元塾講師による本のご紹介ブログ。大学入試参考書がメインです。

2018/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/01

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回の記事はそろそろ入試のことが気になってきた人の物理の参考書、問題集についてです。電磁気もあるよ。
物理が苦手な(だけど入試科目にはいっている)人のことも考えて書きました。

難関大志望者は
(難関大を目指す)高2生のための化学・物理の参考書・問題集
の記事も参考にしてね。

物理の勉強は、精選された問題を、着実に理解していくことが大事だ
物理は、定理・公式は少ないけど、それをうまく使用するのが難しい。
◆ときには定義に立ち戻り、根本まで納得しながら勉強を進めるといいよ。



まず、苦手な人向きの参考書を。
物理が苦手でたまらないという人は↓をやるといいよ。
大学入試 漆原晃の物理1・2 面白いほどわかる本シリーズ

◆上は力学編。全三冊です。
初学者にもわかるよう、基礎から丁寧に、たとえや標語を利用して説明してある参考書。
これで物理が救われたという人もいます。
◆パターン解法的だから、人によっては合う合わないあるけど、苦手な人は一度読んでみるといいよ。



入試問題もそろそろやっていこうという人は下の2冊のどちらかがおすすめだ。量も少なめだぞ。
「入門問題精講」の方が易しいです。(高校の授業がだいたい理解できていれば取り組める)

物理I・II 入門問題精講

◆入試の易しいレベルを精選したもの。易しいけど、飽きずに興味を持って取り組めると思う。
良問ぞろいで、解説も適度である
物理の教科書から入試問題への橋渡しとしてちょうどいい。標準レベルへの接続もうまく考えられている。

理系標準問題集物理の【基本問題】

◆この本の【基本問題】は易しめ(入試の易~やや易レベル)だが、公式の使い方をよく学ぶことができる。
物理の標準~難問を解く上での基礎を固められる。
◆【実戦問題】は難しいので、後でやればいい。
◆難関大志望者の基礎固めとしてもおすすめの本だ。
※問題数はさほどでもないけど、一問一問きちんと理解しながらやると結構時間がかかるかもしれない。
高2のうちに最低限力学の箇所は終わらせるとして、
「力学+電磁気」もしくは「力学+波動」のように二つの範囲を終わらせるとよいだろう。




◆電磁気について。
「力学はできるけど、電磁気は無理!」という人、結構いるんじゃないかな。
電磁気は物理の入試では必ず出されるし、一度わかってしまえば得点源になるんだ。
高3になるまでに苦手意識をとりはらえるといいね。
◆電磁気に関しては下の本がおすすめだ。


大学入試 漆原晃の 物理I・II[電磁気編]が面白いほどわかる本

◆上で紹介したシリーズ。電磁気もわかりやすい。
厚いが、語り口調なのでさくさく読めると思う。
◆問題は最初は自力で解けなくてもいい。数日後に復習して、著者のやり方を真似できるように。
その後、教科書傍用問題集なんかで類題を見つけてやるのもいいね。

高橋和浩の物理 電磁気必出問題の解法

◆問題+くわしい解説という本。
問題を通して学んでいきたいという人におすすめだ。高校でいちおう習っていれば(苦手意識があっても)十分理解できるぞ。
◆例題にあたる「必出問題」は、教科書くらいのレベル。
章末問題までやれば入試標準レベルに到達する。
◆解説はとても詳しく、解法が頭に残るようによくまとまっている。電磁気専門の本としておすすめだ
↑の「面白いほどわかる本」がくどく感じる人はこちらをやるといいね。
なお、本書の最後にある「入試演習」は難しいのでやらなくてもよいと思う。

合格へ導く解法の発想とルール(力学・電磁気)

上位・難関大を目指している人はこれを。参考書+問題集的な本。
余計なテクニックは使わず、定義に立ち戻って問題を解こうね、というスタンス。
これは非常に好感を受ける。このシンプルさが強力な武器と成るのです。
◆説明部分は基礎から書かれており、教科書の代わりとして読める。
フルカラーでみやすいです。
なお、問題が全体的に難しいので、問題演習は他書を合わせて使ったほうがいいだろう。
でも最終的な到達点は非常に高いので、難関大志望者におすすめの本だ。
コメント
この記事へのコメント
来年受験の高2です。
旧帝大の工学部志望で数学を得点源にしたいと思うのですが流れとしては1対1からスタンダード演習1A2B及び3Cをやるつもりなのですがこれで良いでしょうか?

また、スタンダード演習は何時のものを買うのが良いでしょうか?4,5月まで待つべきか今年のものを購入すべきか迷っています。
2013/02/13(水) 18:14 | URL | #-[ 編集]
高2です
ルールの章末問題と名問の問題とではどちらが難しいでしょうか
ルールの章末はあまり解説が詳しくない気がするので先に名問の方をやろうと思っているのですが……
2013/02/14(木) 00:22 | URL | #KtOtvm9U[ 編集]
Re: タイトルなし
今の学習進度が不明ですが、1対1の演習題までやってからさらにスタンダード演習1A2Bというのは、
問題数が多くなりかなりきついです。(レベル的にかぶるところもあるし)
だったら、1対1の後、月間大学への数学の「日々の演習」をやったり、駿台の理系標準問題集数学をやったりした方がよいかもしれません。
スタンダード演習3Cは9章・10章中心でよいです。代わりに微積分・基礎の極意でもよいです。
スタンダード演習は既に出ているものでいいです。
2013/02/15(金) 08:42 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
難易度は、ルールの章末問題は名問と同等かそれ以上。
特に熱・波動の部分はルールが難しいです。
名問の方がやりやすいと思うので、先にそちらをやったほうがいいですね。
2013/02/15(金) 08:44 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
ありがとうございます
2013/02/23(土) 19:58 | URL | #KtOtvm9U[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015/03/22(日) 16:47 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://faceman29.blog62.fc2.com/tb.php/288-6c8af391
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。