元塾講師による本のご紹介ブログ。大学入試参考書がメインです。

2019/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/09

難関大用の物理参考書です。
基礎~標準は、
おすすめ物理参考書・問題集(基礎~標準)の記事を見て下さい。

★が多いほどおすすめ(最大5つ)。大体下に行くほどレベル(到達点)が高いです。


名問の森物理
★★★★☆(電磁気分野は★★★☆☆)

◆入試やや難(難問含む)レベルを集める。二分冊。
上位校受験者(私大・国立とも)はこれを軸として使用可能。
入試問題そのままではなく、改作が多いのは一長一短か。枝葉末節が削がれていて学習しやすいが、反面、問題文の読み取りが容易になりすぎるという欠点もある。
京大など誘導式の問題を出すところや、東工大のように問題文が長くて読解力が必要とされるところは、過去問演習で補って下さい。
◆解説はおおむね丁寧で、しかも頭に残りやすいようにレイアウトも工夫されている。
ただ、電磁気のところ(コンデンサー)などは、説明に混乱する人もいるかもしれない
電磁気は、代ゼミの為近先生の「解法の発想とルール」で解法を身につけてからにしたほうがよいと思います。


実戦 物理1・2重要問題集(数研出版)
★★★☆☆(質問できる人がいれば★★★★☆)

◆A問題・B問題に別れていて、A(130問くらい)は入試の標準~やや難レベル(全体的にやや難寄り)。B(15問くらい)はやや難~難。
標準以上の実際の入試問題なので、A問題でもすんなりとは解けないかもしれない。
もう少し簡単で手軽に取り組める典型問題を入れてほしいところだが…
◆毎年改訂されている。解説は以前よりは遥かに増したが、レイアウト的にごちゃごちゃしていて、重要なところと瑣末なところの区別がつきにくい。また、説明が教科書的であり、ある程度物理のことを分かっている人のためのものと感じてしまう。
ただ、このレベルができれば、ほとんどの大学では合格点をとれるだろう。
◆量も多めで、何週かする必要があるため、夏くらいから計画的に取り組みたい。
◆余分なものはなく、いかにも「問題集」という感じ。
淡々としていて、問題も難しめなので、下手すると途中で嫌になるかもしれない。
◆誰かに質問できる環境があると良いだろう。進学校では、学校採用のところも多いと思う。その場合には先生に質問しまくろう!


為近の物理1・2 合格へ導く解法の発想とルール―力学・電磁気(学習研究社)
★★★☆☆~★★★★★(目標レベルや使い方による)

◆この本は、教科書レベル~入試難問レベルと、幅広い問題を扱っています。詳しくは後述。

◆力学・電磁気のみだが、この2つは絶対入試に出る分野で重要。
◆「テーマ解説」は、公式のまとめやその使い方を書いてある。
初心者がつまづきやすいところをカバーしてあり、非常に説明が丁寧。カラフルで見やすく、編集にも力の入った本だ。
特に電磁気分野はとてもわかりやすいと評判。
他の本で分からなかった人はこの本を試してみる価値があるぞ!

◆「基礎例題」は教科書レベルなので、自力で解こう。
◆その後に「入試問題に挑戦」「入試問題演習」が続くが、これが難しい。一気にレベルが上がりすぎなのである。
実際の入試問題で、「入試問題に挑戦」は国立大の標準~やや難レベル、「入試問題演習」は旧帝大レベル(いわゆる難問中心)
初学者は、「基礎例題」から「入試問題に挑戦」へつなぐための問題集が絶対に必要
「入試問題に挑戦」は、解説が丁寧だから、これを買った以上はやったほうがいいんだけどね。ちなみに、「入試問題に挑戦」の問題部分だけコピーすると、解説と照らして使いやすいです。
「入試問題演習」は得意な人がやればいいと思うよ。
国立上位狙いの人が、基礎から積み上げるにはよい(2年のうちに買っておいて、「基礎例題」だけでもやるとよい)。全部やれば、最終的には難関大突破できるレベルに達します。


物理I・II標準問題精講(旺文社)
★★☆☆☆

難しい。決して「標準問題」ではありません(このシリーズ全般に言えるが)。
強いて使うのなら、東大・京大・東工大などの難関大受験で、それも物理で差をつけたい人か。
◆例題的な「標問」は53題。これに演習問題が加わる。
解法はテクニック重視ではなく、スタンダードで癖がない。そこはありがたいんだけど、解説はちょっと素っ気なく感じるかな(特に「名問の森」あたりと比べると)。もう少し補足説明が欲しいところだ。
この本をやるとしても、重要問題集か名問の森をマスターしてからにしたい。
難問をいたずらに解いても消化不良になるだけで、思ったより学習効果が得られない、ということになりかねないので注意。
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/04/06(水) 17:41 | | #[ 編集]
Re: タイトルなし
やっぱりエッセンスの電磁気は合わない人いますよね…
名問の森はエッセンスやっていること前提の解法も見られます。
しかし、「解法の発想とルール」が理解できていれば、「ルール」のやり方で解けるはずです。名問の解説は気にせず、「ルール」の解法で解いていきましょう。
というか、名問以外の問題集も、電磁気は「ルール」のやり方で統一するのがいいと思います。
また分からないことがあったら何でも聞いてくださいね。
2011/04/08(金) 09:40 | URL | みかん #-[ 編集]
返答ありがとうございます!

そうですね、エッセンスは導出が省かれすぎていたなって、ルールを読み終えてそう思います。独学の場合はまず混乱してしまうと思われます。

名問の森に関しては赤問題を何問か解いてみたのですが、結構行けそうです。
分からないところも名森の解説で今のところ大丈夫ですし。頑張って共に物にしたいと思います。


ありがとうございます。あの勉強法とかに限らず問題に関する質問はしても大丈夫でしょうか?
2011/04/08(金) 22:51 | URL | 浪忍者 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
> ありがとうございます。あの勉強法とかに限らず問題に関する質問はしても大丈夫でしょうか?
よいですよ。
レビューしてあるものでも、捨てたり実家に送ったりして、一部無理なものがありますが…
もし長くなりそうなら、メールを使うと便利かと思います。
2011/04/10(日) 20:50 | URL | みかん #-[ 編集]
今、漆原面白いほどで勉強していますが、
この後にエッセンスか為近の基礎物理(ルールではない)をしたあとに過去問しようと思っています。
志望校は電気通信大学で、物理はそこまで難しくないそうです。 来年受験の高2です。何をすればいいでしょうか?
2012/02/01(水) 14:02 | URL | #-[ 編集]
Re: タイトルなし
> 今、漆原面白いほどで勉強していますが、
> この後にエッセンスか為近の基礎物理(ルールではない)をしたあとに過去問しようと思っています。
> 志望校は電気通信大学で、物理はそこまで難しくないそうです。 来年受験の高2です。何をすればいいでしょうか?
漆原面白いほどをやったのなら、
「漆原晃の物理 明快解法講座」に進むのが良いと思います。
これを繰り返しやり、「為近の基礎物理」をやれば標準レベルは大丈夫でしょう。
2012/02/01(水) 17:33 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/12/24(月) 18:50 | | #[ 編集]
Re: タイトルなし
受験の効率という点からいえば、エッセンス→名門の方がよいでしょう。
2012/12/25(火) 11:43 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
代ゼミTVネットの為近の基礎からの物理1、2をうけてからいきなり名門でも大丈夫ですか?
2012/12/28(金) 03:07 | URL | #-[ 編集]
Re: タイトルなし
> 代ゼミTVネットの為近の基礎からの物理1、2をうけてからいきなり名門でも大丈夫ですか?
頭の良い人なら可能ですが、「為近の物理講義ノート」などを挟んだ方が無難でしょう。
2012/12/29(土) 01:55 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
名門も森はいつからはじめていつまでに終わるくらいがいいのでしょうか?
2013/01/02(水) 10:03 | URL | #-[ 編集]
Re: タイトルなし
> 名門も森はいつからはじめていつまでに終わるくらいがいいのでしょうか?
現在の学習状況、志望校、目的などありますので、何とも言えません。
ただ、入試の標準レベルのものが解けるようになったらやるとよいでしょう。
2013/01/02(水) 18:23 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
志望校は旧帝大以上
物理はほぼ勉強してません。
今から教科書レベルからやります。
2013/01/02(水) 22:06 | URL | #-[ 編集]
Re: タイトルなし
まずは面白いほどわかる本などで基礎を勉強しましょう。
2013/01/02(水) 22:21 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
為近ルールについて質問です
「基礎例題」から「入試問題に挑戦」へつなぐための問題集は、
どのような問題集がお勧めですか?
2013/08/24(土) 13:07 | URL | #-[ 編集]
Re: タイトルなし
> 為近ルールについて質問です
> 「基礎例題」から「入試問題に挑戦」へつなぐための問題集は、
> どのような問題集がお勧めですか?
駿台の「理系標準問題集」。
ルールと同著者の「為近の物理講義ノート」を使うのも効果的だと思います。
2013/08/25(日) 21:23 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
回答ありがとうございます!
2013/08/25(日) 23:00 | URL | #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/09/07(土) 23:51 | | #[ 編集]
Re: タイトルなし
為近ルールからつなげるなら、為近の「物理演習」がおすすめですね。
難易度は十分旧帝大レベルだし、分量も適度です。これができれば後は過去問研究で構いません。
一問一問大事にし、自分がなぜ解けなかったかを解明しながら(そして「ルール」を復習しつつ)取り組みましょう。

※「新物理入門演習(駿台)」は内容は良いが、焦っている時にやってもあまり身につかない気がします。
2013/09/08(日) 05:46 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/09/08(日) 21:47 | | #[ 編集]
Re: タイトルなし
為近コースは、無駄がなく、入試に必要なことのみをおさえているので、
ハイレベルを目指す人にとって一つの最短コースでしょう。(ルールだけでも相当のレベルに達する)
物理は一度理解してしまえば伸びるのが早いですからね。
どう式を運用するかということと、現象の理解とに重点を置いてやっていってください。
2013/09/08(日) 23:20 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/09/09(月) 21:00 | | #[ 編集]
Re: タイトルなし
色々手を出すと、解法で混乱するので、
「為近ルール→為近演習→過去問」に決めた方がいいですね。11月に過去問に着手できればいけます。
他の本や過去問をやるときにも、為近さんの解法で統一してしまったほうがいいです。
河合の物理教室は、一応
http://faceman29.blog62.fc2.com/blog-entry-63.html
で紹介しています。
自分が明らかに弱いというところがあったら、この例題で補足してもよいかもしれません。でも欲張らず。
(今後物理教室の例題をやるときにも為近さんの解法でやった方が混乱が少ないです)
2013/09/09(月) 23:03 | URL | 藤裏 薫 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/09/10(火) 23:13 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://faceman29.blog62.fc2.com/tb.php/67-ed137aec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック