問題を見た時にどう動くか」、「最低限ここを書けば0点を脱却できる!」
そういう(普通の)東大受験生が要求する情報が満載なのである。

◆この本の特色は、予備校の生徒達に問題を解かせ、どこで間違えやすいか、どこまで解けるかを分析してある点にある。平均的東大受験生はどのくらい解けて、どこで差がつくのかの一つの目安となると思う。
独学でやっている人にはありがたい情報だね。
◆それを元に、最も生徒の得点率が上がるような解答・解法を紹介している。
スバラシイが普通の受験生が(本番で)思いつきそうにない解答は控えてある。これは良心的だね。
また、文系編では、厳密さよりもわかりやすさを優先した解答となっている。(これでも本番では減点されないだろう)
◆東大数学はやっぱり時間制限がきついという面がある。それに心理的な面からも本番では難しい問題は完答しにくいわけです。
◆本のタイトルにもあるように、「部分点をいかに稼ぐか」というのがこの本の目的であり、また、それは合格するためには最良の方法だと思う

◆この本で教育的だと思うのはですね、「定石」と「覚えておくべき手法」が明記してある点。
天才型の人は「閃き」でどんどん解けるんだろうけど、
普通の人は「このタイプの問題はこの武器で立ち向かう」ということを知っておきたい。
◆もちろん(東大)数学は暗記一辺倒じゃだめで、思考力も必要だけど、
今まで解いたことのある問題・解法に帰着させるということも必要。
<知識+思考力>:このバランスが大切だと思います。



使い方の一例としては・・・

◆まず東大過去問を、駿台の「青本」または東京出版の「入試の軌跡」を使って1~2年解く。(これはできれば夏休み初めにやりたい)
必ず時間を計り、1年分(理系は6題、文系は4題)をまとめて、本番と同じ時間でやる。
●東京大学〈理科〉前期日程 2013上 
※駿台の通称「青本」。理系/文系別。上下分冊で、計10年分の過去問です。


●大学への数学増刊 入試の軌跡/東大 2012年
※東京出版からでている、数学のみの東大過去問10年分です。理系文系両方の問題が入っています
実際に受験した人の受験報告があるのが特徴。


◆次に過去問10年分ですね。年数としてはここまでが一区切りで、本番までには10年分は解いておきたいところ。
ここで紹介した「東大数学で1点でも多く取る方法」を使っていこう。
駿台の「青本」東京出版の「入試の軌跡」の解答解説と見比べるのもいい勉強になります。
◆過去問10年分は秋~冬にまたがっていい。ただ、12月くらいになるとセンターの勉強が入ってくるし、
センター後には私大の対策もしなくてはならない。
そこらあたりを考えて、センター前に最低5年分は解いておきたい。
この段階の演習では、3問75分とかで区切ってやるのもいいかな。
「東大数学で1点でも多く取る方法」は分野別になっているから、各分野からランダムに1問ずつ取ってくるのもいいだろう。
とにかくいったん1問25分で解き、部分点狙いでもいいからノートに解いた跡を残す。8月~12月の段階ではここからさらに粘って考えてもいいです。だがそれでも1問1時間を上限にするのがいいと思う。
◆理系の人は文系の問題を解くのも訓練になります。
◆赤本で25年分収録した物、聖文新社から50年分収録した物もでてるけど、まあなかなかそこまではやれません。
◆各予備校から東大模試の問題集もでているので、それを使うのもいい。
数学は駿台の「東京大学への数学」がオススメ。

これは直前期でもいいです。ただ売り切れる場合があるので早めに入手しておきたい。
◆なお、近年の入試1~2年分を解かずに残しておいて、直前期の力試しに使ってもいいです。
◆ともかく東大数学は過去問分析が重要なので、早め早めに過去問とお付き合いしていこう!
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2016/05/15(日) 09:44 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://faceman29.blog62.fc2.com/tb.php/270-126d4a66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。