元塾講師による本のご紹介ブログ。大学入試参考書がメインです。

2018/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/01

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『フォレスト総合英語』以外の英文法書をば。
別に僕は『フォレスト』をひいきしているわけではなく、高校採択率が高いので特に取り上げていたのです。
基本的には、自分の高校で紹介された本を使えばよいでしょう。(不安な人はコメントなどで聞いてください)
高校で何も紹介されなかったという人は、以下も参考にしてみてくださいね。
おおむね、下に行くほど難しくなってます。



英文法・語法のトレーニング 基礎講義編(Z会出版)
英文法
網羅的な本ではないが、文法の大枠を知るには良いでしょう。
中3卒業レベルで十分とりかかることができる。これが理解できなかったら、中学レベルに戻るのが早道でしょう。
噛み砕いて説明してあり、会話体で読みやすい。
逆に、会話体であることで、復習がしづらいかもしれない。この本の後に文法の教科書でおさらいすると、なお効果的である。
この本をメインにするというよりも、文法の輪郭をつかむための補助として使用したほうがよいと思う。
Exerciseはセンターの問題が入っていて、やや難しい(特にこの本を読むレベルの人にとっては)。実力がついてからチャレンジするか、いっそのこと他の本で演習してもOKだ。
※Z会の本は、Z会の通販や提携書店で購入できます。

高校総合英語Harvest(ハーベスト)(桐原書店)

『フォレスト』と同じ、桐原書店から出ている。知名度も高い。
紙面構成はこっちの方が見やすく仕上がっていると思う。
網羅性は、フォレストよりは低いだろう。だが、細かいところは文法問題集で補っていけばいいとも言える。
ページ下に、チェック問題がたくさん載っている。どれも簡単なので、不得意な人の確認に適している。
(これに苦戦するなら中学校の英文法を復習しよう。)
ページ数は多いが、例文の占める割合も多い。思ったよりサクサク進むはずだぞ。
『フォレスト』よりも要点が絞ってあるので、より通読に向いている本だと思う。

英文法のナビゲーター(研究社)

故・伊藤和夫氏が残した本。伊藤節が冴える。
最初に問題が十数問あり、それの解説を通して英文法の本質にせまろうとする。
解説が非常に詳しい問題集、と思っていただければいいだろう。
特筆すべきは、伊藤氏が最も重視した体系的な説明である。
重要なところは重要だと強調してあるので、頭に残る。
しかも、例外を明記することで網羅性も高くなっている。
完成度が非常に高い英文法の本だ。
実は、文法問題にとどまらず、読解にも役立つように工夫されているぞ。
だが、基本的には「問題→解説」というスタイルなので、ある程度文法がわかってないと取り組めない。
受験生中上級レベル(高2でも得意な人なら取り組める)。
他の本や高校で学習した後にこの本を読むと、色々発見があるはずだ。個人的にイチオシです。
なお、語法や熟語は扱っていない。これらは『アップグレード』などで補おう。

英文法解説(金子書房)

高校・大学教師はみんな知ってる有名な本。
説明に手抜きがない。ごまかしがなく、かつわかりやすいという稀有な本である。
昔はこれを読んで英語学を志した高校生が多かったらしい。
英語を本格的にやろうとする人には、ぜひぜひ読んで欲しい(大学に入ってからでもいいから)。僕のお願いであるw
例文がやや難しい(その分、読めば力がつくが)ので、不得意な人は避けましょう。

ロイヤル英文法(旺文社)

ガチガチの英文法書。この分厚さ・内容でこの値段は安い!
これに載っていないことはほとんど無いと言える。
中学・高校の教師をやる方には是非持っておいてもらいたい本です。
通読には不向き。(説明が淡々としていて、だれる。分厚い。)
わからないことを辞書的に調べるのがよいでしょう。
調べ用の最終兵器です
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://faceman29.blog62.fc2.com/tb.php/75-132f3e92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
???Υ????å?å
2010/05/30(日) 11:41:07 | ?άθ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。