元塾講師による本のご紹介ブログ。大学入試参考書がメインです。

2018/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/01

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
遅くなってすみませんけど、「2週間で完成! 整数問題」のレビューです。
基本的にはAmazonなどの通販で手に入るらしいが、大型書店だと店頭に置いてある場合もあります。

2週間で完成! 整数問題

「教科書編」+「実戦編」から成る。
基礎事項の説明があるけど、全体としては問題を通して整数分野を学ぶ感じだ。

<レベル>
◆「教科書編」は教科書を終えたら読めるということになっているが、
一応教科書を終えている(学校で習っている)くらいではなく、
「教科書の内容を他人に説明できるくらい理解しており、章末問題までがしっかり解ける」レベルが要求されるだろう。
◆教科書編からして、入試標準以上の問題が含まれる。
自力で解ければそれでいいが、解けずともめげずに、解答を理解&再現できるようにしよう。
(整数問題は他分野と異なる、特有の考え方が必要な問題も多いんだ。初見で解けなくても別に良い)
◆本書の最初に書いてあるが、東大・京大の難問は入っていない。「手数が多く計算が長いため」だからと言う。
しかし、本書の手法が身についていれば、難関大でもまずまず戦えるだろう

<おすすめ度>(最大で★5つ)
★★★★☆

<こういう人にオススメ>
整数問題を短期で攻略したい、中堅以上の大学を目指す受験生。

<コメント>
126ページとコンパクトな中で、整数問題の重要な問題、そして必須手法をうまくカバーしてある。
「マスターオブ整数」は(難関大志望者にとっても)やっぱり重いからね・・・
こういう本が出たことはじつに喜ぶべきことです。
◆解説は割と簡潔です。もうちょっと補足説明が必要な人もいるかもしれないね
問題の背景にある事柄(背景知識)の説明は詳しいです。
実際の利用者は、数学が得意な人ということになるかな。

「Action」という、考え方・解法のポイントが時折差し込まれるが、これは非常に重要
「少なくとも1つ」ときたら証明問題なら背理法 など)
これらは頭にたたき込み、他の本で演習する際にも積極的に活用したい。

◆なお、「2週間で完成」と書いてあるが、実際には1ヶ月以上かかるかと。(受験生は整数ばかりやるわけにもいかないしね)
整数分野はなじみが薄い人が多いだろう。3回繰り返そう。

◆特に教科書編で雑談というか、脱線というか、小話が入ることがある。
特に著者の少年時代の分身である「安田少年」が出てくるのだが、このあたりに抵抗を感じる人(=雑談を寒いと感じる人)もいるかもしれない。
まあそのあたりは「安田節」ということで流しましょう(笑

※僕は安田先生は好きです。結構。



なお、基礎の基礎から整数問題をやりたい~~という人は、
佐々木隆宏の 整数問題が面白いほどとける本

が良いのでは。
小学校レベルから書いてあります。
410ページと分量が多いので、ダレずに復習する必要があるけどね。
普通の受験生は第3章までをやればいいです。


それから、教科書的な説明を、踏み込んだレベルまで書いてある本としては、
総合的研究数学

が良いです。(整数にかぎらず他の分野も良い)
気軽に読めるわけではないけど、日々着実に取り組み、数学の本質を理解したいという人にはおすすめだ。
コメント
この記事へのコメント
パラグラフリーディングのストラテジーという参考書をやってみたいのですが、3つの種類がありました。
どれが一番出来が良いかわかりますか?
2013/11/23(土) 12:33 | URL | 英語 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
シリーズものなので、やるのなら第1巻ではないでしょうか。
2013/11/24(日) 17:51 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
お返事ありがとうございました。
2013/11/24(日) 23:13 | URL | 英語 #-[ 編集]
このブログで解法の探求微積分を勧めてあるのをみて、原則編が終わったところです。東工大で5問中確実に3完以上しようと思うならば実戦編もするべきでしょうか?ハイレベル理系数学の極限・微積だけをやるのとどちらをしようか迷っています。微積分基礎の極意、15カ年はやってしまいました。ちなみに1浪で理科はある程度とれるので、数学は1日4、5時間ほど確保できます。アドバイスお願いします。
2013/11/25(月) 18:10 | URL | 東工大志望 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
実戦編は、古くさく感じる部分があるのが難点ですね。東工大の傾向ともずれている気が・・
同書でさらにやるのなら近年の入試を集めた「仕上げのための良問集」を。

「ハイレベル理系数学」を既に持っているのならそれの方がよいでしょう。

それから、問題数が多めになりますが、旺文社の「ハイレベル精選問題演習3C」も
東工大対策に向くので、本屋で見て検討してみてください。
2013/11/27(水) 08:35 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
返事ありがとうございます。
ハイレベル精選問題演習3Cがよさそうだったのでこれをすることに決めました。
1A2Bのほうは全部する時間はないと思うので、よろしければ東工大志望がやっておくべき問題を教えてください。
2013/12/07(土) 20:13 | URL | 東工大志望 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
> 返事ありがとうございます。
> ハイレベル精選問題演習3Cがよさそうだったのでこれをすることに決めました。
> 1A2Bのほうは全部する時間はないと思うので、よろしければ東工大志望がやっておくべき問題を教えてください。
過去問もやっているわけですし、1A2Bは今までやったものの復習中心で良いのではないでしょうか。
ぜひ鍛えたい分野だけ新しいものをやればよいと思います。
2013/12/07(土) 20:47 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
こんにちは。再受験を考えている者です。2015年度入試を受験しようと思うのですが、新課程になるようなので、数学について相談したいです。
私の時の過程では複素数平面や整数がなかったので、基礎的なことからそれらを勉強できるような参考書はご存じないでしょうか?他の科目については旧課程とたいしてかわらないようなので自力でできそうなのですが、数学、特に複素数平面についてピンとこないので困っています。
志望大学は、東京大学か東京工業大学です。よろしくお願いします。
2013/12/15(日) 00:11 | URL | 再受験 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
そういうことならば旺文社の「総合的研究数学」が良いですね。
教科書的説明が丁寧に書いてあり、問題演習も基礎から入試やや難まで段階を追って進めることができます。
2013/12/15(日) 14:26 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
お返事ありがとうございます。
「総合的研究数学」は私も考えていたのですが、新課程の数3がまだ出版されていないのです。複素数平面は数3なので、志望校を考えると発売を待つ余裕がないだろうと思っています。
もし他に良さそうな参考書があったら、教えていただきたいです。よろしくお願いします。
2013/12/15(日) 15:55 | URL | 再受験 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
そうでした、複素数平面は数3だったのでしたね。
新課程の数3となると、発行されている書籍が限られるので、
旧旧課程の本を古書で買うことも検討すべきかもしれません。
一応、AmazonでSEG出版の「複素数 (数学受験教科書6)」が買えます。(ページ数の割りに高いですが)

明日本屋に行きますので、しばらく考えさせてください。
2013/12/15(日) 16:12 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
お返事ありがとうございます。お手数かけるようで申し訳ないです。

旧旧課程という手がありましたか。ネットでさがしてみようと思います。
2013/12/15(日) 18:34 | URL | 再受験 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
> お返事ありがとうございます。お手数かけるようで申し訳ないです。
>
> 旧旧課程という手がありましたか。ネットでさがしてみようと思います。

書店で見たのですが、教科書の代わりとなるようなものはなかなかないですね。
「理解しやすい数学」が何とか・・・というくらいですか。(問題演習中心ですが)
これができれば1対1対応の演習につなげられるでしょう。

数研出版の「中高一貫教育をサポートする体系数学」はもろに教科書ですが、
問題・内容ともに手薄かな、と。

科学新興新社の「モノグラフ 複素数」も解説+問題型ですが、古く、なかなか取り組みにくい。

古書も視野にいれるのであれば、
新課程の「総合的研究」に当たるのは、旧旧課程では「本質がつかめる数学」だと思います。
これならAmazonだとかなり安いです。一応出版年など確認してください。
2013/12/16(月) 20:51 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
やはり教科書がわりのものはまだないのですね。
まだ発売はしていないのですが、1月に「これでわかる数学」の数3が出るようなのでこれも視野にいれつつ、今はとりあえず数学1a2bを固めようと思います。
このたびは大変参考になりました。わざわざありがとうございました。
2013/12/17(火) 05:27 | URL | 再受験 #-[ 編集]
アドバイスお願いします
名古屋市立大学医学部志望の浪人生です。
河合塾の第2回、第3回の全統記述模試では英・数・物・化ともに偏差値70を超えるのですが、
医進模試や広島・神戸オープンでは多少のバラツキはあるものの偏差値50~60程度で不安を覚えています。
これまでに、
英語はやっておきたい500、アドバンテージ、毎年出る英作文まで、
数学はチョイス、入試の核心(標準)、入試攻略問題集(河合出版)まで、
物理は名門の森、解法のルール(入試問題に挑戦まで)まで、
化学は重要問題集まで、
進めてきました。
センターは、最新の河合プレが93%、駿台プレが87%の結果でした。
センターまでの学習の進め方として、センター対策:2次対策を3:1程度の時間配分を考えています。
2次対策として、記述模試以上のレベルへの対応として、過去問対策の他に各教科やや難程度の演習等に取り組みたいと考えています。
今後どのような対策をすべきかアドバイスをよろしくお願いします。

2013/12/19(木) 19:10 | URL | ター #-[ 編集]
Re: アドバイスお願いします
これまでの学習法と、センターまでの時間配分はよいと思います。

英語長文は、教学社の「[国公立大]医学部の英語」がおすすめです。
作文は確か二次に自由英作文が出るので、対策をした方がいいでしょう。(このブログに自由英作の記事がありますのでご参照ください)
数学はこれまでの復習で良いと思いますが、東京出版の「合否を分けたこの1題」で鍛えるのもいい。
物理はとりあえず名問の森、それからこれまでの模試の復習、志望校の過去問でいいでしょう。
化学も重要問題集の復習でいいですが、問題演習がさらに必要なら、
鍛えたい分野にしぼって、駿台の「理系標準問題集」をやるのもいいかもしれません。
2013/12/20(金) 19:05 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
アドバイスありがとうございました
早速の的確なアドバイスありがとうございました。
自由英作文は、まよわず書ける自由英作文を現在取り組んでいます。
合否をわけたは最新のものを持っていますので、今日、医学部の英語と理系標準問題集を書店で見てきます。
今後ともアドバイスよろしくお願いします。

2013/12/21(土) 07:49 | URL | ター #-[ 編集]
Z会から今年、合格へ導く 英語長文Rise 構文解釈というのが2冊出たみたいなんですが、英文解釈のトレーニングとどちらが良いのでしょうか?
2013/12/24(火) 10:17 | URL | #-[ 編集]
Re: タイトルなし
> Z会から今年、合格へ導く 英語長文Rise 構文解釈というのが2冊出たみたいなんですが、英文解釈のトレーニングとどちらが良いのでしょうか?

Rise 構文解釈はQ&A形式の構成なのですが、このせいで使いづらくなっている感じがします。
英文解釈のトレーニングが手に入るならこちらの方がよいですね。
2013/12/25(水) 15:30 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
返信ありがとうございました
2013/12/27(金) 23:38 | URL | #-[ 編集]
一浪の京大志望です。
2週間で完成! 整数問題を使って整数問題が6問の中で相対的に簡単な時に解けるレベルには到達できるでしょうか?
マスターオブ整数は重すぎてなかなか手が出ず、
かと言って整数問題が出たら無条件に白紙確定というのは危険ですし、何かしらやっておきたいという思いがあります。
難しい質問ごめんなさい。

2015/08/23(日) 16:34 | URL | 市電 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
「2週間で完成! 整数問題」は、整数問題特有の考え方はおさえてあるし、
京大志望でも整数が足を引っ張らないくらいにはなりますよ。
あなたの目的ならこの本でよいと思います。
2015/08/24(月) 20:15 | URL | 橘 薫 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://faceman29.blog62.fc2.com/tb.php/306-5a5b9c1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。